<(_ _)>

  • 弁護士ドットコム|無料法律相談・弁護士/法律事務所検索ポータル

書籍紹介(交通事故)

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« 【高次脳機能障害】 自賠責7級認定から、裁判すると、9級に下がってしまったトホホ事例 | トップページ | 【脳脊髄液漏出症】 34歳女子の脳脊髄液減少症は起立性頭痛認められ、診断基準を満たしているとして、発症を認め、12級後遺障害への影響も否定できないと認定した事例  »

2018年8月10日 (金)

【高次脳機能障害】 自賠責2級認定が裁判すると12級13号になったというトホホ事例 

 自保ジャーナルNo2019号で紹介された東京地裁平成30年2月8日判決です。

 Kimg4095_2
 自賠責2級1号高次脳機能障害を受けた16歳男子原告の事案ですが、

 現時点において原告の高次脳機能障害及び視野障害がどの程度残存するかを正確に把握しうる的確な証拠はないが、本件行動調査報告の内容等に照らすと、少なくとも平成28年7月頃には、原告は階段の昇降を含めた自立歩行、日常生活動作、販売員との意思疎通を伴う買物等を行うのに何らの支障のない状態であったと認められ、

 原告に四肢麻痺が残存するかのような介助状況を録画した証拠は証拠提出の目的にそって原告が演技することにより作成されたものと考えざるを得ないことも併せ考慮すると、

 原告の認知能力、社会行動能力等に大きな問題があるとは考えがたいとして、

 原告の本件事故による後遺障害は、頭部外傷後の神経系統の機能又は精神の障害につき、脳挫傷痕が残存していることを考慮し、別表第2第12級13号に該当すると認めることができる。

 Kimg4085
 自賠責2級認定でありながら、高次脳機能障害を1級として請求したところ、返り討ちにあって、12級までランク大幅ダウンとなっております。

 


« 【高次脳機能障害】 自賠責7級認定から、裁判すると、9級に下がってしまったトホホ事例 | トップページ | 【脳脊髄液漏出症】 34歳女子の脳脊髄液減少症は起立性頭痛認められ、診断基準を満たしているとして、発症を認め、12級後遺障害への影響も否定できないと認定した事例  »

【高次脳機能障害】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 【高次脳機能障害】 自賠責7級認定から、裁判すると、9級に下がってしまったトホホ事例 | トップページ | 【脳脊髄液漏出症】 34歳女子の脳脊髄液減少症は起立性頭痛認められ、診断基準を満たしているとして、発症を認め、12級後遺障害への影響も否定できないと認定した事例  »