<(_ _)>

  • 弁護士ドットコム|無料法律相談・弁護士/法律事務所検索ポータル

書籍紹介(交通事故)

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« 【頸髄損傷】 51歳男子主張の頸髄損傷は異常所見等認められず、加齢性変性による頸髄圧迫によって生じているとも証明できるから否認された事例 東京地裁平成29年7月19日判決  | トップページ | 【醜状痕】  考え方についての文献 »

2018年9月13日 (木)

【休業損害・逸失利益】 タクシー乗務員の後遺障害(右下腿内側部の傷痕14級5号、左鎖骨の変形障害12級5号、併合12級該当)

 ぎょうせいの交通事故民事裁判例集第50巻第4号で紹介された大阪地裁平成29年7月7日判決です。

 Kimg4907
 右下腿内側部の創痕で14級5号、左鎖骨の変形障害で12級5号、併合12級該当という事案です。

 この場合の逸失利益ですが、被害者側としては、平均余命の半分の7,74年間、14%(12級相当)の労働能力を喪失したとして逸失利益を請求しております。

 被害者としては、ありうる請求の内容です。

 ただ、傷痕で14級は通常は労働能力に関係しないですね。また、鎖骨の変形障害も、同様な指摘がされています。ただ、疼痛が残っている場合には、労働能力喪失率5%で労働能力喪失期間は5年程かなと、加害者サイトでは考えてしまいますね。

 判決は、労働能力喪失率については、やはり5%、他方で、労働能力喪失期間については、7年程を認定してくれたようです。

 このあたりの感覚は、少し経験を経ないとわからないと思います。

« 【頸髄損傷】 51歳男子主張の頸髄損傷は異常所見等認められず、加齢性変性による頸髄圧迫によって生じているとも証明できるから否認された事例 東京地裁平成29年7月19日判決  | トップページ | 【醜状痕】  考え方についての文献 »

【休業損害・逸失利益】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 【頸髄損傷】 51歳男子主張の頸髄損傷は異常所見等認められず、加齢性変性による頸髄圧迫によって生じているとも証明できるから否認された事例 東京地裁平成29年7月19日判決  | トップページ | 【醜状痕】  考え方についての文献 »