<(_ _)>

  • 弁護士ドットコム|無料法律相談・弁護士/法律事務所検索ポータル

書籍紹介(交通事故)

無料ブログはココログ

« 【むち打ち損傷】 41歳男子主張の頚部痛等の12級13号後遺障害は外傷性の器質的損傷及び他覚所見は認められないとして、後遺障害の残存を否認した 神戸地裁平成30年4月19日判決 | トップページ | 【和解】 物損で示談したからといって、人損で責任を認めたことにはならない!? »

2019年1月 9日 (水)

【過失相殺】 中央線のない道路における衝突事故

 交通事故民事裁判例集第50巻第6号が届きました。

 名古屋地裁平成29年11月1日判決です。

 Kimg5844
 中央線のない幅員約4mの道路における対向する原告車(原動機付自転車)と被告車(普通乗用自動車)との衝突事故につき、

 被告に、道路左側部分のみでの走行が可能であったのに中央からはみ出して走行した過失、及び、道路の見とおしが悪く、前方に対向車等を発見した場合に停止できる速度で走行する義務に違反し、前方の安全確認が不十分なまま、すぐに停止することが困難な時速約30㎞前後で進行した過失があるとし、

 他方、原告にも、進路前方の見通しが悪い道路であり、可能な限り左側に寄り、安全な速度で進行すべき義務を怠り、漫然と走行させた過失があるとして、過失割合を原告15%、被告85%とした事例。

 
Cocolog_oekaki_2018_12_23_14_02

 こういう事案って、原告側が無過失を主張することが多いですよね。本件事案も、第1次的には無過失を主張されてみたいです。

« 【むち打ち損傷】 41歳男子主張の頚部痛等の12級13号後遺障害は外傷性の器質的損傷及び他覚所見は認められないとして、後遺障害の残存を否認した 神戸地裁平成30年4月19日判決 | トップページ | 【和解】 物損で示談したからといって、人損で責任を認めたことにはならない!? »

【過失相殺】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 【むち打ち損傷】 41歳男子主張の頚部痛等の12級13号後遺障害は外傷性の器質的損傷及び他覚所見は認められないとして、後遺障害の残存を否認した 神戸地裁平成30年4月19日判決 | トップページ | 【和解】 物損で示談したからといって、人損で責任を認めたことにはならない!? »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30