<(_ _)>

  • 弁護士ドットコム|無料法律相談・弁護士/法律事務所検索ポータル

書籍紹介(交通事故)

無料ブログはココログ

« 【日本交通法学会】 「損害賠償の調整」 交通法研究第44号 | トップページ | 【日本損害保険協会】  医療セミナー 高次脳機能障害~新しい診断基準としてのDSM-5と新しい画像所見 »

2017年1月22日 (日)

【日本損害保険協会】  医療セミナー 高次脳機能障害~新しい診断基準としてのDSM-5と新しい画像所見

 先日、池坊東京会館で開催された損保協会の医療セミナーに参加してきました。

 Kimg4707

 テーマは、高次脳機能障害 -新しい診断基準としてのDSM-5と新しい画像所見ー ということでした。

 今回の医療セミナーの講師は、交通賠償で知らない人はいないと言われる吉本智信医師です。

 PET、SPECT、MRIのテンソル画像といった新しい画像解析方法を用いて、脳の器質的損傷が確認された高次脳機能障害を発症したと主張する事案が最近増えているようです。

 今回のテーマはこのような主張が適切であるかどうかということでした。

 

« 【日本交通法学会】 「損害賠償の調整」 交通法研究第44号 | トップページ | 【日本損害保険協会】  医療セミナー 高次脳機能障害~新しい診断基準としてのDSM-5と新しい画像所見 »

【日本損害保険協会】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 【日本交通法学会】 「損害賠償の調整」 交通法研究第44号 | トップページ | 【日本損害保険協会】  医療セミナー 高次脳機能障害~新しい診断基準としてのDSM-5と新しい画像所見 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事