<(_ _)>

  • 弁護士ドットコム|無料法律相談・弁護士/法律事務所検索ポータル

書籍紹介(交通事故)

無料ブログはココログ

« 【日本損害保険協会】 医療セミナー 精神疾患の基礎知識 No2 | トップページ | 【むち打ち損傷】  TV まつあつ で紹介されました (^^♪ »

2016年10月30日 (日)

【日本損害保険協会】 医療セミナー 精神疾患の基礎知識 No3

 続きです。

 ICD-10ですが、

 まず、「精神および行動の障害」は、Fに分類されています。

 そして、Fは、さらに、10項目に分類されており、

 気分(感情)障害は、F30~F39に、

 神経症性障害、ストレス関連障害及び身体表現性障害は、F40~F48に分類されています。

 ICD-10の分類について、簡単な説明がなされ、また、病名に応じた裁判例等が紹介されました。

 最後に、症状が遷延しているときに医療照会の相談を受けることからのアドバイスとして、

 本当に症状があるのか?という問いに対しては、主観至上主義、ヒポクラテスバイアス → 診断根拠の再確認

 症状固定?という問いに対しては、医学概念にはなく → 具体的に確認

 素因競合?という問いに対しては、医学概念に「競合」はなく、→ 素因の関与ならある

 なぜよくならないか?については、疾病利得 だが、メリット>デメリット?

 などについての言及がありました。

 Kimg3768

« 【日本損害保険協会】 医療セミナー 精神疾患の基礎知識 No2 | トップページ | 【むち打ち損傷】  TV まつあつ で紹介されました (^^♪ »

【日本損害保険協会】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 【日本損害保険協会】 医療セミナー 精神疾患の基礎知識 No2 | トップページ | 【むち打ち損傷】  TV まつあつ で紹介されました (^^♪ »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事