<(_ _)>

  • 弁護士ドットコム|無料法律相談・弁護士/法律事務所検索ポータル

書籍紹介(交通事故)

無料ブログはココログ

« 【書籍】 プラクティス交通事故訴訟(青林書院) | トップページ | 【その他】 既存障害と現症が「同一部位」か否かが争われた事例 東京高裁平成28年1月20日判決 »

2017年5月21日 (日)

【高次脳機能障害】 乗用車運転中に追突された65歳男子の9級主張高次脳機能障害を否認し、非器質性精神障害として14級認定した 大阪地裁平成28年10月24日判決

 自保ジャーナルNo1989号で紹介された大阪地裁平成28年10月24日判決です。

 X会社役員の65歳男子Vは、同代表者の39歳男子Xが同乗する乗用車を運転中、Y大型貨物車に追突され、9級12号高次脳機能障害等の併合8級後遺障害を残したとする事案につき、

 Vは、本件事故直後にB脳神経外科を受診した際に、頭部について症状を訴えておらず、その後、本件事故以前の記憶の喪失を訴え、頭部MRI検査及び脳波検査が行われたが、異常所見が認められず、脳震盪と診断されるにとどまったこと、

 Eクリニックで高次脳機能障害が疑われ、F大学病院に紹介された後も、Gクリニックで行われた頭部MRI検査でも、軽度の脳虚血性変化があるのみで、梗塞、出血、腫瘍その他の外傷性変化は認められず、F大学病院で行われたMMSE、WMS-R及び脳波検査はいずれも正常範囲内であり、脳血流SPECT検査で部分的な血流低下の疑いがあったという程度にとどまったこと、

 本件事故後、意識障害があったとしても、極めて短時間であり、継続しなかったことなどに鑑みると、

 Vが、本件事故によって脳外傷を負い、その結果、高次脳機能障害を生じたものと認めることはできないと高次脳機能障害を否認し、

 Vの本件事故時の年齢が65歳であったものの、本件事故後、多少は仕事を行っていたことなどを考慮すると、Vの症状は、本件事故による非器質性精神障害によるものと認められ、局部に神経症状を残すものとして、後遺障害等級14級9号に該当すると評価するのが相当であると、14級9号後遺障害を認定しました。

 Kimg6585

« 【書籍】 プラクティス交通事故訴訟(青林書院) | トップページ | 【その他】 既存障害と現症が「同一部位」か否かが争われた事例 東京高裁平成28年1月20日判決 »

【高次脳機能障害】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 【書籍】 プラクティス交通事故訴訟(青林書院) | トップページ | 【その他】 既存障害と現症が「同一部位」か否かが争われた事例 東京高裁平成28年1月20日判決 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事