<(_ _)>

  • 弁護士ドットコム|無料法律相談・弁護士/法律事務所検索ポータル

書籍紹介(交通事故)

無料ブログはココログ

« 【ご相談】 むち打ち損傷のご相談が増えております。 | トップページ | 【むち打ち損傷】 約13年前の事故で頚椎捻挫等の14級認定を受ける40歳男子の本件事故での後遺障害を自賠責非該当も14級9号頚部痛を認め素因減額を否認した 札幌地裁平成31年1月11日 »

2019年9月16日 (月)

【高次脳機能障害】 39歳男子のくも膜下出血等から9級主張の高次脳機能障害を否認し、12級非器質的精神障害を認定して、既往のうつ病から4割の素因減額を適用した事例 京都地裁平成31年1月29日判決

 自保ジャーナル第2045号で紹介された京都地裁平成31年1月29日判決です。

 

Kimg1458
(自研センター)
 自賠責非該当も9級10号高次脳機能障害を残したと主張する事案につき、
 原告の意識障害の程度についてみると、①救急隊到達時(本件事故の約32分後)にはJCSI-3(刺激しないで覚醒しているが、自分の名前・生年月日がいえない状態)、GCS15点でごく軽度の意識障害があったものの、②B病院搬入時(本件事故の約48分後)にはJCSI-1(だいたい意識清明だが、今一つはっきりしない状態)まで改善したことが認められる。このような本件事故直後の経過に照らすと、外傷性の高次脳機能障害を認定する根拠の1つとなる意識障害が一定期間継続した事実を認めることはできない
 画像所見については、D医師の診断書の各項目についてみると、①平成28年11月28日のFLAIR画像上、大脳白質に高信号の点が散見された点について、一般に加齢に伴う慢性虚血性変化として中高年にはよく認められる所見である、典型的なびまん性軸索損傷のMRI所見とまではいえないとし、外傷後の微小血管障害と考えても矛盾はないとして、同画像から脳の器質的損傷を説局的に診断したものとは思われない。
 ②平成25年3月22日と平成28年11月28日のFLAIR画像の比較においては、比較的短期間にシルビウス裂や側脳室が拡大しているようにも見えるとした上で、通常の年齢変化に伴う萎縮のみでは説明が難しく、外傷が影響している可能性は否定できないとしていて、やはりこの点についても、画像の比較から脳の器質梃子損傷を積極的に診断したものとは思われない。そして、D医師の意見の結論は、MRI結果と他院で実施された高次脳機能検査で機能低下が確認されたという事実を総合的に判断すれば、MRI所見が外傷に起因する器質性変化と解釈することもできるというものである。この結論をみても、MRI検査の結果から、脳の器質的損傷を積極的に診断したものとは思われない
 として、高次脳機能障害を否認しました。

« 【ご相談】 むち打ち損傷のご相談が増えております。 | トップページ | 【むち打ち損傷】 約13年前の事故で頚椎捻挫等の14級認定を受ける40歳男子の本件事故での後遺障害を自賠責非該当も14級9号頚部痛を認め素因減額を否認した 札幌地裁平成31年1月11日 »

【高次脳機能障害】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 【ご相談】 むち打ち損傷のご相談が増えております。 | トップページ | 【むち打ち損傷】 約13年前の事故で頚椎捻挫等の14級認定を受ける40歳男子の本件事故での後遺障害を自賠責非該当も14級9号頚部痛を認め素因減額を否認した 札幌地裁平成31年1月11日 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事