<(_ _)>

  • 弁護士ドットコム|無料法律相談・弁護士/法律事務所検索ポータル

書籍紹介(交通事故)

無料ブログはココログ

« 【解決実績】 当初提案約89万円から、約195万円(自賠責保険金は含まず)で解決! | トップページ | 【その他】 加害者自己破産による原告の甲損保に対する直接請求で甲損保は査定決定額を支払う義務を負わないとした事例 名古屋地裁平成28年7月27日判決 »

2017年3月 1日 (水)

【素因減額】 約6年前の事故でヘルニアを有していた59歳主婦に14級認定し、4割の素因減額を適用した裁判例 横浜地裁平成28年7月15日判決

 自保ジャーナルNo1984号で紹介された裁判例です。

 まず、後遺障害認定について、原告は、本件事故により腰椎捻挫のほか、不安障害及び不眠症等を発症したが、最終的には腰椎捻挫が残存したものであり、損害保険料率算出機構によって、腰椎捻挫について障害等級14級9号の認定されたことを考慮すると、原告には、本件事故による腰椎捻挫について、同14級9号の後遺障害が残ったと認めるのが相当である。

 他方で、原告には平成18年当時からすでにヘルニアによる腰椎があり、平成19年の前件事故により再発したこと、前件事故時も椎間板の膨張、左椎間孔の狭小化が存在したことからすると、本件事故により腰椎捻挫を発症したのは、原告のこれらの器質的素因による影響を否定できないのであり、認定のとおり腰椎捻挫の受傷機転が極軽微であるにもかかわらず、本件事故により腰椎捻挫の後遺障害が残存したことを考慮すると、原告の身体的素因が腰椎捻挫に及ぼした影響は、少なくとも4割をくだらないと、4割の素因減額を適用しました。

Kimg4366

« 【解決実績】 当初提案約89万円から、約195万円(自賠責保険金は含まず)で解決! | トップページ | 【その他】 加害者自己破産による原告の甲損保に対する直接請求で甲損保は査定決定額を支払う義務を負わないとした事例 名古屋地裁平成28年7月27日判決 »

【素因減額】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 【解決実績】 当初提案約89万円から、約195万円(自賠責保険金は含まず)で解決! | トップページ | 【その他】 加害者自己破産による原告の甲損保に対する直接請求で甲損保は査定決定額を支払う義務を負わないとした事例 名古屋地裁平成28年7月27日判決 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近の記事