励みになります。クリックお願いします。<(_ _)>

  • にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

<(_ _)>

  • 弁護士ドットコム|無料法律相談・弁護士/法律事務所検索ポータル

書籍紹介(企業法務・金融)

書籍紹介(不動産・建築)

書籍紹介(法律)

弁護士考

2018年6月29日 (金)

最近、出張が続いております💦

 最近、出張が続いております。そのために、書類を作成するための時間がとれないという事態が生じており、弱っているところです。

 Kimg3450
 顧問先の会議、会社団体の役員、公職等のために、週の半分以上は、事務所にいないという状況です。

 また、勉強会や学会の研究会の参加も積極的にしておりますので、なおさらです。

 Kimg3454
 なかなかプライベートな時間を作る余裕がなく、どうしたものかと悩んでいるところです(;'∀')

 弁護士1名体制なので、仕方がないと半ばあきらめております💦

 


2018年6月23日 (土)

中村剛志元砥部町長の「人生いろいろ つよっさんのお楽しみ人生」を聞きました。

 先日、大和屋本店で開催された愛媛県異業種交流研究会第33期定期総会及び懇親会に参加しました。

 Kimg3377
 懇親会では、大沢一彦日本食研会長の「儲かる話」をうかがいました。

 講演会では、中村剛志元砥部町長のとても明るくて前向きな話をうかがうことができました。

 Kimg3385
 中村先生とのツューショットです💦

 愛媛県異業種交流研究会では、5つの委員会がありますが、そのうちの1つの人材開発委員会では、田舎弁護士が委員長、副委員長に、ウィンの村上常務と、溝上松山大学学長にお願いしております。7月6日のセミナー、次々回のセミナ―、そして、来年の研修旅行についての内容などについて、委員会で協議されました。

Kimg3380





2018年6月20日 (水)

51歳になりました (*^_^*)

 本日で、51歳になりました。cake  早いものです。 

11794247_849459891807409_9321768377
 20歳ころの写真ですが、このころから30年経過しました💦

 田舎弁護士も、弁護士登録してから、現在まで、がむしゃらに働たき、また、勉強してまいりました。

 また、お客様から依頼を受けた事案は、誠心誠意対応させていただきました。

 そして、ご相談やご依頼事件についても、過度にご相談者やご依頼人に阿ることなく、弁護士として、田舎弁護士なりの社会正義にかなう回答や解決を目指してきました。

 Kimg3193
               (大分駅ビル屋上)

 また、顧問先企業も順調に増加し、ありがたいことに、最近では、月に1回程度の打診はあります。これも、田舎弁護士が評価されている結果と思って感謝しております。

 Kimg2367
             (津山城のハート形の石)

 他方で、肉体の衰えは否定できず、プールに行ってプカプカと泳いでいますが、余り成果はでておりません💦

 今後は、少しがむしゃらな程度を落としていきたいと思っており、6月からは、弁護士による法律相談の時間の終了時刻を午後6時から午後5時に変更しております。

 とはいえ、次第に、弁護士業(本業)ではない部分での役割も期待されることが多くなっています。今のところは、家内の協力も得てなんとか対応できておりますが、これ以上増えると難しくなりそうです。

 家庭では、上の子は大学生となり家を離れ、下の子は高校1年生ですが、まだ男旅(田舎弁護士と二人で各地のお城を巡る旅)に付き合ってもらっています。

 来年は事務所開設20周年にもなります。

 皆様のおかげで、無事大過なく過ごさせていただいております。

 今後とも宜しくお願い申し上げます。m(__)m

 
 

🎂 事務所のスタッフや、池田和隆弁護士ご夫妻から、誕生日プレゼントをいただきました (^^♪

 今日は、とても素晴らしいことがありました。

 なんと、事務所のスタッフの方と、元の勤務弁護士であった池田和隆弁護士ご夫妻から、誕生日プレゼントをいただきました。池田先生の奥様は、田舎弁護士の事務所の元スタッフです。

 Kimg3502
 まず、事務所のスタッフの方からのプレゼントです。

 Kimg3511
 なんだろうと思ったところ、

 Kimg3515
 マッサージ機でした♡

 また、田舎弁護士の大好物のシュークリームもいただきました

  (⋈◍>◡<◍)。✧♡

 Kimg3514
 しかも、3個もです。

 Kimg3517

 とても美味しくいただくことができました。

 Kimg3505
 池田和隆弁護士ご夫妻からは、北海道の銘菓のゼリー

 Kimg3507
 なんと幻の続100名城のガイドブック。。。このガイドブックで全国の城を行脚します。

 Kimg3508
 そして、札幌のケーキです。

 Kimg3510
 いやいや、生きていてよかったと思いました。

 Kimg3503 

 皆様、ありがとうございます。そういえば、初代勤務弁護士であった市川先生からも、先日、広島のお菓子をいただきました。


 勤務弁護士であった方や事務所の元スタッフであった方と退職後もとても素敵な関係を築いていけているというのはとても嬉しいことです。

 みんな、ありがとう!!!

2018年6月17日 (日)

あるインハウスローヤーのお話

 金融法務事情No2091号に、メガバンクに所属されているインハウスローヤーの方の執筆された論文を読みました。

 インハウスローヤーとして働くことの魅力として、①ビジネス部門との一体感が感じられること、②海外法務に携わることができること、③法律事務の範囲にとどまらない仕事ができること、④自己啓発の時間が確保できること、⑤メリハリのある働き方ができることが挙げられています。

 また、メガバンクを選んだ理由としても、①銀行業務への強い関心、②グローバルに展開する銀行であること、③早期に企業に入ることの優位性、④インハウスローヤーの1期生であることをあげられています。

 田舎弁護士が新人弁護士のころは、動機としては、社会正義や基本的人権にかかわる業務に携われることを大きなものとしてあげることが多かったように思います。

 弁護士登録10年目位の方ですが、そのようなものを感じとることはできず、当然かもしれませんが、ごく普通の就活、そして、キャリアプランを考えているにすぎないという印象をいただきました。内容的にはとてもよく考えられているものだと感心しました。

 Kimg3334
 最近の若い弁護士さんに接して田舎弁護士が感じることは、従来型の「弁護士」の魅力が乏しくなっているためなのか、「弁護士」というのも、あくまで資格の1つに過ぎない位置づけにされているような印象を抱いております。

 弁護士資格の魅力が乏しくなっているというのは、首都圏に近い横浜国立大学の法科大学院でさえ、募集停止に追い込まれるということからも明らかです。

 若い弁護士さんの動機に変化がなければ、今後も、どんどんインハウスローヤーも増えるでしょう。

 そして多数を占める様になった場合、日弁連の運営はどうなるのでしょう。

 この執筆文を読んでみてふとそんなことを考えました。

 

2018年6月 5日 (火)

起案しなければならない書面が山積み (;'∀')

 最近、ご依頼事件の内容が難しくなっており、調査や書面の作成に多くの時間が必要なことが増えました。

 Kimg3142

 医療事故訴訟、医療過誤訴訟、建築紛争訴訟、住民訴訟、環境訴訟等、積極的に勉強しなければならない事案が増えております。

 また、中小の企業における、団体交渉事案、株主総会指導等の事案も増えております。

 さらに、交通事故事案においても、最近は、後遺障害認定事案、他の法律事務所で認定を受けられなかった案件の依頼等も増えており、医学的な勉強も欠かすことができない状態です。

 そして、並行的に、遺産分割事案、離婚事案、貸金事案、倒産事案、後見事案、刑事事案等、地方弁護士であれば当然に依頼のある案件の事実調査にも相当の時間が必要です。

 Kimg3199
 とはいえ、歳と共に肉体的な衰えも生じることから、ご相談される事案を全て対応させていただくことが非常に困難な状態になっております。田舎弁護士の相談時間の終了時刻を、午後6時までとしておりましたが、6月からは、午後5時までと変更させていただきました。 Kimg3156
 顧問先企業、団体様からは、毎日、電話やメールによる問い合わせもあります。

 その上、弁護士会の会務活動、市役所の行政委員、愛媛異業種交流研究会、愛媛経済同友会、学会、研究会等の活動もあります。

 そういえば、4月から、日弁連の国際交流委員会の委員を委嘱されたようですが、実際の活動内容をみると、畑違いのようにも思えます(;'∀')  

 日弁連委員といえば、住宅紛争処理機関検討委員会に加えて、住宅紛争リフォーム支援センターの運営幹事会幹事に4月から就任してしまいました💦

 Kimg3313

 仕事(弁護活動)以外は少し活動を整理しないといけないですね。

 以前勤務されていた元弁護士の方にも復職してもらいたいですが、先月挨拶にこられて話をしましたが、しばらく公務員を続けられるようです💦

 困ったもんじゃわい(;'∀')

 

 

2018年5月27日 (日)

(公財)住宅リフォーム・紛争処理支援センターの、第1回運営協議会幹事会(東京日弁連会館)に出席いたしました。

 先日、日本弁護士連合会会館(東京霞が関)で開催された(公財)住宅リフォーム・紛争支援センターの第1回運営協議会幹事会に出席いたしました。

 Kimg3032                (弁護士会館) 

 日当はでませんがcoldsweats01、なんと、昼食のお弁当が支給されます。happy01

 Kimg3031
 運営協議会幹事会のメンバーは、15人の幹事で構成されており、弁護士委員が12名、建築士委員が3名となっております。

 Kimg3029
 議題は、助成金や報告書等の審査、事業報告や収支決算、そいて、国土交通省や、住宅リフォーム紛争処理支援センターからの報告でした。

 なじみのある委員さんがおられたのは助かりました💦

 Kimg3034

 もちろん、仕事といっても、弁護士会の会務活動の延長ですから、ボランティア活動ですよ。

2018年5月23日 (水)

 新人弁護士へのアドバイス! 「離婚」事案でのご相談について ('ω')

 離婚事案。。。

 離婚事案は、激しく愛し合っていた人たちが、激しく憎しみ合う場面に遭遇することは少なくありません。弁護士に相談される案件の相当多くはこのように感情的に激しく対立している事案だと思います。 

 新人弁護士向けに以下のようなアドバイスをしたいと思います。

Kimg2400
                (鳥取砂丘)

 法律的な本題に入る前に、男女を問わず、自身がいかにひどい扱いを受けてきたのか等を感情的に説明される場面も散見されます。

 田舎弁護士の場合、20分くらいはまずは言いたいことをしゃべっていただいてから、それから法律的な本題を解決するための情報をお聞きするようにしております。

 ただ、最近気になることは、男女問わず不倫事案が増加していることと、また、男性からのモラハラ・精神的なDV事案が増えているのではないかと感じております。

 前者の場合は、概ね、後悔されている方が多いように思われます。ただ、被害者側から弁護士がついていながら裁判所で認容されないような高額な慰謝料請求をされることも最近は散見されるようになりました。 

 後者の場合は、男性の場合、「男尊女卑的な」考え方の方が多く、相談者といえども共感できない場面も少なくなく、相談終了後に精神的に負荷がかかることもあります。このような方の場合、うまくいかなければ全て他者の責任に転嫁されることがありますので、受任にあたっては注意が必要です。

 Kimg2817
 また、田舎弁護士の事務所は、なぜかはわかりませんが、離婚のご相談が少なくありません。ルートを尋ねると、離婚に強いということをネットで見たとあるのですが、はてどこにあるのか田舎弁護士自身は知りません💦

 もっとも、最近は、交通事故事案、建築トラブル事案、医療事故事案、企業法務事案に力を入れていることや、また、市外出張が多いことから、業務量の多い「離婚事案」については、お断りさせていただくこともあります。離婚事案については比較的時間の空いている新人弁護士さん向けだと思います。法律問題もさりながら、事実問題等もききとりが重要であり、時間をつくりやすい新人弁護士さんであれば、よりよい弁護が可能だろうと考えます。

 なお、田舎弁護士の場合、裁判や調停に至った場合には、裁判所が概ね認定する金額をベースにクライアントの財産状況を踏まえて、社会常識の範囲内で、柔軟な解決ができればと考えております。

 また、子どもについても、子どもの福祉を害するような事情がない限り、非監護親の面会交流にもできるだけ協力するようにしております。子どもにとっては、非監護親も愛する親であり、非監護親からの愛も必要と感じるからです。 

Kimg2803

                 (今治城)

 生活費や養育費についても、家裁の算定表程度の金額であれば、円滑に支払っていただきたいものです。

 離婚事案で経済的に豊かになることはありません。1つの財布を、2つにわけるわけです。

 お互い弁護士が代理人でついている場合には、裁判所が概ね認容される金額をベースにお話ができたらと思います。弁護士は、感情の代理人ではありません。

 お互い頑張りしょう。

2018年5月22日 (火)

相談の予約が2週間~3週間位先になることが続いております。

 5月、6月は、なかなか相談の予約が入りづらい状態が継続しております。

 当事務所の相談対応時間は、午前10時から正午まで、午後2時から午後6時までとなっておりますが、ご依頼事件の打ち合わせも原則としてその時間帯に入ることや、顧問先企業や団体等の会議出席、高裁や遠方の裁判所への出張が多いことから、相談の予約が2週間から3週間先という状態が続いております。

 Kimg2555
                  (鳥取城)

 また、建築トラブル、医療事故絡み等のいわゆる専門事案の依頼も少しずつ増えていることから、1つ1つのご依頼事件に費やす時間も増加しており、顧問先及び顧問先のご紹介のない案件の処理は少し難しい感じです。

 Kimg2764
                (月山富田城)

 田舎弁護士の事務所は、顧問先のご紹介がない案件はご相談をお断りさせていただく場合が生じております。

Kimg2529
               (鳥取・仁風閣)

 早期の相談実施のために、そろそろ、弁護士1名位を採用しないといけない時期がきているのかもしれません💦     


 なお、田舎弁護士の事務所の弁護士費用は、相談料無料、着手金無料はしておりません。弁護士は、「職人」であるべきと考えているからです。

 Kimg2728
                (月山富田城)

2018年5月21日 (月)

田舎弁護士が関与した裁判例で、判例専門誌で紹介されたもの 一覧

(交通事故関係)

 高松高裁平成19年5月29日判決 

  交通事故判例速報平成19年11月号

     頸椎彎曲と交通事故との因果関係が争われた事例

② 松山地裁今治支部平成20年12月25日判決

   判例時報平成21年8月1日号

   自保ジャーナル第1784号

   交通事故民事裁判例集第41巻第6号

   交通事故の被害者の事故前の身体的要因及び心因的要因により損害額の70%が減額された事例

③ 松山地裁西条支部平成21年7月3日判決

   自保ジャーナル第1816号

                事故後8日目で初診も、74歳男子は詐病でないと、約10ヶ月で14級後遺障害の固定を認め、残存期間は7年とし、素因等1割減額を適用した事例

④ 松山地裁西条支部平成21年9月24日判決

  自保ジャーナル第1812号

  免許取得2ヶ月、車両購入10日の被告にサイドターンの合図の同乗者原告には、危険性増大させたとして3割の過失を認めた事例

⑤ 松山地裁西条支部平成21年12月3日判決

  自保ジャーナル第1827号

  8級胸腰椎部の運動制限を残す32歳男子勤務者の仕事内容等主張なく障害内容等一般的な喪失率20%として適用した事案

⑥ 松山地裁西条支部平成23年3月24日判決

  自保ジャーナル No1854号

 直進A自動二輪車対右折Y軽四自動車の過失割合は、転倒滑走後衝突も、Aの100㎞走行の加算等によるAの過失30%と認定した事例

⑦ 松山地裁今治支部平成26年3月25日判決

  自保ジャーナル No1923号

  交通事故民事裁判例集第47巻第2号         

 転倒した車道で衝突された83歳男子の事故と死亡との因果関係を認め、素因と過失各30%と認定した事例
 松山地裁今治支部平成27年3月10日判決 

  自保ジャーナルNo1946号    

 弟と同居、家事に従事する82歳女子の家事労働逸失利益をセンサス70歳以上の70%を基礎収入に生活費4割控除で認めた事例

⑨ 松山地裁今治支部平成28年2月9日判決
  判例時報 No2313号   
 
 交通事故による受傷の可能性を否定する自動車事故工学鑑定の意見書について、その信用性を排斥した事例

⑩ 松山地裁西条支部平成29年3月30日判決

   交通事故民事裁判例集第50巻第2号

   前頭側頭変性症を遷延性意識障害の被害者(症状固定時55歳)の余命を症状固定後8年と認定した事例

 
Kimg2238

(消費者法関係)

①  今治簡裁平成21年1月14日判決

    消費者法ニュース第79号

    取引期間が平成13年ころから平成20年の取引であるにもかかわらず、架空請求として、慰謝料・弁護士費用を認めた事例

②  高松高等裁判所平成21年2月19日判決

    消費者法ニュース第79号 

   過払金返還請求訴訟に係る弁護士費用、架空請求を原因とする不法行為に基づく慰謝料と弁護士費用と認めた事例 
③  西条簡裁平成21年12月22日判決

 

     消費者法ニュース第83号
    契約切替によりサンライフからプロミスに変更された取引に ついて、サンライフ時代の取引もプロミスが承継したとして、プロミスに対して、過払金返還請求を命じた事例
④  松山地裁西条支部平成22年5月31日判決

 

    消費者法ニュース第85号
   NISからネットカードに契約上の地位が承継された場合、承 継時点でNISに対して発生していた過払金返還請求権については、NISに対して請求できると判断した事例
⑤ 松山地方裁判所民事第2部平成23年1月21日決定
    消費者法ニュース No87号    
 補助参加人ネットカード㈱に対して、①NISグループ㈱(被告)と相手方(原告)との間の、金銭消費貸借契約書及び借入申込書兼口座管理登録票(①文書)、②NISグループが相手方に対して行った、電話又はダイレクトメールの送付等による勧誘・交渉の日時・内容が記載された交渉記録に当たる文書(②文書)の提出を命じた今治簡裁の決定を是認したもの
⑥ 松山地裁今治支部平成23年1月18日判決

 

 
   消費者法ニュース No87号    
 NISからネットカードに「契約上の地位」が承継された場合、承継時点でNISに対して発生していた過払金返還請求権については、NISに対して請求できると判断した事例
⑦ 高松高裁平成23年7月29日判決
   判例タイムズ No1363号
     「切替契約」によりサンライフからプロミスに変更された取引について、サンライフ時代の取引先もプロミスが承継したとして、プロミスに対して、過払金返還請求を命じた事例
⑧ 高松高裁平成25年1月17日判決
   消費者法ニュース No95号 
 プロミスが切替契約の締結に当たり、旧サンライフ取引に係る過払金等返還債務も引き受けたものである以上、その債務を承認したと判断し、提訴時点で取引終了後10年を経過した取引についても、過払金等返還債務の消滅時効が切替契約時に中断しているとしてプロミスの消滅時効の主張が排斥された事例
Kimg2128
(企業法務)
① 松山地裁今治支部平成24年8月23日判決
   判例時報 No2173号
    漁業協同組合が会計担当者により現金を横領されたことにつき、同組合の元代表理事に善管注意義務違反及び忠実義務違反があったとして、同組合が同元代表理事に対してした水産業協同組合法39条の6第1項等に基づく損害賠償請求が認められた事例
 Kimg1072
 いかにも地方弁護士らしく、交通事故と過払い金関係が大半を占めておりますね💦
 とはいえ、地方の弁護士としては、取り扱った裁判例が判例専門誌等で紹介された数としては、比較的多い方ではないかと思いますね。。。
 

 

 

 

 

 

より以前の記事一覧

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

書籍紹介(労働・労災)

無料ブログはココログ