励みになります。クリックお願いします。<(_ _)>

  • にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

<(_ _)>

  • 弁護士ドットコム|無料法律相談・弁護士/法律事務所検索ポータル

書籍紹介(企業法務・金融)

書籍紹介(不動産・建築)

弁護士考

2017年5月25日 (木)

 ●●は、詳しいか? とか、●●は、専門か? という、お問合せ

 時折ですが、相談の予約の際に、

 ●●は詳しいか? とか、●●は専門か?

 と尋ねられることがあります。

 ●●は、いろいろですが、外国が絡むような場合、知的財産が絡むような場合、医療が絡むような場合、税金が絡むような場合のほか、労働や離婚、意外と多いのが、不倫 等、本当にいろいろです。

 そして、●●は詳しく(専門)でなければ、詳しい(専門)の弁護士を紹介して欲しいと質問が続きます。

 面識のない方については、一度、事務所においでいただき、面談の上で、田舎弁護士が受けられるかどうかを聞き取ったあと、受けられる事案であれば、そのまま対応し、受けられない場合には、その分野に詳しい弁護士を紹介しております。

 ところが、面識のある方は、直接、田舎弁護士に連絡がくるのですが、このような方の場合、電話で田舎弁護士が対応できるのかどうかを確認されるのですが、専門と言われると、東京、大阪で●●を中心に取り扱っている弁護士にでもご自身でネットで調べて相談したらという回答をしています。

 まず伝えたいことは、地方の弁護士で、●●を専門というのは、まずいないと考えた方がいいと思います。

 大都会と異なり、●●を専門にしてもそれだけの事件の需要はありません。ですので、地方の弁護士の場合には、広く、浅く取り扱うのが主流となります。その上で、本当に対応が難しいのは、都会の専門にされている法律事務所を紹介しております。

 ただ、なぜか、田舎弁護士は、「離婚」とか「不倫」の専門とされているようです。。。。スタッフからの話によれば、「離婚の専門」ということで相談したいのですがという問い合わせが少なくないようです。。。

 もっとも、広く、浅くとっても、それぞれ、幅はあります。幅については、弁護士のHPやブログ等をみればおおよそをつかむことができるでしょう。 

 田舎弁護士の場合、●●に言葉を入れるとしたらなんだろう。。。

 近いうちに、標榜できればいいですが。。。 coldsweats01

 Kimg6305
             (徳島城から市街をみる)

2017年5月12日 (金)

🍺 日本食研本社で行われました「サッポロビール愛飲会」に参加しました 🍺

 先日、日本食研本社で行われました「サッポロビール愛飲会」に家内と二人で初めて参加しました。

 地元の名士の方々が数多く参加されていました。

 Kimg5911
 日本食研の大沢会長の挨拶です。30分程のご挨拶でした。

 Kimg5914

 日本食研って、売り上げを1000億円達成したんですね。いつでも東証1部に上場してもよいくらいの会社になりました。🍺

 もっとも、立食形式なので、腰の痛い身には少しきつかったですね。。。

2017年5月10日 (水)

司法試験への魅力は年々薄れていくばかりです。👻

 文部科学省が出している法科大学院関係の資料を改めてみてびっくりです。

 平成15年の時には、7万2800人の法科大学院の志望者がいたにもかかわらず、平成28年の時には、なんと、8274人にまで減少しているということです。

 なぜここまで法科大学院の志望者が減少したかというと、個人的には、弁護士になっても、就職できない、就職しても生活が厳しいということがマスコミにより報道されたことが大きな要因ではないかと思います。

 裁判業務などの従来型の弁護士の仕事の量(地裁民事事件)は、年々減少をたどるばかりであり、また、利用者においても、インターネット等の発達により得たい知識を手軽に得ることも可能となったことが挙げられると思います。

 そして、また、日本で一番難しい文系の試験ではなくなってしまったことも、大きいのではないかと思います。田舎弁護士のころは、司法試験というのは、現代の科挙と言われており、大学受験等に失敗した人の敗者復活戦のようなイメージがありました。田舎弁護士の周りにでも、T大やK大には落ちたけど、司法試験に合格して見返してやる的な方が結構な割合でいたように思います。

 田舎弁護士が合格した20年前と比べると非常に大きな変化が背景にあります。

 Kimg6077
             (新町川から眉山をのぞむ)

 お客様のルートとしては、電話帳でのお客様が減少し、ネット検索で事務所を知ったお客様が増えました。

 田舎弁護士は20年近く弁護士をしていることから、顧問先やご紹介していただける方を通じての相談も一定数ありますが、新人弁護士にはそれがないことから、集客集めに苦慮しているのではないかと想像しております。

 田舎弁護士の事務所でも、弁護士ドットコムや複数の事務所ホームページ等を用意して、ネット社会に対応できるようにしておりますが、十分ではないように思います。とはいえ、このようなツールを用意するだけでも、年間かなりの固定費が発生します。。。

 そして、零細な事務所が多いことから、新人弁護士にとってはかなり労務環境は厳しいと思います。法律相談に対応し、そして、事件の起案など、1日のかなりの部分が仕事におわれることになります。事務員さんは午後6時になると退社しますが、弁護士はそこからが起案作成の時間となります。また、精神的に不安定なお客様もおられることから、相談等に際してはお客様の気持ちによりそうような配慮も必要です。

 とてもハードな仕事だと言えます。これは昔からです。

 そして、先行きが非常に不透明な状態で、なかなか弁護士になりたいと思う方が減っていくのは当然といえますし、田舎弁護士も、子どもたちに弁護士になりたいと言われても、複雑な気持ちになるかもしれません。  

 他方で、ご依頼事件が終了した場合、多数のお客様からは、感謝の御言葉をいただくことが少なくありません。お客様の不幸をできるだけ小さくして、お客様の第二の人生のスタートをサポートできるということは、とても大切なことです。

 とはいえ、今風にいえば投資にみあった利益が得られないと、弁護士になる方は少なくなるのは、しかたがないことです。

 司法修習制度の給付制が復活しましたが、やはり、弁護士の仕事が増えなければやはり弁護士になろうと思う人は増えないと思います。

 Kimg6110

 司法試験の合格者の数を減少させることが必要ですが、そのためには、さらなる法科大学院の再編が必要であり、今の若者たちは翻弄されるばかりです。

 なんとかいい方法がないか、天に祈るばかりです。

2017年5月 8日 (月)

愛媛県酒造組合主催の愛媛の酒・春季例会に参加しました。

 先日、道後館で開催されました愛媛の酒・春季例会に出席しました。

 Kimg5906

 愛媛の蔵元が勢揃い。しかも、新酒ばかり。そして、料理も旨い。

 Kimg5892

Kimg5893
Kimg5895
Kimg5902


 いや、よかった。よかったわい。bottle

2017年5月 4日 (木)

仕事が減った。。。。 裁判の依頼がなくなった。。。。 という愚痴

 ベテランレベルの弁護士の先生と懇親会などでお酒が入る席でお話しさせていただくと、「仕事が減った。。。」、「裁判の依頼がなくなった。。。」という愚痴のようなお話しがでることがあります。🍺

 もっとも、ベテランの先生方なので、地元の有力な会社の顧問を多数抱えていることから、顧問料で事務所経費はなんとかまかなっているとかで、しかしながら、以前と比べると、大幅の売り上げ減少は否定できないようです。💦

 お話をうかがいながら、ベテランレベルの先生方の売り上げ減少の原因はどこにあるのかな???と考えてみました。👴

 個別的な要因とすれば、年齢を重ねるとどうしてもフットワークが重くなりがちですし、また、日々の新しい知見の取り入れが十分でないように思います。そうすると、事件や相談を依頼する方としては、不安感を感じるのではないでしょうか。田舎弁護士の事務所と新規顧問契約をさせていただいたところも、不安感を感じるということで、ベテランの先生から田舎弁護士にご依頼をいただいたところもあります。🏢

 また、弁護士業界をとりまく一般的な要因としては、弁護士の数が増えて、弁護士及び類似士業との競争が激しくなった関係上、法律事務所の広告等があふれんばかりですが、身近に弁護士を知っておられないごく普通のお客様は広く広告等をされている法律事務所に相談されることが多くなっているのではないかという点と、そもそも地裁民事事件それ自体が件数として年々大きく減少しているという点にあろうかと思います。📰

 Kimg5350

 次の10年、20年先にまで法律事務所を存続させるためには、やはり地域社会が本当に必要としている事務所でなければならないということです。そして、それをうまく、ご利用したいと望まれている地域の方に伝えられるかということではないかと考えております。

 そうすると、まず、ご利用者からまず信頼されるよう誠実に仕事を行うこと(そして、新しい知見の研鑽にも怠らないこと)、また、健康にも留意することが必要不可欠だ思います。

 そして、それを、地域の皆様にうまく伝えることができるような仕組みを整えることだと思います。📺

 最近、複数の会社の、創業50周年、70周年等の祝賀会に参加させていただいております。田舎弁護士の事務所も再来年には20周年です。地域の皆様に愛される事務所になれるよう努力したいと思います。♡

 Kimg1854

 とはいえ、従来の弁護士の事務所は、弁護士1名事務所が大半でした。歳を重ねると、ご自身の判断で廃業されるか、或いは、死亡により事務所を閉じられることが多かったと思います。これも1つの生き方ですが、理念やノウハウの継承はなされないことになります。

 それはそれで寂しいものがあります。😢

 このしまなみ海道という地域に根を下ろしてくれる若い方がいれば、理念やノウハウの継承をしていきたいと思いますhappy01

2017年5月 2日 (火)

田舎弁護士が、今治市の法律顧問と、公務災害補償等認定委員会委員に、再任されました (^^♪

 4月なので、3月末日を終期とする各種契約については、再任の連絡があります(このブログ執筆時は4月)。

 今治市の「法律顧問」と、「公務災害補償等認定委員会委員」の終期が3月末日だったので、4月に、今治市長から、「委嘱書」をいただきました。

 今治市の法律顧問については、1年間

 公務災害補償等認定委員については平成32年3月末日までの3年間、

 頑張ります。m(__)m

 Kimg5235

2017年5月 1日 (月)

相談料無料、着手金無料、24時間対応というところにすぐに飛びついてはいけません! (^-^;

 昨今、法律事務所も生存をかけて異業種の分野に進出しているところも散見されるようになっています。

 また、従来の法律紛争についても、人目を引くようなキャッチフレーズを多用して目立つようなホームページが増えました。

 さらに、相談料無料、着手金無料、24時間対応というところも珍しくなくなりました。

 ただ、弁護士が従来の法律事務の仕事が飽和になっているということで、異業種の分野に出ていったとしても、成功するような所は少ないのではないかと思います。完全に弁護士業と離れれば別だと思いますが、異業種の分野も片手や副業で成り立つものではありません。

 人目がつくようなホームページや相談料無料等のところも多くなりましたが、このようなところは集客効果があるのかもしれませんが、私の印象では、このような事務所は相談対応で精一杯で、肝心の受任事件の処理が遅れているのではないかというところも散見されているように思われます。

 田舎弁護士の法律相談については、成人されている方の相談は有料としております(但し、財産のない高校生以下の「子ども」と言われる年代層の方の相談は無料としており、スタッフにも周知させています。)。

 無料法律相談を希望される方は、法テラス等の電話番号を伝えてそちらにて対応してもらっています。

 田舎弁護士の事務所では、ご依頼いただいた案件については、請求金額にかかわりなく、1件、1件、丁寧に対応させていただいております。

 昔ながらの職人気質の弁護士です。(^-^;

 ですので、費用は決して安くはありません。

 相談料無料、着手金無料ということにすれば、相談件数も、ご依頼事件も、増加すること間違いなしです。

 ですが、1件、1件、丁寧に対応させていただくことが困難となります。

 ご相談者様、ご依頼人様も、大事なことを依頼される場合に、そのことも考慮して、ご判断されることをお勧めいたします。

 そして、田舎弁護士の場合、弁護士の人となりをよくわかっていただけるように、田舎弁護士の訟廷日誌、交通事故弁護士の訟廷日誌、家庭弁護士の訟廷日誌、弁護士ドットコムなどで、日頃の思いや研究のテーマ等を発信しております。

 Kimg5342
 最近、受任中の事案についてセカンドオピニオンとして田舎弁護士の事務所にこられる方が増えておりますので、ご依頼にあたっては、十分に検討の上、弁護士を選任されることをお勧めいたします。

2017年4月24日 (月)

四国溶材株式会社創業70周年祝賀会に出席しました。

 先日、今治国際ホテルで開催されました、四国溶材株式会社創業70周年祝賀会に出席しました。

 Kimg5820

 威勢の良いおんまく寿太鼓から始まりました。

 Kimg5822 

 村上社長のあいさつです。

  Kimg5826
 鏡開きです(久米の井です)。

 Kimg5839
 パックンマックンがきていただけました。

 Kimg5860 

 会長のご挨拶です。創業からのお話をうかがうことができ、特に気頃に残りました。

 そして、料理がきれい。そして、とてもおいしい(ごく一部をご紹介します)。

 Kimg5827

Kimg5830_2

Kimg5834

Kimg5835

 お土産も、洗練されており、とてもよかったです (^^♪

2017年4月13日 (木)

2017年度フジカンパニーズ入社式に参加しました。

 4月1日、松山で開催されました2017年度フジカンパニーズ入社式に参加しました。

 午前10時30分からスタートですが、開式の辞、国歌斉唱、社長挨拶、歓迎の言葉、誓いの言葉、辞令交付、役員紹介、閉式の辞で終わります。

 数年前から参加させていただいておりますが、実に元気で溌剌な若い方に接するのは、気持ちがよいものです。

  新入社員の方の挨拶もよかったです。

 初心に戻ります。

 Kimg5575
               (東京・八王子城)

 田舎弁護士も頑張りたいと思います。

 なお、Kimg5711

 たくさん買い物をし過ぎてしまった。。。。。

 

2017年4月12日 (水)

愛媛経済同友会今治地区懇親会に参加しました

 先日開催された、愛媛経済同友会今治地区懇親会に田舎弁護士も参加しました。

 スタッフ数名という「拭けば飛ぶような零細な法律事務所」ですが、果敢にも、大きな会社が多数参加されている愛媛経済同友会に参加しております。

 法律事務所は、他にも1カ所会員にはなっているようですが、残念ながらみたことがありません。

 今回は、山本恒久副代表幹事様においでいただき、懇親を深めさせていただきました。

 もっとも、田舎弁護士は、弁護士でありながら、人前で、しゃべるというのが大の苦手で、3人以上の会の時は、「貝」のように無口になります。

 その時は、社交的な家内がフォローしてくれるのですが、居ないときは原則に戻り「貝」になります。

 本当は社交的な人になりたかったんですが、残念ながら、職人肌のままです。

 こんな事務所ですが、応援宜しくお願い申し上げます。

 Kimg5505
               (東京・八王子城)

 

より以前の記事一覧

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

書籍紹介(労働・労災)

無料ブログはココログ