<(_ _)>

  • 弁護士ドットコム|無料法律相談・弁護士/法律事務所検索ポータル

書籍紹介(交通事故)

無料ブログはココログ

« 【書籍】 認容事例でみる後遺障害等級判断の境界 | トップページ | 【解決実績】 当初提案 約32万円を、紛セン・示談にて、約53万円(約21万円UP)で解決しました »

2019年7月28日 (日)

【日本損害保険協会】 小児外傷の特徴と諸問題

  日本損害保険協会・医研センター主催の、「小児外傷の特徴と諸問題」(千里ライフサイエンスセンター)を受講しました。

 講義内容は、①小児の外傷総論、②小児と成人との解剖・生理面での差異、③小児外傷の特徴、④小児頭部外傷 整形外科的外傷、⑤具体事例と治療、後遺症等の実態、⑥小児外傷の課題等 虐待による外傷です。

 講師の先生は、荒木尚埼玉医科大学准教授でした。

 損保協会の医療セミナーですが、もう10数年以上受けています。

 伊豆月ヶ瀬の保養所の研修は、3回程受けました。今は、保養所自体がないようですが、懐かしい思い出です。

 弁護士なりたてのころは、医学の知識といっても、事件で学ぶくらいですが、保険会社の顧問をしていないと、まとまった事件がこないために、今から思うと、一生懸命仕事はしていますが、医学的知識は乏しい状態でした。

 損保の仕事をするようになり、まとまった交通事故事案を加害者の立場、場合によっては、紹介で被害者の立場でご依頼を受け、また、損保の医療スタッフの方等に質問したり、このような医療セミナーへの参加が許されたりして、次第に、医学的、工学的な知識を得ていきました。

 損保の今治SCが閉鎖されてからは加害者側事案はほとんどなくなりましたが、現在は、その時の経験や知識を交通事故の被害者の方のためのサポートに役立たせています。

 交通事故事案は、しまなみにおまかせあれ

« 【書籍】 認容事例でみる後遺障害等級判断の境界 | トップページ | 【解決実績】 当初提案 約32万円を、紛セン・示談にて、約53万円(約21万円UP)で解決しました »

【日本損害保険協会】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 【書籍】 認容事例でみる後遺障害等級判断の境界 | トップページ | 【解決実績】 当初提案 約32万円を、紛セン・示談にて、約53万円(約21万円UP)で解決しました »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事