<(_ _)>

  • 弁護士ドットコム|無料法律相談・弁護士/法律事務所検索ポータル

書籍紹介(交通事故)

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

【自研センター】

2017年7月26日 (水)

自研センター】  自研センター弁護士コース受講日記 第2日目

 第2日目も、午前9時から開始でした。

  Kimg7715

 第4のテーマは、「事故車の復元修理技法」です。これは、前日バリヤ衝突実験を行った車両を使って、ボデー修理と補修塗装を観測するというとても贅沢な学習です。ボデー修理では、ボデー骨格部を損傷前の位置寸法に正確に戻すための基本修正作業を観測することができました。失礼ながら、意外と職人芸というか、手作業なんだなという印象を受けました。自動車舗装塗装については、下処理、下塗り、上塗り、仕上げという工程の大部分を観測させていただくことができました。

 Kimg7743

 Kimg7754

 第5のテーマは、「保険金不正請求疑義事案の調査活動」です。ここでは保険金不正請求疑義事案対応の基本を学びますが、その前にいたずら体験実習として、車両にわざを傷をつけるという実習に参加しました。ニコニコマークは私がつけた傷です。

 また、飛び石についての解説も興味深くうかがうことができました。できればお話の内容を資料化していただけると事件を受けた際に利用できるのになあと思いました。

Kimg7758

 第6のテーマは、「自動車盗難事故の現状」です。ここではイモビライザシステムがある車両でもなぜ盗難にあうのかその仕組みを学習しました。

 それと実務的だったのは、修理工場が作成する修理の見積書の作成の仕方、見方です。これは普段よく扱う重要な資料の1つなので助かりました。

Kimg7775

 自研センターで作成していただいた「2017年受講ノート」はどれも実務的で参考になる情報が満載でした。

 Kimg7677

 久しぶりの自研センターでの研修ですが、とても勉強になりました。また、母校の同級生の弁護士にも久しぶりに会い、食事もさせていただきました。

 

 Kimg7730

2017年7月25日 (火)

【自研センター】  自研センター弁護士コース受講日記 第1日目

 Kimg7674
 平成29年7月20日~21日、千葉県市川市にある株式会社自研センターの弁護士向けの研修に参加しました。

 弁護士コースは、車両損害事案にかかわる弁護士向けの、自動車の構造、修理技法、損害車両見積方法などの基礎と実務に対応する知識の学習と、自動車のカットモデルや実車両を使用しての構造の確認や復元修理作業観測、そして、バリア衝突実験観測を体験することができます。

従来は、いつもお世話になっている損害保険会社を通じての申し込みでしたが、今回は、日本弁護士連合会の推薦で参加させていただきました。私自身がおそらく自研センターを訪問したのは、8、9回にはなると思いますが(モラル事案で2回程バリア衝突実験をしたことがあります。)、最近では、当事務所の負担で勤務弁護士を2名受講してもらったことがありますが、私自身の参加は、5,6年ぶりじゃないかなと思います。なお、自研センターからは、当事務所の弁護士が定期的に研修会に参加していることについて謝辞をいただきました。

Kimg7677

 さて、第1日目です。20日午前9時から始まりました。

 まず、第1のテーマは、「自動車保険の損調活動」でした。損害額有無責の決定や自動車事故の発生要因を学びますが、ここでは、自動車が安全に走行するためには、人・車・環境の3要素が整っていることが必要であることを学びます。ずいぶん前に受講した際に名物講師であった吉川泰輔先生が繰り返し強調されていたことを思い出しました。

 第2のテーマは、「自動車の概要」です。自動車の基本構造や各部品の名称と機能について学習します。各部品の名称なんて星の数程ありそうでなかなか覚えられるものではありません。ここでは、走る・曲がる・止まるという視点で、自動車の各装置を見ていきました。

 第3のテーマは、「事故態様の整合性」です。ここでは整合調査、調査に必要な資料、事故による損傷状況の判断、外見的観察、そして、バリヤ衝突実験を学習或いは経験させていただきました。衝突相手物の推定についてのお話は、実務上参考になるお話しばかりでした。コンクリート柱に衝突、ポールに衝突、乗用車に衝突等で接触面がどのように異なるかとても興味深くお話をうかがうことができました。

 Kimg7702

 午後6時過ぎで、1日目は終了しました。

 Kimg7703