<(_ _)>

  • 弁護士ドットコム|無料法律相談・弁護士/法律事務所検索ポータル

最近の記事

書籍紹介(交通事故)

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

« 【むち打ち損傷】 約2年10ヶ月前の事故での14級症状は消失していたとして自動二輪車運転停止中の本件追突により、14級後遺障害を認定し、40%の素因減額を適用した 神戸地裁平成28年10月12日判決 | トップページ | 【書籍】 補訂版 交通事故事件処理マニュアル »

2017年5月31日 (水)

【その他】 既存障害と現症が「同一部位」か否かが争われた事例 東京高裁平成28年1月20日判決  No2

 解説は以下のとおりです。

 自賠責保険の実務において、

 「神経系統の機能と精神の障害」に関しては、

 従前、原則としては中枢神経と抹消神経全体が「同一の系列」であることから、「同一の部位」であると取扱い

 例外的に、既存障害及び現症のいずれもが「局部」の神経症状である場合には、神経症状の発症部位によつては別部位として認定する(例えば、既存障害「頸部痛」と現症「右肩痛」とは「同一部位」にはあたらない)という取扱いがなされていた。

 これを前提とするならば、既存障害が中枢神経の障害である場合(9級以上)には

 現症が中枢神経の障害でも、局部の神経症状でも、自賠法施行令2条2項にいう「同一部位」にあたるので、既存障害の程度を加重している場合でない限り(上級等級に該当しない限り)、加重障害とはならないことになる。

 ところが、本判決は、既存障害が両下肢麻痺(別表第1・1級1号)で、現症が頸椎捻挫後の両上肢痛等(14級9号)の場合は、両者が同一の部位にあたらないという結論になりました。

 自賠責保険の基準では難しくても、裁判所はこれにとらわれずに、被害の実態をとらえて評価することもありえるので、このような事案においては提訴して解決というのも、1つの方法かもしれません。

 Kimg6496

« 【むち打ち損傷】 約2年10ヶ月前の事故での14級症状は消失していたとして自動二輪車運転停止中の本件追突により、14級後遺障害を認定し、40%の素因減額を適用した 神戸地裁平成28年10月12日判決 | トップページ | 【書籍】 補訂版 交通事故事件処理マニュアル »

【その他】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 【むち打ち損傷】 約2年10ヶ月前の事故での14級症状は消失していたとして自動二輪車運転停止中の本件追突により、14級後遺障害を認定し、40%の素因減額を適用した 神戸地裁平成28年10月12日判決 | トップページ | 【書籍】 補訂版 交通事故事件処理マニュアル »