<(_ _)>

  • 弁護士ドットコム|無料法律相談・弁護士/法律事務所検索ポータル

書籍紹介(交通事故)

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« 【遷延性意識障害】 54歳男子の平均余命を症状固定後8年と認定した事例 松山地裁西条支部平成29年3月30日判決 | トップページ | 【書籍】 交通事故事件の実務用語辞典 »

2018年4月25日 (水)

【むち打ち損傷】 追突された65歳女子の頚椎椎間板ヘルニアは事故を契機に症状が発現したとして、自賠責同様14級9号を認定した裁判例 京都地裁平成29年9月15日付判決

 自保ジャーナルNo2011で紹介された京都地裁平成29年9月15日付判決です。

 Kimg2029
 乗用車の後部座席に同乗して信号停止中、被告貨物車に追突され、頚椎椎間板ヘルニアと診断されて自賠責14級9号後遺障害認定を受ける65歳有職主婦の原告の事案につき、

 自賠責保険の後遺障害等級認定においては、頚椎椎間板ヘルニア、右肩関節捻挫に伴う頸部~右肩甲部痛、右上腕筋萎縮等の症状については、提出画像上、本件事故による骨折、脱臼等の明らかな外傷性変化は認めがたく、後遺障害診断書及びその他の診断書上、自覚症状の裏付けとなる客観的な医学的所見には乏しいことから、他覚的に神経系統の障害が証明されたものとは捉えられない。

 しかしながら、症状経過、治療経過等を勘案すれば、将来においても回復が困難と見込まれる障害と捉えられることから、「局部に神経症状を残すもの」として、別表第二第14級9号に該当すると自賠責同様14級9号後遺障害を認定しました。

 Kimg2037
 頚椎椎間板ヘルニアにつき、自賠責の後遺障害認定手続においては、画像上外傷性変化はないとされており、外傷によるものと認めるのは困難であるが、本件事故前は、原告にはしびれ等の症状はなかったのであるから、本件事故を契機として症状が発現したものと認められる。そのため、頸椎椎間板ヘルニアに対する治療も本件事故により必要な治療として認めると認定しました。

 Kimg2243
 素因減額については、原告が本件事故前にしびれ等の症状が現れておらず、頸椎椎間板ヘルニアと診断されたこともその治療を受けていたことも認められないのであるから、本件事故前から変性があったとしても疾患には当たらない程度のものであり、さほど重いものでなかったといえる。そして、原告の年齢及び上記治療期間も踏まえれば、損害の拡大に寄与したものと素因減額を行うことが損害の公平な分担の見地から相当であるとは認められないと否認しました。

 Kimg2112







« 【遷延性意識障害】 54歳男子の平均余命を症状固定後8年と認定した事例 松山地裁西条支部平成29年3月30日判決 | トップページ | 【書籍】 交通事故事件の実務用語辞典 »

【むち打ち損傷】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 【遷延性意識障害】 54歳男子の平均余命を症状固定後8年と認定した事例 松山地裁西条支部平成29年3月30日判決 | トップページ | 【書籍】 交通事故事件の実務用語辞典 »