<(_ _)>

  • 弁護士ドットコム|無料法律相談・弁護士/法律事務所検索ポータル

書籍紹介(交通事故)

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

« 【醜状痕】 52歳女子の自賠責12級認定の右下腿瘢痕は、痛みを伴うとして、労働能力喪失5%で逸失利益を認定した 金沢地裁平成29年1月20日判決 | トップページ | 【交通事故相談センター】 平成30年度本部研修会に参加しました。 »

2018年7月30日 (月)

【醜状痕】 自賠責12級神経障害を否認、13級視力障害、12級外貌醜状で、併合11級が認定された事案 神戸地裁平成29年12月13日判決

 自保ジャーナルNO2017号で紹介された神戸地裁平成29年12月13日判決です。 Kimg3135
 自賠責保険では、①頭部外傷で12級13号、②視野障害で13級3号、③外貌醜状で12級14号、④併合11級だったのが、

 裁判では、①頭部外傷は、×、②視野障害で13級、③外貌醜状で12級、④併合11級となりました。

 同じ11級だから、変わりないのでは?ということになりますが、③外貌醜状は逸失利益が認められないことがほとんどなので、結局、逸失利益の金額が異なってしまうのです💦

 裁判では、頭部外傷については、他覚的な所見はあるものの、神経症状はないと判断されて、12級13号がなくなってしまったという珍しい事案です💦

 Kimg3662
 裁判すると、相当多くは金額は上がりますが、中には、示談提示の時よりも金額が小さくなることがあります。裁判にはリスクがつきものなのです。それはどうしても裁判になると、医療記録、刑事記録も精査されてしまい、その結果、認定された後遺障害認定が見直しされることもあるからです。

 田舎弁護士の場合、一般的には、金額は大きくなることが多いですが、中には、小さくなるケースもありますという説明をするようにしております。微妙な事案は、示談や紛セン申立てにより解決するようにしております。金額が小さくなっても、弁護士はその法的責任をとれませんので。。。

« 【醜状痕】 52歳女子の自賠責12級認定の右下腿瘢痕は、痛みを伴うとして、労働能力喪失5%で逸失利益を認定した 金沢地裁平成29年1月20日判決 | トップページ | 【交通事故相談センター】 平成30年度本部研修会に参加しました。 »

【醜状痕】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 【醜状痕】 52歳女子の自賠責12級認定の右下腿瘢痕は、痛みを伴うとして、労働能力喪失5%で逸失利益を認定した 金沢地裁平成29年1月20日判決 | トップページ | 【交通事故相談センター】 平成30年度本部研修会に参加しました。 »