<(_ _)>

  • 弁護士ドットコム|無料法律相談・弁護士/法律事務所検索ポータル

書籍紹介(交通事故)

無料ブログはココログ

« 【解決実績】 物損事案で、交渉・紛センの利用により、約5万円の買換諸費用を認めさせました。 | トップページ | 【解決実績】 被害者請求手続で、頚椎捻挫後の神経症状及び腰椎捻挫後の神経症状で、併合14級を獲得しました。 »

2019年5月 2日 (木)

【解決実績】 当初提案約20万円を、示談・紛センの利用により、約50万円までUPしました。

 30歳代女性、頚椎捻挫、通院約4ヵ月程度の被害者の方の事案(後遺障害非申請)です。

 相手方損保当初提案約20万円でしたが、示談・紛センの利用により、約50万円までUPしました。

 但し、慰謝料は、いわゆる赤い本基準の80%程度でしたのでもう少し時間をかければ、さらに若干のUPは見込めましたが、ご相談者様の意向により、早期解決としました。

 ご相談者様の中には、弁護士依頼により大幅な金額UPを望む方ばかりではありません。

 不慣れな交渉を弁護士に依頼して早期に問題を解決したい方、事情により早期解決を希望される方などおられます。

 以前、ある案件の交渉で、当初提案の金額よりは、結果的に数倍金額がUPさせたことがあります。しかしながら、解決のために数ヶ月かかってきたこと(ただ、数ヶ月かかったという事情は加害者側のやむを得ない理由によるものです。)から、お客様から不満を抱かれたこともあります。

 金額の大幅なUPはお客様にとって重要な要素ではありますが、中には、早期解決を最も重要な要素とされる方もおられます。

 どうしても弁護士の場合、田舎弁護士含めて、いかに金額をUPさせたことを誇りたがりますが、解決に至る状況もお客様にとっては重要な要素とされる方も少なくありませんので、打ち合わせの際に、お客様の意向は確認しておく必要があります。 

« 【解決実績】 物損事案で、交渉・紛センの利用により、約5万円の買換諸費用を認めさせました。 | トップページ | 【解決実績】 被害者請求手続で、頚椎捻挫後の神経症状及び腰椎捻挫後の神経症状で、併合14級を獲得しました。 »

【解決実績】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 【解決実績】 物損事案で、交渉・紛センの利用により、約5万円の買換諸費用を認めさせました。 | トップページ | 【解決実績】 被害者請求手続で、頚椎捻挫後の神経症状及び腰椎捻挫後の神経症状で、併合14級を獲得しました。 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31