励みになります。クリックお願いします。<(_ _)>

  • にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

<(_ _)>

  • 弁護士ドットコム|無料法律相談・弁護士/法律事務所検索ポータル

書籍紹介(企業法務・金融)

書籍紹介(不動産・建築)

弁護士考

2017年10月16日 (月)

今治商工会議所主催の1日特別相談会の相談員を担当しました。

 先月、今治商工会議所主催の、1日特別相談日の相談員を担当しました。

 今治商工会議所では、小規模事業者のために、金融・税務・経理・労働・経営・特許発明その他各種の相談を受ける1日特別相談日を設けて実施しております。

 Kimg9266

 場所は、商工会議所の入っているビル3階です。

Kimg9264

 無料法律相談で、比較的時間を気にせずに法律相談が可能です。

 Kimg9265
 小規模事業者であれば利用が可能です。次回、ご検討下さい。




2017年10月 4日 (水)

日弁連の第20回弁護士業務改革シンポジウム(東京大学本郷キャンパス)に参加しました。

 9月9日に東京大学本郷キャンパスで開催されました日本弁護士連合会の第20回弁護士業務改革シンポジウムに参加しました。

 Kimg9174

 田舎弁護士とその連れは、第5分科会「新時代における小規模法律事務所の経営ノウハウ~事務所経営のビジネスモデルを探る」に参加いたしました。

 基調報告は、勤務弁護士・事務職員が満足するための対内的な満足度の件と、クライアントが満足するための対外的な満足度、そして、事務所の運営管理についての報告と、昼からはパネルディスカッションがありました。

 Kimg9184
 受付は安田講堂でした。

 Kimg9192

 安田講堂の中に初めて入りました。

 Kimg9176

 りっぱな会議場がありました。

 Kimg9178

 そして、安田講堂の窓から外の景色が見えました。

 小規模事務所の定義が弁護士1名から10名ということですが、地方では、5名以上の弁護士がいる事務所って、大規模事務所なんですよね~。

 講演やパネルディスカッションをきいていて、これまでのような徒弟制度の法律事務所では生き残れないなということをしみじみ感じました。

 Kimg9195

 後15年くらいは生き残れるよう、頑張りたいと思います💦

2017年9月16日 (土)

勝ち残るための法律事務所経営ガイド

 昨年12月に東京都弁護士協同組合から勝ち残るための法律経営ガイドが出版されていました。 Kimg8700

                (関ケ原古戦場)

 このようなタイトルの書籍が発行される程、弁護士業界における顧客獲得に向けての競争が激しくなっていることをうかがうことが可能ですが、座談会で語られた顧客獲得方法は意外とオーソドックスでした。

 よい若手弁護士をどのように獲得するかということで、採用にあたってはいろんな工夫をされていることをうかがうことができて参考になります。

 Kimg8711

 田舎弁護士の事務所でも、従前は、2時間位テストをして、その後に、面接試験を行い、決めていましたが、このような古い方法だと、人物の見極めがなかなか難しいところです。

 Kimg8716

  1日ぶっとおしで時間をかけて、まず、6人から8人で、事務所で一番ホットになっている事案を抽象化してどうやって解決するのかをみんなで討論してもらう

 それが終わったら、飲みにいって、どんな話題をだすのかをみる、そして、スナックにいっても、ママとどんな話をするのかみる、

 そして、全員で会議をやって、お客様対応がダメなのは絶対にはとらない

 というような採用方法をしているところがあるようです。

 相談者様やクライアント様があっての法律事務所ですから、まさにそのとおりだと思いますが、司法修習生の方は後で全て試験だったとわかると冷💦ものですね。。。

 その他には、労働条件についても議論されていました。弁護士としての採用になるので、事務職員とは異なり、時間どおり帰宅は難しいでしょう。給料については、定額制、歩合制、事務所内独立、パートナーシップごとに簡単な説明がなされています。

 歳をとっていくと、マイペースで仕事ができる今の状態が個人的にはよいのですが、他方で、相談者様、クライアント様からの目線でみると、今はいいけど、5年後、10年後先に今と同じように相談や事件の処理をきちんとできるのかについて不安がるというのもわかります。

 Kimg8814
 今すぐではないとは思いますが、ぼちぼち考えていく必要があると思います。
  

2017年8月23日 (水)

愛媛経済同友会幹事会に出席しました(いよてつ会館) m(__)m

 先日、いよてつ会館で行われました「愛媛経済同友会幹事会」に出席しました。

 Kimg8057
 概ね2時間足らずで幹事会が終了しましたが、盛り沢山でしかも地域のためにいろいろと経済界の方々が考えられているというのには感心しました。

 Kimg8054

 この日は、午前は、顧問先の銀行の支店長が挨拶にこられました。

 午後からは、反対に、松山の顧問会社3社と相談先1社を訪問させていただきました。

 ランチをいただく時間もないので、特急電車の中で、家内の手作りサンドイッチをいただきました。とてもおいしかったです。

 そして、再び、特急に飛び乗って、午後6時過ぎに事務所に戻り、残している仕事の対応に追われました。

 Kimg8058

2017年8月21日 (月)

明日午前は、松山の会社のコンプライアンス委員会に出席、午後からは愛媛中小企業指導センターでセミナーの講師を担当します。(^O^)

 明日午前は、松山の会社のコンプライアンス委員会に出席し、午後からは、愛媛中小企業指導センターで「個人情報保護法」のセミナーの講師を担当いたします。

 Kimg5235
 さて、ここ数年、今治だけではなく、松山の会社や団体と取引させていただくことが増加しており、そのため、出張が増えており、事務所にいる時間が減少傾向にあります。

 弁護士の場合、法律相談の中から、事件を依頼させていただくことがスタンダードであるために、出張が多いと、法律相談が減少するという悩みも出てきております。

 また、愛媛異業種交流研究会(事務局・日本食研)の人材開発委員会の委員長や愛媛経済同友会の幹事に就任したことから、やはり、事務所を不在にすることが多くなっております。

 贅沢な悩みではありますが、事務所にいる時の相談件数が10件を超える等、アンバランスな状態が続いており、なんとか改善せねば等と考えております。

 あまりにも幅が広い分野を取扱い、また、ある程度掘り下げて勉強させていただいていることから、多忙に拍車がかかっております。

 やはり新人弁護士を1名採用する必要が出てきているようです。

 我こそはと思う司法修習生がいたら、ご連絡下さい。happy01

 

2017年8月16日 (水)

8月22日午後3時から、平成29年度愛媛中小企業指導センター職員向けの研修会の講師を担当いたします。

 平成29年8月22日に、愛媛中小企業指導センター職員向けの研修会の講師を担当させていただきます。

 題目は、「個人情報保護法」についての説明です。

 Kimg8834
 個人情報保護関係については、これまで、えひめ結婚支援センター、株式会社フジ等において、講師を担当させていただいておりますが、今回与えられた時間は、90分という長い時間となっております。

 意外と思われるかもしれませんが、法律の専門家である弁護士さんでも、個人情報保護法についての知見を有している方は少なく、ある程度の規模の会社や団体の顧問等をされていないとなかなか勉強しようとは思わない(弁護士の仕事としてはあまり使わない)分野の1つではないかと思います。 

 いわんやガイドラインまではとても。。。。という方が多いような気がしますね。

 Kimg8870
 私自身、個人情報保護法について深い知見があるわけではありませんが、企業法務の上から注意しなければならない点については解説していきたいと思います。

2017年8月 5日 (土)

将来の法律事務所像

 田舎弁護士自身は、弁護士一人事務所が気軽でマイペースで仕事ができるので、なかなか気に入っております。

 昔気質の職人肌の弁護士なので、気に入らない書面だと何度も作り直しを指示します(陶芸家だと気に入らなければ作品を割ってしまうのと同じ)。

 ですが、よくよく考えると、素晴らしい内容の書面でも、標準どおりの書面が作成さえできていれば、裁判所の結論はほとんど変わらないように思います。

 ここ数年、多くの経営者の方とお話しさせていただく機会が増えました。

 Kimg7879
                (愛媛県・小松)

 成功されている方は、やはり、人にまかせることができる方です。人にまかせることができない人は、やはり企業を成長させることができません。

 法律事務所の場合、従前は、1人事務所、せいぜい2人事務所が主流だったために、事務所の成長や存続というところには余り配慮していなかったように思います。

 しかしながら、社会がここまで複雑化し、また、消費者の要望も多種多様で、また、その水準も高くなっていることからすれば、法律事務所の組織化は避けて通れないテーマです。

 Kimg7887
               (西条ナポリタン)

 とはいえ、法律事務所の場合、弁護士の数が増えると、種々の事情から、独立、分裂という話も時折ききます。

 法律事務所の発展のためには、まずは、風通しのよい組織を作り、この組織に所属することのメリットを感じてもらうということが必要なんだろうなと思います。

 過払いバブルで成長した事務所をみると、過払いバブルがはじけるや小さくなっているところも散見されます。

 また、給料などの待遇面は、今後の生活にかかわることが非常に重要です。

 Kimg7891_2
 久しぶりに、小松のマルブンでランチをいただきました。はじめてこのお店を訪ねたのは20年近く前になりますが、その時と同じように、活気があり、しかも、ホスピタリティーにあふれたレストランでした。あいかわらずの行列ですが、行列で待たされているお客様へのフォローも十分です。

 小松の片田舎(失礼coldsweats01)から、今では、愛媛県内に多数の店舗を出店するまでになっております。日本で一番大切にしたい会社にも選ばれています。

 田舎弁護士がめざす法律事務所もぜひこうありたいところです。

 Kimg7884

2017年8月 4日 (金)

日弁連夏期研修後の懇親会。。。

 日弁連夏期研修の初日の後は懇親会が開催されます。

 Kimg7844

 今回はクレメント高松でのお食事でした。

 Kimg7821
 食事はまずますおいしかったです。年々懇親会に参加している弁護士の数が減少しているような気がします。テーブル席が5つ用意されていましたが、2つは来賓等用なので、3つが一般会員用です。 Kimg7826
 一般会員は20名位で、しかも、中堅以上の弁護士で若手の弁護士さんは見受けられないように感じました。

 理由はいくつか考えられますが、懇親会費の1万円が高いということが大きな原因ではないかと思います。弁護士会の懇親会って、7000円とか1万円とかするのですが、高いですよね。いつも感じます。

 ちなみに、田舎弁護士の顧問会社の懇親会の場合、3000円とか、5000円です。やはり1万円は高いです。道後で開催するときは1万円を超えたことも昔あったような記憶がします。

 また、若手弁護士が参加することに余り大きなメリットがないということでしょうね。私が駆け出しのことは顔と名前を憶えてもらおうと懇親会に参加していました。ボス弁と勤務弁護士がテーブル席に廻って挨拶していた姿をおぼろげに思い出しますが、今はそんな時代ではないのでしょう。。。

 そして、内容が陳腐化してしまっていることもあると思います。高松も、徳島も、松山も、いつも同じような内容ですね。サプライズなどがあると、違ってくるのではないかと思います。

 Kimg7857
 個人的には、高松の司法修習時代(20年前)にお世話になった先生とお話しできたのでよかったです happy01

2017年7月22日 (土)

中央大学駿河台記念会館での思い出

 Kimg7556

 最近、明治大学法科大学院主催の「市民のための金融商品取引法」を受講していることから、わが母校の記念館の横を通りすぎることが増えています。

 平成7年秋から平成8年夏ころまでの約1年間、日曜日以外はほぼ毎日、駿河台記念館の中に設置されていた法職駿河台研究室に通っていたことを懐かしくも思い出します。

 記憶がうろ覚えになっていますが、午前5時過ぎに起床し、阿佐ヶ谷駅の松屋で朝定食をいただいたあと、高田馬場や水道橋で午前7時ころの早朝答練を受けた後は、この記念館で午後9時ころまで学習をして、自宅で1時間ほど勉強して午前1時前には就寝していた生活を、約1年程続けました。

 人生にこれほど勉強したという期間はないくらいこの駿河台記念館で、勉強に集中したおかげで、平成8年の司法試験は、丙案(受験回数3回以内の受験生を優遇した措置)が導入されたにもかかわらず、結構上位で司法試験に合格することができました。

 Kimg7558
 20数年以上前になりますが、当時も、このお店の位置ではないと思いますが、このあたりにドトールコーヒーがありました。

 受験生なのでやはりカフェイン飲料に頼らざるをえないのですが、たいていは、記念館にある1杯70円だか80円だかのコーヒーを飲んでいましたが、勉強に疲れた時は気分転換で、ドトールコーヒのお店を訪ね、2階で本日のコーヒーを飲んでいたことを思い出します。。。

 1杯200円近くしたような記憶がありますが、プチ贅沢なんですよね。これが。

 Kimg7562
 当時も、三井住友の大きなビルはありましたので、外からの景色はたぶんあまり変わっていないと思います。外を眺めていると、20数年前の自分にふともどったような気持ちになりました。

 当時は、たしか、明治大学のリバティ―タワーも建築中だったと思いますが、こんな大きなビルが建つとは想像すらしていませんでした。

 あれから、20数年以上が経過しました。

 先日も、司法研修所同期ですが、大学では後輩になる今朝丸弁護士と食事を共にしました。彼は学生時代から極めて優れていた方で、今も倒産法を中心に第一線で活躍されておられますが、他の仲間とかも元気にしているだろうか。ふとそんな気持ちを抱きました。

 年取ったせいでしょうか。coldsweats01

2017年7月19日 (水)

土曜日、日曜日、祝日、早朝、夜間のご相談はお受けしておりません m(__)m

 田舎弁護士が所属している法律事務所は、現在、土曜日、日曜日、祝日、早朝、夜間のご相談は、お受けしておりません。

 なぜなら、弁護士1名のみの事務所であることから、平日の執務時間は、1名の弁護士が対応しており、裁判、相談、出張のため、書類等を起案することができず、日頃は、土曜日、日曜日、祝日等に、書類等の起案をおこなっていることから、土曜日等に相談を入れてしまうと、ご依頼を受けている書類等の起案が十分にできず、結局は、現在のご依頼人様に大きなご迷惑をおかけすることになるからです。

 悪しからずご了承下さい。

 Kimg7545
 もっとも、既に法律顧問契約をさせていただいている顧問先様の場合には、顧問契約上の関係で、当然のことですが、「迅速な対応」を心がけております(但し、当事務所の場合、新規の方が顧問契約を締結する際には、当事務所の顧問先様からのご紹介が必ず必要になります。)。

 最近、弁護士ドットコムの登録もあって、早朝、深夜、休日等に電話がかかってくることが増えておりますが、当事務所では、土曜日等は一切相談対応しておりませんので、予め告知いたします。

より以前の記事一覧

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

書籍紹介(労働・労災)

無料ブログはココログ