<(_ _)>

  • 弁護士ドットコム|無料法律相談・弁護士/法律事務所検索ポータル

書籍紹介(交通事故)

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« 【物損】  全損  | トップページ | 【頸髄損傷】 51歳男子主張の頸髄損傷は異常所見等認められず、加齢性変性による頸髄圧迫によって生じているとも証明できるから否認された事例 東京地裁平成29年7月19日判決  »

2018年9月 2日 (日)

【その他】 関節機能障害が労災で10級認定が、裁判すると12級まで等級ダウンした事案 横浜地裁平成30年1月17日判決 

 自保ジャーナルNo2020号で紹介された横浜地裁平成30年1月17日判決です。

 Kimg4906
                  (京都駅)

 自転車で走行中に被告自転車に衝突され、左膝動揺関節から労災10級関節機能障害、左眼上瘢痕から同12級外貌醜状の併合9級後遺障害を受ける21歳男子会社員の原告の事案につき、

 原告の左膝関節動揺の障害が時々硬性補装具を必要とするものに当たることについては、調査復命書にその旨の記載があり、原告本人もその旨を供述するものの、硬性補装具の具体的な使用状況は明らかではない一方、診断書では、原告の労働に必要なのは軟性の装具とされ、また、現に、原告が軟性の補装具を着用した状態で、硬式の社会人野球の試合にピッチャーとして登板するなど、膝への高い負荷が想定される運動を行っていた事実があることに照らせば、前記労災認定の事実を踏まえても、困難というほかない

 として、労災認定の10級に疑問を呈した上で、

 原告の左膝関節動揺の障害は、重激な労働以外には硬性補装具を必要としないものにとどまり、後遺障害等級12級に準ずる関節の機能障害に当たるものと認めるのが相当である

 として、10級から、12級に後遺障害の等級がダウンしました。

 Kimg4961

 労災の等級がダウンするケースって散見します💦



« 【物損】  全損  | トップページ | 【頸髄損傷】 51歳男子主張の頸髄損傷は異常所見等認められず、加齢性変性による頸髄圧迫によって生じているとも証明できるから否認された事例 東京地裁平成29年7月19日判決  »

【その他】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 【物損】  全損  | トップページ | 【頸髄損傷】 51歳男子主張の頸髄損傷は異常所見等認められず、加齢性変性による頸髄圧迫によって生じているとも証明できるから否認された事例 東京地裁平成29年7月19日判決  »