<(_ _)>

  • 弁護士ドットコム|無料法律相談・弁護士/法律事務所検索ポータル

書籍紹介(交通事故)

無料ブログはココログ

« 【RSD】 61歳男子主張の10級右足RSD及び同肩RSDの発症を労災認定基準から否認し、併合11級後遺障害を認定した 福岡地裁小倉支部平成30年4月17日判決 | トップページ | 【解決実績】 70歳代女性死亡事案 当初提案額 約200万円 を、示談・紛センで、約1000万円にUPしました! »

2019年2月22日 (金)

【TFCC損傷】 TFCC損傷から併合9級主張の43歳男子は確定診断ができる検査は実施されていない等から、TFCC損傷を否認し自賠責同様14級左手関節神経症状を認定した事例 

 自保ジャーナルNo2030号で紹介された大阪地裁平成30年6月22日付判決です。

 Kimg6314
 左手TFCC(三角繊維軟骨複合体)損傷等から併合9級後遺障害を残したと主張する43歳男子会社員の原告につき、

 右手関節については、本件事故直後の診察において、両手打撲挫傷とは別にあえて右手関節打撲挫傷を診断されているのに、左手関節については、本件事故から10日間が経過するまで、特段カルテ等に症状の記載がない。

 この点、もしも、原告が主張し、供述するように、利き腕であった左手首を動かしたり力を加えたりするだけで痛みがあり、利き腕を右手に変更しなければならないほどの症状があり、これが本件事故による左TFCC損傷を原因とするものであったのだとすれば、本件事故直後からかかる痛み等の症状を発生していたはずであるから、当初原告を診察した2名の医師が整形外科医ではなく外科医であったのだとしても、原告が訴える左手関節の症状につき、適切な診察を行い、その内容をカルテや診断書に記載するのが通常であると考えられるとし、

 本件MRI検査において、原告の左TFCC部に輝度変化が認められるが、輝度変化の程度は小さく、症状は軽度であること、

 また、B医師によれば、MRIの輝度変化だけでは外傷性TFCC損傷の確定診断ができる関節鏡検査等の検査は実施されていないこと等を考慮すると、本件MRI検査の結果をもって、原告に外傷性左TFCC損傷が生じたものとまでは認めがたいとして、TFCC損傷を否認し、

 本件事故と相当因果関係のある原告の後遺障害は、本件事故の態様、左手関節の痛み等の症状の内容・程度、治療経過等に鑑み、自賠責保険で認定された左手関節の神経症状による14級9号にとどまると、自賠責同様14級9号を認定しました。

 Kimg6355

« 【RSD】 61歳男子主張の10級右足RSD及び同肩RSDの発症を労災認定基準から否認し、併合11級後遺障害を認定した 福岡地裁小倉支部平成30年4月17日判決 | トップページ | 【解決実績】 70歳代女性死亡事案 当初提案額 約200万円 を、示談・紛センで、約1000万円にUPしました! »

【TFCC損傷】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 【RSD】 61歳男子主張の10級右足RSD及び同肩RSDの発症を労災認定基準から否認し、併合11級後遺障害を認定した 福岡地裁小倉支部平成30年4月17日判決 | トップページ | 【解決実績】 70歳代女性死亡事案 当初提案額 約200万円 を、示談・紛センで、約1000万円にUPしました! »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31