<(_ _)>

  • 弁護士ドットコム|無料法律相談・弁護士/法律事務所検索ポータル

最近の記事

書籍紹介(交通事故)

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

« 【書籍】 交通事故事件対応のための保険の基本と実務 | トップページ | 【頸髄損傷】 追突され自賠責14級9号認定の49歳男子の中心性脊髄損傷を認め、9級10号後遺障害を認定しました 名古屋地裁平成30年4月18日判決 »

2018年12月 3日 (月)

【高次脳機能障害】 8歳男子の高次脳機能障害の程度は、深刻なものと自賠責同様2級1号認定し、将来介護費用を日額9000円で認めた事例

 自保ジャーナルNO2025号で紹介された東京地裁平成30年3月29日判決です。

 Kimg5537
               (今治・事務所付近)

 平成26年3月15日、片側1車線道路を自転車に搭乗して横断中、被告運転の軽貨物車に衝突され、外傷性脳損傷等の傷害を負い、自賠責2級1号認定の高次脳機能障害等を残す8歳男子小学生の原告について、

 ①本件事故後、原告は通学するのに原告母や通常学級介添員の付き添いを要していること

 ②平成27年7月に実施されたWISC-Ⅳは全検査IQ52というレベルであり、平成28年6月頃に至っても、全般的な認知障害(記憶・記銘力障害、集中力障害、遂行機能障害等)が残り、とりわけ記憶・記銘力障害は顕著で、そのため学習内容が進むにつれて学校の成績は低下する傾向にあり、中学校では特別支援学級に通学することが検討されており、主治医の所見でも、「記憶力・記銘力障害のために、知的活動は大きく阻害され、学習場面では配慮を要する。」、「危険予知などの判断力も低下し、多くの場面で声かけ~介助を要する」とされていること、

 ③平成27年8月12日時点で、感情易変、不機嫌、幼稚、羞恥心の低下等の人格変化がみられており、医療記録によっても、その後のこれらの人格変化が改善したとはうかがわれないこと、

 ④社会生活適応能力についても、友達の名前を忘れたり脈絡のない話をしたりするために友達とのコミュニケーションをとれないような状況にあることから、

 原告に残存する高次脳機能障害の程度は深刻なものである。

 これに加えて、身体的な機能障害もある程度残存することを併せ考慮すると、原告の本件事故による後遺障害は、「神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、随時介護を要するもの」として、別表第一第2級1号に該当すると、自賠責同様2級1号後遺障害を認定しました。

 Kimg5464
                (今治・大島)

« 【書籍】 交通事故事件対応のための保険の基本と実務 | トップページ | 【頸髄損傷】 追突され自賠責14級9号認定の49歳男子の中心性脊髄損傷を認め、9級10号後遺障害を認定しました 名古屋地裁平成30年4月18日判決 »

【高次脳機能障害】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 【書籍】 交通事故事件対応のための保険の基本と実務 | トップページ | 【頸髄損傷】 追突され自賠責14級9号認定の49歳男子の中心性脊髄損傷を認め、9級10号後遺障害を認定しました 名古屋地裁平成30年4月18日判決 »