<(_ _)>

  • 弁護士ドットコム|無料法律相談・弁護士/法律事務所検索ポータル

書籍紹介(交通事故)

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

« 【高次脳機能障害】 当事務所が関与した松山地裁今治支部平成30年3月22日判決が、自動車保険ジャーナルNo2029号(1月10日号)で紹介されました。 | トップページ | 【弁護士費用特約】 弁護士費用特約を付けていたとしても、安心できない!? »

2019年1月16日 (水)

【自賠責等級より下がった裁判例】 自賠責併合2級 → 併合4級

 自保ジャーナルNo2029号(1月10日号)に掲載された大阪地裁平成30年6月28日判決です。

 Kimg6544
 自賠責が併合2級なのでそれを前提に請求したところ、裁判では併合4級と返り討ちにあってしまったという事案です。そのため、1億3000万円を超える請求をしているにもかかわらず、1000万円弱程度しか認められていません。

 訴訟に至った場合、件数は多くはありませんが、後遺障害等級の見直し、逸失利益の労働能力喪失率の見直しは裁判例では散見されます。多くの場合は、自賠責保険が認定した等級が維持されますが、中にはそうではない場合もあります。

 田舎弁護士自身は幸いなことに被害者の立場の依頼でこのようなことを経験したことはありませんが、昔損保の代理人をしていた時に、相手方がこのような事態になってしまっていたことは何度か見たことがあります。

 弁護士が、「裁判すれば、金額が大幅にUPするよ」 ということを強調すると、返り討ちに遭ったときに大きなクレームとなります。リスクをきちんと説明すべきだろうと思いますが、インターネット等で交通事故被害者事案無料相談等を謳っている事務所のホームページにはリスクについての説明はほとんどされていないように感じました。

 最近のホームページは、相談料無料とか、着手金を無料とかを強調する事務所が増えております。確かに、田舎弁護士の事務所でも、そのような問合せが増えております。従って、相談料無料、着手金無料等で対応すれば、相談は増えるでしょう。。。

 他方で、弁護士は、公務員ではなく、顧客からの弁護士費用にて事務所の経営を成立させています。また、交通事故事案において、調査や書面の起案は弁護士自身が行う必要があります。

 相談料無料等で、その部分、相談時間が増えますが、これは、反面、他の依頼事件への時間の確保を困難にする事情ともなります。また、オーバーワーク的に依頼を受けると、執務時間の確保が困難となります。

 従って、田舎弁護士の事務所では、相談料無料、着手金無料というスタイルで相談にこられる方は、遠慮していただいております。

 Kimg6499
 さて、今回の事案は、原付自転車で走行中に被告大型貨物車に衝突され、頭部外傷Ⅲ型、外傷性くも膜下出血、右下腿骨骨折等の傷害を負い、自賠責3級3号高次脳機能障害、同10級11号右下肢機能障害、同12級7号右膝関節機能障害等の併合2級認定の後遺傷害を残す46歳兼業主婦の原告の事案です。

 なお、労災は、高次脳機能障害について、5級の認定にとどまっているようです。

 裁判所は、

 原告は、身の回りの動作については、食事、更衣、排尿、排便は自立しており、入浴、車椅子操作はときどき介助、見守り、声かけが必要とされ、屋内歩行、屋外歩行はてつなぎ等であり、階段昇降はほとんどできない、公共交通機関の利用はできないなどとされたが、

 現在は、原告の夫、娘及び実母が見守る中、自宅で生活をしている、食事は家族が準備をすれば自ら取ることができ、排泄は1人で可能である、ただし、身体的な障害があることから、転倒のおそれが大きく、室内移動や入浴の際には、家族が見守っている等から、

 原告の症状からすれば、神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、特に軽易な労務以外の労務に服することができないものというべきであって、別表第二の5級2号に該当すると5級2号高次脳機能障害を認め、併合4級後遺障害を認定しました。

 Kimg6520 

 やはり、控訴中のようです。提訴の段階では、医療カルテまで取り付けて検討していることは少ないので、裁判になると怖いですね。ただ、本件は労災の認定が5級なので、そこで何か違和感を感じるべきだったんでしょうか。。。。

« 【高次脳機能障害】 当事務所が関与した松山地裁今治支部平成30年3月22日判決が、自動車保険ジャーナルNo2029号(1月10日号)で紹介されました。 | トップページ | 【弁護士費用特約】 弁護士費用特約を付けていたとしても、安心できない!? »

【自賠責等級より下がった裁判例】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 【高次脳機能障害】 当事務所が関与した松山地裁今治支部平成30年3月22日判決が、自動車保険ジャーナルNo2029号(1月10日号)で紹介されました。 | トップページ | 【弁護士費用特約】 弁護士費用特約を付けていたとしても、安心できない!? »