<(_ _)>

  • 弁護士ドットコム|無料法律相談・弁護士/法律事務所検索ポータル

書籍紹介(交通事故)

無料ブログはココログ

« 【日本損害保険協会】 脊椎・脊髄の基礎知識 | トップページ | 【解決実績】 当初提案約85万円を、約190万円で解決 »

2016年10月24日 (月)

【日本損害保険協会】 医療セミナー 脊椎・脊髄の基礎知識

 昨日の続きです。

 第3部は、脊椎・脊髄によくある疾患 です。

 Kimg3732
  椎間板変性、頸椎椎間板ヘルニア、頚椎症、後縦靭帯骨化症、黄色靭帯骨化症、腰椎椎間板ヘルニア、脊椎分離症、脊椎すべり症、変性すべり症、分離すべり症、MIST、腰部脊柱管狭窄症、脊髄腫瘍、神経鞘腫、関節リュウマチ、転移性脊椎腫瘍、化膿性脊椎炎、脊椎カリエス、炎症性病変診断の注意点、特発性硬膜外血腫、側弯症の概要について学びました。

 Kimg3738_2
 講義終了後に、質問タイムが設けられましたが、田舎弁護士ですので、恥もかきすてということで、2つばかり質問をさせていただきました。

 なお、腰椎椎間板ヘルニアについては、2年前に田舎弁護士も入院したことから少し本格的に勉強しております。

 内視鏡下ヘルニア切除術についても紹介されています。

 低侵襲手術で、皮膚切開約2センチ程度です。

 腔のないところに腔を作成して、椎間板、神経など標的組織に近接した視野が得られるところに特徴があります。

 なお、近時、新しい腰部椎間板ヘルニアの治療法として、科学的髄核溶解術が発表され、治験が終了し、2017年ごろ認可されることになっております。医学の進歩は素晴らしいものです。

 

« 【日本損害保険協会】 脊椎・脊髄の基礎知識 | トップページ | 【解決実績】 当初提案約85万円を、約190万円で解決 »

【日本損害保険協会】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 【日本損害保険協会】 脊椎・脊髄の基礎知識 | トップページ | 【解決実績】 当初提案約85万円を、約190万円で解決 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事