<(_ _)>

  • 弁護士ドットコム|無料法律相談・弁護士/法律事務所検索ポータル

書籍紹介(交通事故)

無料ブログはココログ

« 【その他】 刑事関係諸費用って請求できるの? | トップページ | 【自賠法】 名義貸与の依頼を承諾して自動車の名義上の所有者兼使用者となった者が、自賠法3条にいう運行供用者にあたるとされた事例 »

2019年5月 8日 (水)

【その他】 主婦X主張の左肩関節拘縮は、事故4ケ月後からの出現で本件事故により発症したとは認められないとして否認

 自保ジャーナルNo2036号の福岡高裁平成30年9月28日付判決です。

 

Kimg0059_01_burst1000059_cover

 平成25年8月19日、主婦Xが片側3車線道路の第2車線で乗用車を運転して停止中、第1車線のY大型貨物車が左折した際に右後部をX車の左ドアミラーに衝突され、頚椎・腰椎・左肩関節捻挫を負い、左肩関節拘縮を発症したとする事案でした。

 裁判所は、本件事故はY車両の右後部がX車両の左ドアに衝突したというもので、X車両の左ドアミラーが破損した程度であること、本件事故時、X車両が揺れることはなかったことからすると、本件事故により、Xの上肢に大きな負担がかかったとは認めがたい

 そして、B病院におけるレントゲン撮影の結果、頚椎に中程度の変性、腰椎に軽度椎間板狭小が認められることを併せて考えると、Y車両が衝突した際、ハンドルを強く握り、身体を緊張させたというXの主張を前提としても、本件事故と因果関係のある治療は、平成25年10月23日まえと認めるとし、

 Xは、左肩関節拘縮も本件事故による傷害であると主張する。

 しかし、左肩関節拘縮は同年12月ころより出現したものであるところ、本件事故態様に加えて、上記のとおり、本件事故によりX車両に揺れは生じていないことからすると、本件事故から約4ケ月経過した後、左肩に症状が現れるとは言い難いし、B病院の医師も本件事故と左肩関節拘縮との関連性を否定している。左肩関節拘縮が本件事故により生じたとは認められないと判断しました。

 

 

« 【その他】 刑事関係諸費用って請求できるの? | トップページ | 【自賠法】 名義貸与の依頼を承諾して自動車の名義上の所有者兼使用者となった者が、自賠法3条にいう運行供用者にあたるとされた事例 »

【その他】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 【その他】 刑事関係諸費用って請求できるの? | トップページ | 【自賠法】 名義貸与の依頼を承諾して自動車の名義上の所有者兼使用者となった者が、自賠法3条にいう運行供用者にあたるとされた事例 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31