<(_ _)>

  • 弁護士ドットコム|無料法律相談・弁護士/法律事務所検索ポータル

最近の記事

書籍紹介(交通事故)

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

« 【交通事故相談センター】 自転車事故について | トップページ | 【休業損害・逸失利益】 自賠責併合14級後遺障害を残す35歳男子無職は就労意欲に乏しく、就労の蓋然性があったとは認められないと逸失利益を否認した。奈良地裁平成30年1月12日判決 »

2018年8月 4日 (土)

【交通事故相談センター】 自賠責保険高次脳機能障害報告書の着目点

 自賠責保険高次機能障害報告書が5月31日に公表されていたことから、今回は、その概要についての解説でした。

 Kimg3936
 高次脳機能障害事案については、田舎弁護士の事務所でも、相談の少なくない案件の1つです。ただ、この種の事案はどうしても金額が大きくなりがちなので、相手方損保も積極的に反論してくるというとても難しい案件の1つです。

 Kimg3931

 今回の報告における検討店は、次の3点です。

 第1は、CT/MRIの画像所見がなくても、高次脳機能障害ありとする事案があるか、あるのであれば、それを判定する手法があるか

 第2は、メインの論点ではないが、MTBIをどう評価するかを明確にする

 第3は、労災の障害認定基準と同様に程度評価をすべきなのかー画像所見のない場合も認める余地のあるような14級の高次脳機能障害というものは、どんなものなのか

 Kimg3928
 まとめとしては、平成23年報告とくらべて、あまり変化はないようです。なお、医学分野からの意見などについては、再診の情報といて参考になりそうです💦





« 【交通事故相談センター】 自転車事故について | トップページ | 【休業損害・逸失利益】 自賠責併合14級後遺障害を残す35歳男子無職は就労意欲に乏しく、就労の蓋然性があったとは認められないと逸失利益を否認した。奈良地裁平成30年1月12日判決 »

【交通事故相談センター】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 【交通事故相談センター】 自転車事故について | トップページ | 【休業損害・逸失利益】 自賠責併合14級後遺障害を残す35歳男子無職は就労意欲に乏しく、就労の蓋然性があったとは認められないと逸失利益を否認した。奈良地裁平成30年1月12日判決 »