<(_ _)>

  • 弁護士ドットコム|無料法律相談・弁護士/法律事務所検索ポータル

書籍紹介(交通事故)

無料ブログはココログ

« 【交通事故相談センター】 「高次脳機能障害に関する裁判例の動向」を受講しました。 | トップページ | 【共同不法行為】 京都地裁平成30年6月25日判決 »

2019年6月28日 (金)

【高次脳機能障害】 労災と自賠責との後遺障害等級が異なる場合!?

 交通事故が交通災害にあたる場合には、労災保険でも障害等級の認定がなされることをよく見ます。

 問題は、労災との相違がある場合です。

 相談の多くは、労災が高くて、自賠責保険が低いというものです。

 今回の日弁連交通事故相談センターでの研修でもこの点についての解説がありました。

 「労災認定と自賠責認定が相違する例は一般論として珍しくないが、今回調査した表2の裁判例では、特に、労災保険で高次脳機能障害が認定されている一方で、自賠責保険でも認められず、訴訟でも否定されている例が目だつた。」と解説されています。

 

Kimg0988_1

  労災との相違は、認定する機関が異なるためにやむを得ないところがありますが、その違いについて、労災保険の社会保障的性格と、賠償場面における認定の相違について言及する裁判例もあるようです。

 労災が高いからといって、自賠責も同じになるわけではありません。基準が同じでも、見る視点が異なるというべきでしょう。

 事実関係に争いがない刑事事件において、検察官側からみるのか、弁護人側からみるのかということに近いのではないかと思います。

 なお、田舎弁護士の場合、通勤労災が競合する場合には、難しい案件のケースでは、先に労災申請を行うことを勧めることがあります。そして、労災の認定が相談者の希望にそったものであれば、調査復命書等についての個人情報開示請求を行って、労災の認定理由の詳細や医員の意見等を把握して、証拠として有用なものがないか探すようにしております。研修の先生も同じことを解説されています。

 田舎弁護士は、田舎の弁護士ですが、日々、研修等の成果も仕事に即取り入れています。

« 【交通事故相談センター】 「高次脳機能障害に関する裁判例の動向」を受講しました。 | トップページ | 【共同不法行為】 京都地裁平成30年6月25日判決 »

【高次脳機能障害】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 【交通事故相談センター】 「高次脳機能障害に関する裁判例の動向」を受講しました。 | トップページ | 【共同不法行為】 京都地裁平成30年6月25日判決 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近の記事