<(_ _)>

  • 弁護士ドットコム|無料法律相談・弁護士/法律事務所検索ポータル

書籍紹介(交通事故)

無料ブログはココログ

« 【交通事故相談センター】 損害保険料率算出機構の方の講演 高次脳機能障害認定の手続きの流れと問題点 | トップページ | 【高次脳機能障害】 労災と自賠責との後遺障害等級が異なる場合!? »

2019年6月27日 (木)

【交通事故相談センター】 「高次脳機能障害に関する裁判例の動向」を受講しました。

 「高次脳機能障害に関する裁判例の動向」として、自賠責保険の認定が争われた事例を中心に、札幌の弁護士さんが解説されていました。高次脳機能障害事案もかなりの件数を取り扱われておられるようです。 

Kimg0971
 また、その弁護士さんですが、交通賠償と金融商品関係の2分野を専門でされておられるようです。札幌は都会なので、ある程度の専門分野を作るのが可能なんでしょうね。それはさておき、講義の内容はとてもよかったです。田舎弁護士の頭の整理のために、目次だけでも拾い出してみます😃
第1 高次脳機能障害の後遺障害等級
1 自賠責保険
(1)認定基準
 ア 存否
 イ 程度
(2)手続
 ア 提出する資料
 イ 認定手続
 ウ 異議
 エ 自賠責保険・共済紛争処理機構
2 労災保険
(1)認定基準
(2)手続
3 民事訴訟
 
Kimg0969
第2 裁判例の分析
1 表1~表3の見方
2 高次脳機能障害の存否が争われたケース
(1)否定判決
(2)肯定判決
(3)若干の分析
ア 意識障害の有無・程度
イ 画像所見
ウ 神経心理学的検査
エ 事故の重大性(あるいは軽微性)
オ 症状の経過
(4)高次脳機能障害の有無についての判断基準
(5)MTBIの主張
(6)労災との相違
(7)長期経過後の提訴
(8)その他の論点について
ア 画像上の脳萎縮・脳室拡大の所見の扱い
イ 慢性期の画像で異常所見が消失している例
ウ 画像所見はあるが意識障害がない(もしくは軽度)のケース
エ 原告の立証責任
3 高次脳機能障害の程度が争われているケース
(1)当事者が争ったが自賠責保険と同じ等級を認定した例
(2)自賠責保険よりも下位等級を認定した例
(3)自賠責保険よりも上位等級を認定した例
(4)分析(主張立証のポイント)
ア 意識障害と画像所見
イ 神経心理学的検査
ウ 日常生活状況・就労状況
エ 立証方法について
① 医師の意見及び医療記録
② 被告側の反証
③ 原告本人尋問
Kimg0968
第3 請求側弁護士としての準備・対応
1 意識障害についての所見
2 画像
3 症状の経過の確認
4 労災事案での資料の取得
5 手続の選択について
 ⇒田舎弁護士も、思えば登録5年未満のころは、交通事案も慣れておらず、自保ジャーナル等で紹介されるような裁判例もほとんどとれませんでした。3社の大手損保会社から依頼を受け、損保弁護士として、大活躍した(?)数年がなければ、事件数もなく、交通事故事案も得意という分野までに昇華させることができなかったと思います。
 今では損保弁護士はほぼ卒業しているので、被害者の方の適切な補償を得るために、精一杯頑張らせていただくことに幸せを感じております。
 損保会社からの相談や紹介はなくなりましたが、被害者の方からのご相談の予約は継続して対応させていただいております。
 頑張りたいと思います(他方で、無理なものについては無理と言わせていただいております)
 このような研修を受けられることは、被害者側弁護士としては大変ありがたいことです。
 

« 【交通事故相談センター】 損害保険料率算出機構の方の講演 高次脳機能障害認定の手続きの流れと問題点 | トップページ | 【高次脳機能障害】 労災と自賠責との後遺障害等級が異なる場合!? »

【交通事故相談センター】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 【交通事故相談センター】 損害保険料率算出機構の方の講演 高次脳機能障害認定の手続きの流れと問題点 | トップページ | 【高次脳機能障害】 労災と自賠責との後遺障害等級が異なる場合!? »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近の記事