<(_ _)>

  • 弁護士ドットコム|無料法律相談・弁護士/法律事務所検索ポータル

書籍紹介(交通事故)

無料ブログはココログ

« 【高次脳機能障害】 労災12級を、自賠責3級で請求し、頚部腰部症候群を理由に14級を認定した事案 | トップページ | 【交通事故相談センター】 2019年度高次脳機能障害相談研修会に参加しました。 »

2019年6月23日 (日)

【むち打ち】 自賠責非該当も22歳男子消防士の左膝神経症状は職務に影響があるとして、14級9号が認定された事案

 自保ジャーナルNo2039号で紹介された京都地裁平成30年11月12日判決です。

 

Kimg0932

 自動二輪車に搭乗して交差点を直進中、先行被告乗用車が左折したため、急制動したが衝突して、左大腿部挫傷等の傷害を負い、自賠責非該当も14級9号左膝神経症状を残したと主張する22歳男子消防士の原告の事案です。

 原告の症状固定後の症状は、さほど強くなく、かつ、常時自発痛があるわけではないものの、左膝に痛みが生じることがあると認められる

 そして、原告が消防士として火災、救助・救急等の出勤をしていることに照らすと、通常神野勤務と比較して肉体上の影響があることが職務に影響を及ぼしやすいといい得る

 そうすると、原告にほとんど常時疼痛が残存しているとまでは認めがたいが、

 職務上の支障が生じることは否定できない

 原告の述べる痛みについては、C整形外科において診断されているとおり、創傷によるものとして医学的に説明が可能なものとして、

 左大腿挫滅創に伴う左膝創部の圧痛などの症状は、14級9号に該当する

 

 →14級9号の一般的な要件を充足しているとはいいにくような事案ですが、原告が消防士であることに着目した救済裁判例ではないかと思われます。

« 【高次脳機能障害】 労災12級を、自賠責3級で請求し、頚部腰部症候群を理由に14級を認定した事案 | トップページ | 【交通事故相談センター】 2019年度高次脳機能障害相談研修会に参加しました。 »

【むち打ち損傷】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 【高次脳機能障害】 労災12級を、自賠責3級で請求し、頚部腰部症候群を理由に14級を認定した事案 | トップページ | 【交通事故相談センター】 2019年度高次脳機能障害相談研修会に参加しました。 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31