<(_ _)>

  • 弁護士ドットコム|無料法律相談・弁護士/法律事務所検索ポータル

書籍紹介(交通事故)

無料ブログはココログ

« 【高次脳機能障害】 8歳男子の高次脳機能障害の程度は、深刻なものと自賠責同様2級1号認定し、将来介護費用を日額9000円で認めた事例 | トップページ | 【日本損害保険協会】 歯科医療の基礎知識 »

2018年12月 4日 (火)

【頸髄損傷】 追突され自賠責14級9号認定の49歳男子の中心性脊髄損傷を認め、9級10号後遺障害を認定しました 名古屋地裁平成30年4月18日判決

 自保ジャーナルNo2026号で紹介された名古屋地裁平成30年4月18日判決です。

 Kimg5864

 自賠責は、頚椎捻挫等で14級9号後遺障害認定でしたが、中心性脊髄損傷により7級4号後遺障害を残したとして主張された事案です。

 原告は、C整形外科を受診した平成25年3月30日には、右手指の巧微性にかかる症状を訴えていたものと、そして、10秒テストの結果では右に異常のあったことを認めることができる

 そして、原告の右手指の症状は、それ以降も続いており、平成28年3月頃に右母指用の装具が、同年6月頃に右中指用の装具が作成され、その使用は現在まで続いている

 原告の頚椎(C6-7)のMRI画像には輝度変化が認められることは欠く意見書ともこれを認めるところである

 ここで認められる脊髄空洞症の原因についてであるが、D医師が指摘するように、外傷性ではない脊髄空洞症の場合は、基礎疾患に伴う合併症として発症することが多いところ、原告にはそのような基礎疾患は認められず、また、突発性の脊髄空洞症は極めてまれな症例とされている

 そのうえ、E医師・G医師の意見書において、原告の脊髄空洞症が突発性のものであるとする重要な根拠の1つは、原告の右手指の症状や四肢のしびれに関する症状が本件事故からある程度期間をおいて発現した点にあるが、この前提を採用できない・・・・原告の脊髄空洞症はD医師が意見を述べる様に外傷性のものと認めるとして、原告は、本件事故により中心性脊髄損傷、頚部捻挫、胸椎捻挫、右前腕挫傷等の傷害を負ったと認定されました。

 Kimg5841

« 【高次脳機能障害】 8歳男子の高次脳機能障害の程度は、深刻なものと自賠責同様2級1号認定し、将来介護費用を日額9000円で認めた事例 | トップページ | 【日本損害保険協会】 歯科医療の基礎知識 »

【頸髄損傷】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 【高次脳機能障害】 8歳男子の高次脳機能障害の程度は、深刻なものと自賠責同様2級1号認定し、将来介護費用を日額9000円で認めた事例 | トップページ | 【日本損害保険協会】 歯科医療の基礎知識 »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30