<(_ _)>

  • 弁護士ドットコム|無料法律相談・弁護士/法律事務所検索ポータル

書籍紹介(交通事故)

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« 【施術費】  施術費の不正請求 !? | トップページ | 【むち打ち損傷】 症状固定時35歳男子10級主張の複視は素因による疾病、14級主張のヘルニアによる右顔面部しびれ等は加齢現象によるものとして後遺障害の残存を否認した事案 名古屋地裁平成29年9月15日判決 »

2018年3月24日 (土)

【休業損害・逸失利益】 主夫休業損害 賃金センサス6割 横浜地裁平成29年9月28日付判決

 自保ジャーナルNo2010号で紹介された「主夫」休業損害の裁判例です。横浜地裁平成29年9月28日付判決です。

 被害者(後遺障害非該当。異議申し立てもしている。)は、主夫休業損害として、約470万円を請求しておりますが、裁判所が認めたのは、わずか8万6000円程度です。

 Kimg1858_2
 なかなか厳しい判決ですね。。。。控訴しております。

 裁判所は、

 ① 原告が無職であったことや同居家族の状況からすれば、本件事故の当時、原告が母及び妹のために家事、母の生活介助等を行っていたことは推認されるが、

 ② 原告の供述によっても、母も食事の後片付け等一定の家事を行っていたことがうかがわれるのであって、原告が通常の主婦業と同等の負担と負っていたとは考えにくいこと、

 また、本件事故による症状が受傷8日後に医師により一旦治療終了とされる程度の比較的軽度の症状であり、その後1箇月以上通院がないことからすれば、家事についても、本件事故直後に限定的な支障があったにすぎないとして、

 基礎収入を平成21年女性全年齢平均賃金の6割、休業期間を1ケ月、平均休業率を5割として、休業損害が算定されています。

 自賠責非該当事案でありながら、14級相当の後遺障害が生じたとして約1100万円程度の請求をされていますが、裁判所はわずか50万円程度を認めたにすぎません。

 かりに、「主夫」が認められたとしても、本人が希望されるような金額を獲得するのは、なかなか難しいということなのかもしれません💦

 主夫については、2月7日のブログも参考にしてください。

« 【施術費】  施術費の不正請求 !? | トップページ | 【むち打ち損傷】 症状固定時35歳男子10級主張の複視は素因による疾病、14級主張のヘルニアによる右顔面部しびれ等は加齢現象によるものとして後遺障害の残存を否認した事案 名古屋地裁平成29年9月15日判決 »

【休業損害・逸失利益】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 【施術費】  施術費の不正請求 !? | トップページ | 【むち打ち損傷】 症状固定時35歳男子10級主張の複視は素因による疾病、14級主張のヘルニアによる右顔面部しびれ等は加齢現象によるものとして後遺障害の残存を否認した事案 名古屋地裁平成29年9月15日判決 »