励みになります。クリックお願いします。<(_ _)>

  • にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

<(_ _)>

  • 弁護士ドットコム|無料法律相談・弁護士/法律事務所検索ポータル

書籍紹介(企業法務・金融)

書籍紹介(不動産・建築)

弁護士考

2019年10月 9日 (水)

田舎弁護士が、愛媛県異業種交流研究会設立35周年記念大会で、講演を担当します!

 いよいよです。本日、愛媛県異業種交流研究会設立35周年記念大会で、田舎弁護士が講演を担当させていただきます。日本食研の大沢会長のご指名ですので、ありがたくお引き受けさせていただきました。

 愛媛県異業種交流研究会の前身は元々国や愛媛県のサポートを受けて設立され、サポート期間が満了したことから、日本食研の大沢会長らが跡を引き継ぐような形で、愛媛県異業種交流研究会を立ち上げたと聞いております。そのころは、田舎弁護士も、高校生やったんやね。。。

                           記

 

 愛媛県異業種交流研究会 第2回全体会議 設立35周年記念式典 スケジュール

◆開催日時: 2019年10月9日(水) 13:30 ~ 19:30

◆開催場所:大和屋本店(松山市道後)

◆参加案内予定者 愛媛県知事 中村時広 様  愛媛県経済労働部 部長 田中 英樹 様 松山市 市長 野志 克仁 様

愛媛県異業種交流研究会OBの皆様 会員の皆様

▼スケジュール

  • 13:30~14:45  2019年度愛媛県異業種交流研究会 第2回全体会議

(開会行事・委員会・委員会報告)

  • 15:00~17:30   愛媛県異業種交流研究会 設立35周年記念式典

 

   15:00~   開会挨拶 会長 石塚 慎一郎

          来賓祝辞 愛媛県知事 中村 時広 様

 

15:20~16:20 講演(Ⅰ)

        弁護士法人 しまなみ法律事務所 寄井 真二郎 氏

        演題「明るい職場環境を目指して~パワハラ防止法施行に向けて」

 

16:30~17:30 講演(Ⅱ)

       愛媛県異業種交流研究会 初代会長(20年間)・現名誉会長

       日本食研ホールディングス㈱ 会長 大沢 一彦 氏

       演題「企業経営について」

 

 尊敬している大沢会長の前の講演となっております (゜o゜;)

 日本食研を創業して一代で売上げ1000億円を超過する大会社に育てた名経営者である大沢会長の前です。

 緊張しており、総務部長の家内と二人三脚で頑張りたいと思います(家内には、パワポの投影を手伝ってもらいます)。

 

2019年9月16日 (月)

弁護士法人しまなみ法律事務所も、10月14日の東京三弁護士会合同就職説明会に参加します。

  弁護士法人しまなみ法律事務所も、10月14日の、東京三弁護士会の合同就職説明会に参加します。

 

Kimg1880
(高松の裁判所)
 四国から、東京の合同就職説明会に参加している事務所は、ごく僅かではないかと思われます。
 地域に根差した法律事務所を共に育てていきたいと考えている方は、おいでいただければと思います。
 以前、中央ロースクールでの就職説明会に参加させていただいたときは、6人程きていただき、まあまあ繁盛していました。
 リスクの大きい都会で仕事をするよりも、自分のペースで仕事ができる地方の方がいいと田舎弁護士は思います。

 

2019年8月22日 (木)

愛媛経済同友会納涼会に家内同伴で参加しました _(_^_)_

 昨夜、ANAクラウンプラザホテル松山で開催されました愛媛経済同友会納涼会に参加しました。

  開催地の松山市長さん、副知事さんもこられて、盛況でした。田舎弁護士も、家内を連れて、知っている知人に挨拶をさせていただき、新居浜市などのブースを訪ねて、地元の産品を購入しました。家内がおやつにするようです。

 この会ですが、今治からきている方はそれほどおられないんですよね。

 また、この会では、司法書士さんとあったことはありますが、いまだに弁護士さんとあったことはありません。

 弁護士としての仕事には直結することはありませんが、どうしても弁護士の世界は同業者中心のお付き合いになりがちなので、異業種の方と知り合える貴重な機会と考えて、参加しております。

 もしかして、夫婦できているのも、田舎弁護士だけかもしれません (^O^)

 

2019年8月 8日 (木)

愛媛弁護士会住宅紛争審査会運営委員会(愛媛弁護士会館)に出席しました。

 弁護士会の活動ですが、なぜか、住宅絡みの委員会は昔から参加しており、参加していれば、なぜか、委員長、副委員長にいつもまにかならされていました。

 久しぶりに、8月5日、愛媛弁護士会館で、住宅紛争審査会運営委員会が開催されました。

 テーマは、住宅紛争審査会設置及び運営に関する規則の改正その他です。

 愛媛弁護士会の委員会活動は、たくさんあるのですが、昔から、なぜか、この委員会だけは出席していました。

 というわけで、現在は、副委員長を拝命しております。

2019年8月 1日 (木)

司法書士である原告が、成年後見等の事件の紹介及び候補者推薦、司法書士会員への監督指導などを行っている公益社団法人を被告に訴えた裁判

 判例時報2406号で東京地裁平成30年5月25日判決が紹介されていました。

 司法書士である原告が、成年後見等の事件の紹介及び候補者推薦、司法書士会員への監督指導などを行っている公益社団法人である被告に対して、①司法書士法24条に規定する秘密保持義務に反すること、②成年被後見人等のプライバシー侵害に当たることを理由として被告に対する業務報告義務がないことの確認を求めたのに対して、業務報告義務を負うとして請求を棄却した事例が紹介されていました。

 ケースの内容からすれば、原告の訴えは、無理筋なように思われます。

 とはいえ、このような団体への推薦がなければ、法律専門職である「司法書士」が、一律に、専門職として裁判所との関係で取り扱われないというのも、おかしな話です。世間からみれば、難しい試験を合格された「司法書士」は専門職でしょう。

 司法書士という資格以外の要件を職能団体が課するなんて、独占禁止法上の問題も含んでいるのではないかと思われます。

 控訴されているようなので、控訴審では独占禁止法上の問題も提起してもらいたいものです。

  

2019年7月18日 (木)

今治明徳学園理事長白川見敬先生の叙勲祝賀会に参加しました

 本日、今治国際ホテルで開催された、今治明徳学園理事長白川見敬先生の叙勲祝賀会に参加しました。

 白川先生は、2019年の春の叙勲にて、旭日小授章を授与されました。

 

 今治明徳学園の関係者、今治、愛媛県の関係者が集まり、白川先生の受勲を祝いました。

 

 田舎弁護士は、明徳学園の法律顧問をさせていただいております。

2019年7月15日 (月)

愛媛県公安委員会から、田舎弁護士が表彰されました (^O^)

 田舎弁護士は、3期、警察署協議会委員を務めされていただきました。

 弁護士委員は、これまで髙井実先生、近藤貞明先生が就任され、田舎弁護士は近藤先生の後に就任させていただきました。

 3期6年を無事つとめさせていただきました

 2期目からは副会長、3期目からは会長職を拝命しました。

 田舎弁護士自身は、刑事事件は余りしないことから、警察には余り縁がありませんでしたが、警察は、刑事だけではなく様々な分野において、県民の安全安心のために毎日頑張っていることがよくわかりました。また、市民から選ばれたものとして、協議会委員は忌憚のない意見も言わさせていただき、警察においても検討改善していただきました。

 長い間、お世話になりました。

Kimg1196_20190713162501

 後任は、八島先生が引き継がれました。市民のため、頑張って下さい。 

2019年7月14日 (日)

ネットでの口コミと法律事務所

 レストランやホテル等は、口コミでの情報も参考にしながら、店やホテルを選ぶことが多いように思います。写真や評価などを参考に、尋ねる店等を決めていくことが習慣になっている方も少なくないように思います。

 法律事務所の場合はどうでしょうか。

 まずは、口コミはあてにならないと思います。口コミを書かれる方が、実は相手方だったりということもあります。或いは、ご相談者の方でも、ご相談者が希望するないようとほど遠いアドバイスに不満を持って書き込むという方もおられます。

 例えば、交通事故の過失割合についても、一般的な基準に基づいてアドバイスを行っても、相談者の希望する過失割合の率とは程遠い場合には、不満を抱かれる方も少なくありません。そして、不満なアドバイスに相談料をとられるのですからなおさらです。

 ところが、相談を受けて満足されたような方は、わざわざ口コミに書き込むようなことはしません。

 従って、インターネットの口コミで弁護士の評価を決めるのは間違いだというべきです。

 田舎弁護士が考える優秀な弁護士は、仕事が早くて丁寧であり、また、相手方や裁判所を感心させるような説得的な書面を出して来る弁護士です。

 あまりにも忙しいようにみえる弁護士は、優秀とは言い難いことが少なくありません。早くて丁寧に対応するためにはある程度の時間が必要だからです。

 田舎弁護士も忙しいのですが、忙しい時には基本的には新規のご依頼を断っております。受注調整しないと、消化不良をきたすからです。

 仕事ぶりについては、地方では、裁判所がよく弁護士を見ています。

 司法修習生の方であれば、裁判官に教えてもらうとよいでしょう。 

 裁判所と縁のない方は、よい弁護士かどうかはなかなかわかりません。

 ただ、最近の弁護士は、SNS等で情報発信している方も少なくありません。

 そして、依頼される分野での経験値が重要ですから、例えば、どの分野でもいいのですが、依頼される分野での、判例専門誌に取り扱った裁判例が掲載されたことがあるのかきいてみて下さい。その分野に精通した弁護士であれば、当該分野の判例専門誌に取り扱った裁判例が紹介されることも少なくないからです。

 また、弁護士に事件を依頼される場合には、3件位の法律事務所に相談された方がいいでしょう。その中で、依頼される分野に精通し、且つ、二人三脚で一緒にやっていけそうな弁護士をお選び下さい。

 

2019年7月10日 (水)

 新人弁護士さん いらっしゃい (^^♪

 司法試験合格者数が1500人台になってからは、地方の法律事務所に就職する方は激減して、現在は、地方でも、新規登録の弁護士はあまり増えていないような状態です。田舎弁護士の地域でも同様です。

 以前、母校の大学の司法試験受験団体(研究室)出身の司法修習生に将来像をきいたところ、任官・任検、企業内弁護士を希望される方、新興ではない大手法律事務所を希望される方が多いように思いました。

 社内のコミニケーション等人間関係がギスギスしないところを希望されているようです。

 とはいえ、誰もが就職を望むような法律事務所は、やはり競争が激しく、採用される者は少数です。どうしても、第1希望や第2希望のようなところではなくて、最終的にはやむをえず本来希望されていなかったところに就職される方も多数おられるようです。

Kimg0276_20190707125601
 都会の事務所ということになれば、募集の事務所も多いですが、希望される人数も多く、希望の法律事務所に就職するのは厳しいとも言えます。
 地方に実務修習に来ている司法修習生の場合には、せっかくの機会ですので、地方の法律事務所も選択肢の1つとして考えられたらと思います。顧問先を多くもっておられる弁護士一人事務所の長老の弁護士さんも、地方にはまだまだたくさんあります。思い切ってそのような事務所に入所というのもありうる選択肢かなと思います。
 
 間違って都会のブラックな法律事務所に入所してしまった結果、非弁提携や或いは予期せぬ地方への転勤等もあるかもしれません。
 松山位ですと、田舎すぎることもなく都会過ぎることもなく、京阪神へのアクセスは飛行機を使えば問題なく、気候温暖で非常に住みやすい理想的な街だと思います。
 知らない法律事務所でも、裁判官などにきけばどんな法律事務所なのか教えてくれるでしょう。
 今治も、四国であれば県庁所在地を除けば四国最大の都市であり、今治造船、日本食研、太陽石油等大きな会社があり、また、しまなみ海道は今やサイクリストの聖地としても有名で、松山と同じくらい住みやすい良い街だと思います。
Kimg0675_20190707232401
 
 ちなみに、田舎弁護士の事務所の場合は、「雇用」としての契約で、社保完備・退職金制度有、あんしん財団加入(労災の上乗せ等)、土日祝日休みで、給料も新人弁護士で年600万円です。個人事件は認めていませんが、国選事件については自由にしてもらっています(事務所への報酬も不要。)。但し、お客さまに提供させていただくリーガルサポートの質を落とすことがないよう、勉強会や学会参加、最新の専門誌等書籍での学習等勉強していただくことが必要になります。これも田舎弁護士が可能な限りサポート(スパルタ教育ではありません)はします。
 なお、現在、家内を除いて、常勤の女性スタッフは、3名いますが、うち2名は既婚者ですが、いずれの方も独身時代は田舎弁護士の事務所で働いていただいた方です。子どもが少し大きくなったので戻ってきていただいております。子どもがいても働きやすい職場づくりを心掛けております。☀
 
 また、以前勤務していた弁護士さんも、帰郷時には寄っていただいたり、また、誕生日🎂 にはプレゼントを贈ってもらったり、良好な関係を築けております。先月も札幌からとても貴重なお菓子をいただきました。
 今年は、創業して20年にあたる年です。そろそろ良い方がいたら採用したいと考えております。
 考えている方は、総務の八木にまで連絡📲 をくださいな。💕

2019年7月 2日 (火)

日弁連・住宅紛争処理機関検討委員会第1回全体会議に参加しました(東京)

 先日、東京霞が関の日弁連会館で開催された2019年度日弁連住宅紛争処理機関検討委員会第1回全体会議に参加しました。

Kimg1111

                    (日弁連会館)

 委員会人事、本年度の活動方針、支援センターからの説明、最高裁国交省との意見交換会&についての、説明がありました。

 建築の分野で有名な弁護士の先生方ばかりで、無名の田舎弁護士は肩身が狭いです💦

 

Kimg1112
 カレーですが、日弁連会館地下の桂というレストランでいただきました。富士屋ホテル系列で、とても洋食が美味しいところです。
 カレーを食べていると、隣のテーブルには複数の若そうな弁護士たちがいて、コンパの話など軽い話をされていました。そうか、年齢的には、田舎弁護士の子ども世代の人たちかもしれないと思いました。
 田舎弁護士が若かったころは・・・・ いや、やめておきましょう💦
 なお、10月にパワハラのセミナーの講師を引き受けたので、日弁連会館地下の本屋さんで最新のパワハラの書籍を複数冊購入しました。
Kimg1110
(日比谷公園)

 

より以前の記事一覧

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

書籍紹介(労働・労災)

無料ブログはココログ