<(_ _)>

  • 弁護士ドットコム|無料法律相談・弁護士/法律事務所検索ポータル

書籍紹介(交通事故)

無料ブログはココログ

« 【施術費】 14級9号事案ですが、接骨院施術費は否認された事例 | トップページ | 【書籍】 令和2年の赤い本講演録 »

2021年1月 3日 (日)

【人身傷害補償保険】 う~ん 注意をしないといけませんね。

 判例タイムズNo1478号で紹介された福岡高裁令和2年3月19日判決です。 

Kimg7817
(桜井総合公園)
 人身傷害補償保険会社が、被害者の同意を得て加害者の加入する自賠責保険金を回収した場合に、これを加害者の被害者に対する弁済にあたるとして、損益相殺を認めた事例。
 人身傷害補償保険ですが、被害者に過失がある場合に、訴訟に先行して利用する場合があります。
 人身傷害補償保険ですが、被害者の過失に関係なく、約款基準に基づいた保険金を被害者が受けることができます。その後、人傷社は自賠責保険社に自賠責保険金を回収します。
 加害者側からみると、自賠責保険金が被害者の過失部分を考慮されることなく、既払い金処理されることについては納得できません。
 ただ、この点については、任意社と人傷社との間で本来は調整を図るべきだと思うのですが、福岡高裁は、加害者の被害者に対する弁済に当たるということを認めました。
 また、悩ましい問題が発生しました。

« 【施術費】 14級9号事案ですが、接骨院施術費は否認された事例 | トップページ | 【書籍】 令和2年の赤い本講演録 »

【人身傷害補償特約】」カテゴリの記事

コメント

交通事故に熟達した被害者代理人サイドから上告されています。福岡の交通事故委員会でも注目されてる案件です

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 【施術費】 14級9号事案ですが、接骨院施術費は否認された事例 | トップページ | 【書籍】 令和2年の赤い本講演録 »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近の記事