<(_ _)>

  • 弁護士ドットコム|無料法律相談・弁護士/法律事務所検索ポータル

書籍紹介(交通事故)

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

【自賠責等級より下がった裁判例】

2017年11月25日 (土)

【自賠責等級よりも下がった裁判例】  自賠責7級(併合6級) → 自賠責14級(併合12級) 

 自保ジャーナルNo2002で紹介された名古屋地裁平成29年9月19日付判決です。

 Kimg0112
 裁判した結果、トホホの結果になってしまったという事案です。保険会社側には、交通事故事案の第一人者である古笛恵子先生が代理人につかれておられます。

 簡単にいうならば、高次脳機能障害は、画像所見及び意識障害は認められず、また、事故後の症状経過も不自然として、発症が否認されております。

 被害者の方ですが、ブログをしており、退院直後から、外出、カラオケ、ビリヤード、温泉旅行、ダイビング等をしていることを、綴っていたようで、これが証拠として、加害者側から提出されています。

 最近、SNSで、しかも、なぜか、公開されているものが多く、田舎弁護士の事務所の相談でも、相談中はシンドそうな表情をされていますが、SNSをみると元気な姿が公開されている等されており、ギャップにとまどうこともあります。

 それはさておき、この事案は、頭部外傷にかかる画像所見としては、MRI検査で嗅覚障害の原因となる左嗅球付近の出血痕以外には異常所見がなく、経時的なMRIの比較でも、脳の萎縮といった、びまん性脳損傷の所見も認められていないという事案だったようです。

 自賠責保険の事前認定では、それでもかかわらず、初診時に意識障害があったこと、受傷当初、入院後数日は不穏状態が続いた、物忘れが激しいといった症状経過を考慮して、認定されたようです。

 しかしながら、基準によれば、当初の意識障害(JCSⅢ~ⅡGCS12点以下)が少なくとも6時間以上、または、健忘あるいは軽症意識障害が1週間以上続いている症例があげられているところ、本件事案では、30分程度のうちにJCSⅠ~Ⅱに回復しており、事故から約39時間後にはクリアな状態に回復しているということから、自賠責保険の事前認定は、現実よりも長い期間を前提として判断した可能性が否定できないとして、高次脳機能障害の発症が否定されてしまいました。

 その結果、9000万円をこえる請求が、わずか、約50万円しか認められておりません。

 このような微妙な事案の場合には、本当に提訴して解決していいのかどうかを相談者に対して、リスクも十分に説明した上で、判断してもらった方がいいでしょうね。

 

2017年11月17日 (金)

【自賠責等級より下がった裁判例】 10級  ⇒ 12級 へ

 自保ジャーナルNo2000号で紹介された大阪地裁平成29年3月14日判決です。

 裁判をする際に、自賠責等級が下がる可能性があることは必ず伝えておく必要があります。提訴前の賠償額の提示の金額よりも、大きく下回ることは、私の経験でも、散見されます。

 今回もトホホの案件です。

 Kimg9617
 左上腕骨頸部骨折等から自賠責10級10号認定の左肩関節機能障害の障害を残す被害者の方ですが、

 裁判の結果、

 症状固定日時点である平成26年11月14日の左肩関節の可動域角度(他動値)が、同年7月、8月の時点の数値と比べて大幅に悪化していることが問題になりました。

 結局、裁判所は、11月14日時点での後遺障害診断書の数値の信頼性を排斥して、12級程度の可動域制限しかないと判断したわけです。

 怖いです。。。。

2017年2月 4日 (土)

【自賠責等級より下がった裁判例】 労災併合11級(自賠責非該当)→後遺障害非該当

 自保ジャーナルNo1982号で紹介された横浜地裁平成28年5月19日判決です。

 労災併合11級が、自賠責どおり、後遺障害は非該当となってしまったケースです。

 たまに、労災よりも、等級が低くなったり、非該当になったりすることがありますね。

 本件は、乗用車を運転して、T字路交差点を直進中の43歳男子原告が、一時停止後の右折乗用車に衝突され、頸椎捻挫等から頭部痛、腰部痛で労災併合11級後遺障害認定を受ける事案でした。

 裁判所は、CクリニックのC医師は、平成27年8月25日付の御報告と題する書面で、原告には頸椎の運動障害はないものと理解しておりますと回答しており、原告本人も、本件事故後から上を向いてうがいはできたなどと供述し、さらに、平成24年12月14日にF病院では、頸の痛みはよくなったなどと供述している。

 したがって、頸部痛に関する原告の愁訴の経緯には不自然な点があるとし、原告についてスパークリングテストやジャクソンテストが陽性であるが、これらの結果が原告の自覚症状を正確に裏付けているのか疑問があり、本件事故で受傷した頸椎捻挫等に関し、症状固定の時点で頸部に神経症状が残存したものと認めることはできない。

 また、原告の頸部について、画像診断上、外傷性の異常所見は認められないとして、原告には、頚部痛等に関し、後遺障害等級表の12級13号「局部に頑固な神経症状を残すもの」や14級9号「局部に神経症状を残すもの」に該当する後遺障害は認められないと否認しました。

 労災で認められたからと言って安心はできませんね。

 Kimg4760
               (ハーバリーのレストラン)

2016年11月26日 (土)

【自賠責等級よりも下がった裁判例】 慢性運動ニューロパシー

 自保ジャーナルNo1978号で紹介されたさいたま地裁平成28年4月13日判決です。

 裁判ってやっぱり怖いですね。

 自賠責等級は12級13号から、14級9号に大幅ダウン💦

 それはさておき、「慢性運動ニューロパシー」と事故との因果関係が問題になっていました。

 裁判所は、C医師は、本件回答書において、外傷による神経損傷が慢性運動ニューロパシーのような自己免疫性神経障害を発症させる可能性はあるとしながらも、交通事故にあった人が慢性運動ニューロパシーになる確率は非常に低い確率かこれまで全く起こったことがないかいずれかであり、データはない旨、本件について、事故から数か月以上は原告が慢性運動ニューロパシーの症状に気づいていないため、慢性運動ニューロパシーの原因が本件事故による外傷とするのは期間がありすぎる旨回答していることに照らせば、原告の慢性運動ニューロパシーと本件事故との間に相当因果関係を認めることはできないと事故との因果関係を否認しました。

 Kimg1583

 調査事務所は、椎間板膨隆による左方への神経根圧迫所見を根拠に、12級13号を認定しておりましたが、裁判所は、加齢により、頸椎の変性が進行したとして、他覚的な所見として認めておりません。

 むち打ち症例の方で、12級13号の獲得を希望される方がままおられますが、若い方であればともかく、中年以上の方は、頸椎や腰椎の変性が進んでいると考えられることから難しいですよというアドバイスをしております。

 ただし、事故の前には痛みはなかったと言われ、納得されない方がほとんですが。。。

2016年10月18日 (火)

【高次脳機能障害】 自賠責5級高次脳機能障害認定の72歳男子は、運転して高速道路も利用できる等から9級高次脳機能障害と認定した事案 大阪地裁平成28年1月29日判決

 自保ジャーナルNo1975号で紹介された大阪地裁平成28年1月29日判決です。

 72歳男子会社代表者の原告は、道路を横断歩行中、路外駐車場から右折進入してきたY乗用車に衝突され、自賠責5級2号高次脳機能障害等の併合4級後遺障害認定を受ける事案につき、

 原告の高次脳機能障害は、残存しているものの、その内容は、記憶力に問題があり、日常生活において場面に応じた適切な会話ができないことがあるというものであり、

 他方で、1人で交通規範に従って自動車の運転をし、高速道路も利用できることや、他者との意思疎通にも問題がないと認められることも総合考慮すると、その程度が重大であるということはできず、めまいと併せて、別表第2第9級10号「神経系統の機能または精神に障害を残し、服することができる労務が相当な程度に制限されるもの」に該当する」他、「医学的知見を考慮しても、原告については、そもそも症状固定時に、重大な行動障害及び人格変化があるとは認められないから、その高次脳機能障害が重い程度のものということはできない」として、「原告の後遺障害は併合8級と認められる。」と認定しました。

 自賠責5級の認定を受けている高次脳機能障害が、第9級に下がってしまった事案でした。

 Kimg3646_2

2016年9月18日 (日)

【自賠責等級より下がった裁判例】【高次脳機能障害】 自賠責5級認定高次脳障害が否認

 自保ジャーナルNo1973で紹介された新潟地裁平成28年3月25日判決です。

 自転車搭乗中に被告乗用車に衝突され、自賠責7級4号高次脳機能障害認定も、異議申立てにより5級2号認定を受ける17歳男子原告の高次脳機能障害につき、

 原告の頭部受傷直後の意識障害の有無及び程度については、頭部外傷は中等症から軽症に分類されるものであり、意識障害の程度としても、軽度の状態が7日間継続したもので、

 症状の経過は、本件事故から3年以上が経過した時点で、突如、本件事故を原因とする高次脳機能障害が発症し、さらにその1年9か月後には、当該症状が悪化したという経過は、受傷直後が最悪で、時間の経過とともに軽減傾向を示すという外傷性高次脳障害の一般的な経過とは整合しないとし、

 画像所見では、「有意な脳室拡大あるいは脳萎縮は認められていない。C医師もびまん性脳損傷が生じている可能性がある旨述べるにすぎず、原告にびまん性脳損傷が生じていることは確認していない」等から、

 本件事故によって、原告が脳損傷を負ったことは認められるが、意識障害の程度としては軽度であり、症状の経過としても、原告が平成22年9月18日に神経心理学的検査を受けるまで、継続して記憶障害や注意障害等の症状があったとは認めがたく、画像所見上、全般的な脳室拡大や脳萎縮が生じたことを認めるに足る的確な証拠がないことに鑑みると、原告に局在性脳損傷によるものも含め本件事故を原因とする高次脳機能障害が生じたと認めることができないと、高次脳機能障害の発症を否認しました。

 Kimg2023

2016年6月15日 (水)

【自賠責等級より下がった裁判例】 大阪地裁平成27年11月27日判決

 自保ジャーナルNo1967号で紹介された大阪地裁平成27年11月27日判決です。

 時折、裁判した場合に、自賠責で認められた等級が維持できるのか?という質問を受けます。

 これに対しては、多くの場合、わかりません と回答しております。実際には維持できる場合が多いとは思いますが、そうでない場合もあるので、そうなったときにリスクの説明がなかったと言われる可能性があるために、診療録や画像等により下がる要素があれば、当然加害者側の損保会社はその主張をしてきますし、また、それが合理性があれば、自賠責等級は下がったりしますし、また、最悪の場合は、非該当になる場合もありえます。

 大阪地裁平成27年11月27日判決は、左肩関節機能障害を理由に、自賠責10級が認定されたのです。

 診療録をとりよせてみると、症状固定日である平成25年5月28日の時の検査は4分の3を上回る可動域の制限があったにもかかわらず、症状固定前の平成24年11月9日から同25年4月12日までの検査のときは、4分の3を上回る可動域の制限はなかったというのです。

 これを見つけた加害者側損保の担当者は、喜んだのではないでしょうか。

 結局、自賠責10級が否認されて、かろうじて、12級13号の認定にとどまりました。

 約3500万円を請求して、認められたのは、430万円程度でした。

 提訴にあたっては、カルテまでの検討は余程のことがない限りしないので、担当された被害者側の弁護士も負担が大きかったと思います。

Kimg2027