<(_ _)>

  • 弁護士ドットコム|無料法律相談・弁護士/法律事務所検索ポータル

書籍紹介(交通事故)

無料ブログはココログ

« 【書籍】 交通事故民事裁判例集第51巻索引・解説号 | トップページ | 【弁護士費用特約】 物損事案のみのご相談及びご依頼について »

2021年2月19日 (金)

【頚髄損傷】 乗用車で交差点走行中に赤信号で進入してきた被告乗用車に衝突されて71歳女子主張の5級2号中心性脊髄損傷を否認し右上肢しびれの14級9号後遺障害を認定した事例

 自保ジャーナルNo2079号で紹介された名古屋地裁令和2年8月19日判決です。 

Kimg8689
(今治・千疋峠)
 青信号交差点を乗用車で走行中、赤信号で進入してきた被告乗用車に出合い頭衝突され、中心性脊髄損傷等の傷害を負い、自賠責非該当も、5級2号後遺障害を残したと主張する71歳女子原告の事案につき、
 ①本件事故当日に撮影された頭部CT、頚椎単純X線、頚椎CT、頚椎MRI検査において、明らかな外傷性の異常所見は認められず、他方、原告には、頚椎症、脊柱管狭窄症の既存障害があること、
 ②中心性頚髄損傷は、脊髄中心部にダメージが加わることによって頚椎部への錐体路が障害されて生じるものであり、運動麻痺は両側性であり、下肢に比較して上肢に著名となる病態であるところ、原告の症状は右上下肢に強く現れていること、
 ③原告の深部腱反射に一貫性が認められないこと
 に照らし、原告に中心性脊髄(頚髄)損傷が生じたとは認めるに足りないと中心性脊髄損傷を否定しました。
 件数は多くはありませんが、頚髄損傷ということで、四肢麻痺の主張をされる方がご相談にお見えになることもあります。自賠責非該当であり、ご本人は当然のことですが、納得されません。ただ、かなり明確な他覚的な所見が必要なところであり、14級であればともかく、ご相談者が望むような高度の後遺障害を獲得するのは至難の業です。
 本件も、14級の局部の神経症状は認定されています。
 
 

« 【書籍】 交通事故民事裁判例集第51巻索引・解説号 | トップページ | 【弁護士費用特約】 物損事案のみのご相談及びご依頼について »

【頸髄損傷】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 【書籍】 交通事故民事裁判例集第51巻索引・解説号 | トップページ | 【弁護士費用特約】 物損事案のみのご相談及びご依頼について »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近の記事