<(_ _)>

  • 弁護士ドットコム|無料法律相談・弁護士/法律事務所検索ポータル

書籍紹介(交通事故)

無料ブログはココログ

« 【書籍】医師の書き方に問題あり! 後遺障害診断書のチェックポイント (さいご) | トップページ | 【高次脳機能障害】 自賠責7級が、裁判したら、なんと非該当に。。。。トホホ »

2019年4月16日 (火)

【書籍】 弁護士ドットコム 後遺障害認定と画像診断~等級認定における注意点~

 弁護士ドットコムでは、無料の法律や医療等のセミナーを配信しています。毎月、登録料を支払っているので、時折、ありがたく聴講させていただいております。

 後遺障害認定と画像診断~等級認定における注意点~ です。

 講師はまだまだ若い弁護士さんですが、交通事故事案を専門にされておられるようです。  

 *無料ですが、実践的です!!!

 ポイント!

 ① 受傷直後の画像か? ← 症状を裏付ける画像所見があったとしても、因果関係を立証できなくなってしまう。受傷してから数か月のMRIだと遅すぎる。被害者側の弁護士としては、受傷してすぐのMRI画像を指導する。

 ② 外傷性といえるかどうか? ← 外傷性か否かを判断するのは困難。外傷では生じないもの(骨棘の形成、OPLLなど)を理解しておく。

 ③ 圧迫骨折 ←後遺障害が認定されやすいが、問題なのは外傷性か。高齢者の場合、事故前から圧迫骨折が生じていた可能性があることに注意。

 ④ 中心性脊髄損傷 7級4号

   自覚症状   手の感覚障害・機能障害 ← ここから始まる!

   神経学的所見 下肢の腱反射亢進

   画像所見   C6に髄内の輝度変化あり

   影響     洋服のボタンが留められない等 ← 等級に影響がでる

 ⑤ むち打ち 12級13号  

   自覚症状    肩、上肢筋力低下

   神経学的所見  上腕二頭筋腱反射低下

   画像所見    左C4横突孔内に骨折

   →左C5神経根障害と考えられる。

« 【書籍】医師の書き方に問題あり! 後遺障害診断書のチェックポイント (さいご) | トップページ | 【高次脳機能障害】 自賠責7級が、裁判したら、なんと非該当に。。。。トホホ »

【書籍】 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 【書籍】医師の書き方に問題あり! 後遺障害診断書のチェックポイント (さいご) | トップページ | 【高次脳機能障害】 自賠責7級が、裁判したら、なんと非該当に。。。。トホホ »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31