<(_ _)>

  • 弁護士ドットコム|無料法律相談・弁護士/法律事務所検索ポータル

書籍紹介(交通事故)

無料ブログはココログ

« 【日本賠償科学会】 元日本賠償科学会理事長の杉田雅彦先生からお手紙をいただきました。 | トップページ | 【その他】 労災保険金支給による保険料増額分の負担は事業主の業務としてX会社の損害とは認められないと請求を棄却しました  »

2017年6月29日 (木)

【休業損害・逸失利益】 1つの腎臓の機能喪失(13級11号)の後遺障害を負った女児の逸失利益

 交通事故民事裁判例集第49巻第3号で紹介された平成28年5月31日付横浜地裁川崎支部判決です。

 ① 後遺障害等級及びその労働能力喪失率は、有力な証拠資料としてそれに見合った逸失利益があることを事実上推定させ、ことに逸失利益の認定に係る考慮要素が極めて限定される幼児ないし年少者の場合、その事実上の推定力は相対的に増すこととなり、これに反する特段の事情の主張立証のない限り、その立証がされたものと解するのが相当である

 ② 1つの腎臓の機能喪失(13級11号該当)の後遺障害を負った女児(症状固定時3歳)につき、残存する右腎臓でも生体活動を維持していく上での機能はあり、食事制限・運動制限は不要とされていても、残存する腎臓にできるだけ負担をかけない生活上の不利益を受け、或いは、就労上の配慮を要することになることが充分に予想されるとして、男女を含む全労働者の全年齢平均賃金を基礎に18歳から67歳まで労働能力を9%喪失すると認めライプニッツ方式により逸失利益を算定した事例

 Kimg7120

« 【日本賠償科学会】 元日本賠償科学会理事長の杉田雅彦先生からお手紙をいただきました。 | トップページ | 【その他】 労災保険金支給による保険料増額分の負担は事業主の業務としてX会社の損害とは認められないと請求を棄却しました  »

【休業損害・逸失利益】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 【日本賠償科学会】 元日本賠償科学会理事長の杉田雅彦先生からお手紙をいただきました。 | トップページ | 【その他】 労災保険金支給による保険料増額分の負担は事業主の業務としてX会社の損害とは認められないと請求を棄却しました  »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31