<(_ _)>

  • 弁護士ドットコム|無料法律相談・弁護士/法律事務所検索ポータル

書籍紹介(交通事故)

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

【解決実績】

2017年12月12日 (火)

【解決実績】 むち打ち症例事案で、当初提案額約45万円を、約90万円で解決しました

 むち打ち症例事案で、当初提案金額約45万円を、2倍の約90万円でスピード示談解決しました!

 Kimg7712

 慰謝料をいわゆる赤い本基準(裁判所基準)を採用して、スピード解決に至っております。
 

 休業損害がない事案で、弁護士費用特約がなければ、費用倒れになるかもしれない事案でした。また、弁護士費用特約があることから、比較的軽微な事故でも、堂々と赤い本基準を主張することが可能となっております。

 弁護士費用特約をつけられている方で、交通事故の被害にあってしまった方は、どんな小さな事故でも、遠慮なく、弁護士にご相談下さい。

2017年11月30日 (木)

【解決実績】 駐車場内物損事故で、相手方過失50%主張を交渉により相手方過失100%で示談を成立させました。

 最近、駐車場での交通事故が増えております。

 その性質上、怪我自体は大きなものにはなりにくいのですが、車の損傷については、過失割合等を巡って、当事者間で対立し、裁判にまで発展することは、最近では珍しくなくなりました。

 019
 損保代理店のご紹介で依頼された事案でしたが、当初、当方依頼人50%過失主張を、交渉により相手方過失100%にて、示談を成立させました。

2017年11月 7日 (火)

【解決実績】 30歳台男性、むち打ち症例 当初提案金額約13万円を、紛セン・示談利用で、18万円で和解

 30歳台男性、むち打ち症例事案です。

 当初提案金額は、約13万円でしたが、紛セン・示談利用で、18万円で解決しました。

 Kimg9647
 後遺障害非該当事案で、当事務所による被害者請求手続により、約70万円の支払いを受け、その後に、紛セン・示談利用により、18万円の追加支払いをうけられました。

2017年11月 1日 (水)

【解決実績】 むち打ち損傷の夫婦(30歳台)の提示金額(夫約28万円、妻62万円)を、示談・紛セン利用により、夫約42万円、妻約88万円で解決した事例

 むち打ち症例の30歳台夫婦の事案で、

 夫約28万円の提案が、約42万円

 妻約62万円の提案が、約88万円

 で、示談・紛セン利用により、スピード解決しました。

 通院回数は多くはありませんでしたが、妻の主婦休業損害については、丁寧に主張立証したことが、大幅UPにつながりました。

2017年10月31日 (火)

【解決実績】 男子30歳台醜状痕9級事案で、約40万円提示金額を、示談・紛セン利用により、160万円で解決

 男子30歳台醜状痕事案で、約40万円提示金額を、示談・紛セン利用により、160万円で解決しました。

 醜状痕は、一般的に後遺障害逸失利益の認定が消極的ですが、本件事案では、神経症状が残存していたことから、主張立証を重ねたところ、後遺障害等級第12級13号基準の労働能力喪失率14%にての解決を図ることができました。

2017年10月15日 (日)

【解決実績】 不幸にも、交通事故の被害にあってしまった方は、遠慮なく、ご相談ください!

 交通事故弁護士の事務所では、交通事故の民事賠償事案につきましては、不幸にも、交通事故の被害にあってしまった方からのご相談を、積極的に対応させていただいております。

 Kimg9640
 不幸にも近親者を交通事故により亡くされてしまった方、高次脳機能障害や遷延性意識障害等の重度の後遺障害を残してしまった方、関節の機能障害や醜痕、或いは、むち打ち等のために毎日辛い思いをされている方、どうぞ、遠慮なく、ご相談ください。

 なお、どのような損害保険会社が相手としても、加害者が国選事件等で利益相反が発生しない限り、ご相談は可能です。

 交通事故弁護士は、交通事故の被害にあってしまった方のために、誠心誠意対応させていただきます。

Kimg9650

2017年8月31日 (木)

【解決実績】 40歳代男性、後遺障害等級14級9号事案で、約210万円で示談で解決しました(既払い金や自賠責保険金含まず)

 40歳代の男性から、交通事故被害者事案を受任いたしました。

 ①事前認定にて被害者請求手続を利用して、後遺障害等級14級9号を獲得し、②その後、示談交渉により、ほぼいわゆる赤い本基準にての示談にて解決終了にいたしました。

 むち打ち症例事案でしたが、お客様の満足をいただける内容の示談により解決しております。

 Kimg8362

 

 

 

2017年7月31日 (月)

【解決実績】 60歳代男性無職、骨折で入院した事案 当初提案金額約50万円から約40万円UPの90万円で和解

 60歳台の無職の男性で、骨折で約2ヶ月程入院したという事案でした。

 当初提案は約50万円でしたが、傷病の内容、程度の主張立証に努めたところ、約40万円UPの90万円で解決しました。

2017年6月23日 (金)

【解決実績】 当初提案約540万円を、1020万円で解決

 60歳の会社員の男性で、後遺障害等級は第12級7号「1下肢の三大関節中の1関節の機能に傷害を残すもの」が認定されていました。 加害者側の提案は、約540万円での提案でした。
大きな争点は、休業損害と逸失利益でした。特に年齢からして再雇用になれば給料が大幅に減額されることが予想されること、また、定年を考えると労働能力喪失期間はせいぜい定年までではないかというが争点になっていました。

 Kimg7023

 ご相談者様は、できるだけ早期に解決してもらいたいこと、訴訟までは望んでいないこと、金額については基本的には弁護士に一任するということでした。そのために、訴訟ではなく、紛争処理センターでの斡旋を利用することにしました。

 同センターでの審理においては、将来も相応の給料が得られることについての主張と立証に務めました。

 その結果、概ね想定どおりの金額にての解決を図ることができました。

  Kimg7025_2

2017年4月 7日 (金)

【解決実績】 当初提案約95万円から、約230万円で解決!

 被害者は50歳代の兼業主婦の方で、傷病名は頚椎捻挫で、後遺障害は、非該当でした。coldsweats02

 当初提案金額約95万円を、交渉・紛センの利用により、約230万円で解決しました(約135万円のUP)。happy01

 今治、松山、西条の交通事故被害者事案は、弁護士法人しまなみ法律事務所にご相談下さい。pencil

 Kimg5404