<(_ _)>

  • 弁護士ドットコム|無料法律相談・弁護士/法律事務所検索ポータル

書籍紹介(交通事故)

無料ブログはココログ

« 【解決実績】 当初提案約50万円を、交渉・紛セン利用により、約90万円で解決しました。 | トップページ | 【その他】 刑事関係諸費用って請求できるの? »

2019年5月 6日 (月)

【脊柱の変形】 脊柱の変形で11級7号の逸失利益

 交通事故民事裁判例集51巻2号で紹介された東京地裁平成30年4月17日判決です。

 腰椎圧迫骨折による脊柱変形で11級7号の後遺障害の逸失利益についての裁判例です。

 現在は大学に進学していることから、賃金センサスは男性大卒全年齢平均を基礎収入にした上で、

 同人は右足が義足であること(既存障害)、同人がいまだに若年であり圧迫骨折した局所の疼痛が解消し消失する可能性も否定できず、後遺障害の残存期間やその程度の予測が難しいことなどから、

 労働能力喪失率につき、症状固定から10年(逸失利益は大学卒業予定時の22歳から4年間)は14%、その後67歳までの41年間は5%として、ライプニッツ方式に寄り算定しました。

« 【解決実績】 当初提案約50万円を、交渉・紛セン利用により、約90万円で解決しました。 | トップページ | 【その他】 刑事関係諸費用って請求できるの? »

【脊柱の変形】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 【解決実績】 当初提案約50万円を、交渉・紛セン利用により、約90万円で解決しました。 | トップページ | 【その他】 刑事関係諸費用って請求できるの? »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31