<(_ _)>

  • 弁護士ドットコム|無料法律相談・弁護士/法律事務所検索ポータル

書籍紹介(交通事故)

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

« 【解決実績】  相談者からの感謝の言葉 | トップページ | 【その他】 自賠責保険会社と闘う!? »

2018年11月 1日 (木)

【過失割合】 被害者(歩行者)に15%の過失相殺をしてきながら、加害者(四輪車)の請求を認めなかった事案

 交通事故民事裁判例集第50巻第5号で紹介された神戸地裁平成29年9月29日判決です。

 Kimg2455
                  (福山城)

 信号機により交通整理の行われていない十字路交差点に直進進入しようとした加害者(普通乗用自動車)が、左方から交差点を横断しようとした被害者(男・89歳)に衝突した事故につき、

 被害者には自らの人身損害に関して左右の安全確認義務違反により過失相殺15%が認められたが、

 これをもって加害車に生じた損害の賠償責任を負う前提としての注意義務違反があったとみることは疑問とし、

 加害車運転者は歩行者(被害者)の進行を妨害してはならず、被害者は右手をあげて横断を開始しているとして、被害者に民法709条の過失を認めませんでした。

 こんな考え方もあるのですね (°°;)

« 【解決実績】  相談者からの感謝の言葉 | トップページ | 【その他】 自賠責保険会社と闘う!? »

【過失相殺】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 【解決実績】  相談者からの感謝の言葉 | トップページ | 【その他】 自賠責保険会社と闘う!? »