<(_ _)>

  • 弁護士ドットコム|無料法律相談・弁護士/法律事務所検索ポータル

書籍紹介(交通事故)

無料ブログはココログ

« 【解決実績】 当初提案8万円を、約15万円で解決   | トップページ | 【MTBI】 追突された55歳男子は事故直後の意識障害もなく診断基準に該当しないと軽度外傷性脳損傷による高次脳機能障害を否認し、頸椎捻挫等の14級後遺障害と認定した事例 さいたま地裁熊谷支部平成28年3月14日判決 »

2016年10月 6日 (木)

田舎弁護士が中大広報で紹介されました。

田舎弁護士が、中央大学の広報 で紹介されました。

 少し紹介します。

 

         田舎弁護士として、生きる

            寄井 真二郎さん/しまなみ法律事務所 所長

平成21年に新築した事務所

 昭和42年にタオルと造船を地場産業とする愛媛県今治市(県庁所在地を除けば四国で最大の都市)で生まれ、中央大学に進学することで地元を離れたものの、平成8年に司法試験に合格した後、平成11年から地元今治にて弁護士業を営むことになった。

 同年即独に近い形で開業し、現在、「弁護士法人しまなみ法律事務所」の代表として地元今治に密着している。

田舎弁護士の誕生

糸山(今治市内側)から臨む来島海峡大橋

 平成11年と言えば、しまなみ海道が全面開通した年である。その年に開業することができる、その幸運に、「当事務所がしまなみ海道の美しい橋のように、地域の法律との美しい架け橋になれたら」との想いが強まり、「しまなみ法律事務所」と命名することにした。弁護士の名前を冠する事務所が多い中、珍しいと覚えられることも多く、またなにより、愛媛弁護士会、今治白門会、裁判所、地域の皆様に支えられ、当初から事務所の経営を軌道にのせることに成功した。

春、桜色に染まる島からのしまなみ海道

 当時は今治支部における実働弁護士の数も4名程度(現在は16名)であり、常時5件程度の国選弁護事案、愛媛弁護士会や本学の先輩でもある髙井實先生をはじめ先輩弁護士からご相談者の紹介をいただき、初年度から赤字になることもなく、まずまず好調な滑り出しだったと思う。

 また、今治白門会に主催していただき、開業パーティーをも開催することが出来た。その際には、当時今治市長に就任したばかりの繁信順一氏に乾杯の挨拶をいただき、これがきっかけで、以降、様々な行政委員等今治市関連の業務にも携わらせてもらえることとなった。

 縁が仕事をつくる、今治で生きていくとはそういうことなのだ、と先輩諸氏に身をもって教えていただいた、と今更ながら思い知らされる。

縁は待っていても寄ってこない

 縁とは、自分で引き寄せるものである。 以下略。

 頑張ります。

« 【解決実績】 当初提案8万円を、約15万円で解決   | トップページ | 【MTBI】 追突された55歳男子は事故直後の意識障害もなく診断基準に該当しないと軽度外傷性脳損傷による高次脳機能障害を否認し、頸椎捻挫等の14級後遺障害と認定した事例 さいたま地裁熊谷支部平成28年3月14日判決 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 【解決実績】 当初提案8万円を、約15万円で解決   | トップページ | 【MTBI】 追突された55歳男子は事故直後の意識障害もなく診断基準に該当しないと軽度外傷性脳損傷による高次脳機能障害を否認し、頸椎捻挫等の14級後遺障害と認定した事例 さいたま地裁熊谷支部平成28年3月14日判決 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31