<(_ _)>

  • 弁護士ドットコム|無料法律相談・弁護士/法律事務所検索ポータル

書籍紹介(交通事故)

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

« 【遷延性意識障害】 1級遷延性意識障害を残す若年性認知症に罹患する54歳男子会社員の将来介護期間を8年、逸失利益算定の労働能力喪失期間を3年と認定した事案 松山地裁西条支部平成29年3月30日判決 | トップページ | 【MTBI】 2級高次脳機能障害否認して7級後遺障害が認定された事案(労災は2級認定) »

2017年12月31日 (日)

【頸髄損傷】  68歳男子の8級主張の中心性頸髄損傷は画像上の所見があることをもって頸椎への衝撃の強さを図ることは困難として、自賠責同様14級認定した事案 京都地裁平成29年4月26日判決

 自保ジャーナルNo2004で紹介された京都地裁平成29年4月26日判決です。

 病院敷地内で乗用車を運転、駐車場入庫待ち中、ブレーキ操作ミスの被告乗用車に衝突され、中心性頸髄損傷等から8級2号脊柱運動障害を残したと主張する68歳男子原告の事案につき、

 「頸髄中心性損傷は、頸椎の過屈曲、過伸展した際や、高所からの転落や転倒をして頸髄が激しく揺すられる状態、いわゆる頸髄振盪で起こる、

 病態としては、脊髄の断面で中心部近くに出血を起こしていたり、浮腫を起こしていたりして神経症状を呈する、

 症状の多くは四肢の自発痛や比較的強いしびれ感であるとされているところ、

 原告については、頸髄MRI画像上、C5/6レベルでの頸髄中心性損傷と考えられる高信号領域があることが認められるが、

 本件事故直後に受診したB病院では、首と腰の痛みを訴えるのみで、歩行もスムーズであったこと、

 その後の受診時においても、右頸部痛や右太腿から下腿外側部痛を訴えるようになったが、手指神経脱落症状等はなく、特段神経学的異常所見が見られないまま、B病院においては、頸椎捻挫と診断されていたことが認められるとし、

 原告には、頸髄中心性損傷に基づく症状は発症していないと認められる。

 そのため、MRI画像上、頸髄中心性損傷と考えられる高信号領域があるとしても、原告には同損傷に基づく症状が発症していないのであるから、単に画像上の所見があることをもって、頸椎への衝撃の強さを図ることは困難であると、頸髄中心性損傷を否認し、自賠責同様14級9号後遺障害を認定した。

 Kimg0042

« 【遷延性意識障害】 1級遷延性意識障害を残す若年性認知症に罹患する54歳男子会社員の将来介護期間を8年、逸失利益算定の労働能力喪失期間を3年と認定した事案 松山地裁西条支部平成29年3月30日判決 | トップページ | 【MTBI】 2級高次脳機能障害否認して7級後遺障害が認定された事案(労災は2級認定) »

【頸髄損傷】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 【遷延性意識障害】 1級遷延性意識障害を残す若年性認知症に罹患する54歳男子会社員の将来介護期間を8年、逸失利益算定の労働能力喪失期間を3年と認定した事案 松山地裁西条支部平成29年3月30日判決 | トップページ | 【MTBI】 2級高次脳機能障害否認して7級後遺障害が認定された事案(労災は2級認定) »