励みになります。クリックお願いします。<(_ _)>

  • にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

<(_ _)>

  • 弁護士ドットコム|無料法律相談・弁護士/法律事務所検索ポータル

書籍紹介(企業法務・金融)

書籍紹介(不動産・建築)

経済・政治・国際

2007年11月 5日 (月)

小沢代表辞任表明

 民主党の小沢代表が、自民党の連立話を持ち帰り、役員会で否決されてしまったことから、代表を辞任したいと表明されたようです。

 福田さんも記者会見で述べていましたが、本当にびっくりです。

 自分で連立の話をしてきたわけではなく、しかも、党に持ち帰って検討ということですから、本来は、辞任するような問題ではないかと思うのですが・・・・

 ひょっとして、辞任すると言って、連立話をまとめようとする裏技なのかなと勘ぐったりしています。

 ただ、民主党が自民党と連立なんて、戦前の大政翼賛会のようで、何か怖いです。

 また、前回、選挙で民主党に票を入れた方の多くは、自民党の対抗馬としての役割に期待していたはずです。

 民主党主体で政権をとるというのであれば、まだ理解されやすいですが、今回の連立は、自民党の延命に手を貸すだけではないかと、多くの人は思うと思いますが・・・・

 また、自らが代表をつとめる党を批判するのは、代表者としていかがなものかなとも思いました。結局、自己批判と同じことに帰着するのではないかと思います。

 二大政党制のために、民主党にももっと頑張ってもらいたいものです。

 人気ブログ

 

2007年1月30日 (火)

女性は子どもを生む装置なのか?

 安倍内閣のある閣僚が、講演会で、女性を子どもを生む装置とか機械とか失言してしまい、大きな非難を受けています。

 女性を物としか考えていない発言であり、そのような発言を公にしてしまう政治家は、やはり閣僚として資質にかけ、辞任すべきだと思います。

 小生の家内を含め多くの女性が、相当に立腹しており、阿部内閣も中途半端な対応に終始するのであれば、参院選で大変なことになりかねないと思います。

 ところで、小泉さんの時は、政治がおもしろく感じましたが、安倍さんになってから、あまりおもしろく感じなくなりました。

 それは、たぶん、安倍さんが性格がまじめすぎて、その反応が読めてしまうからではないかと思います。

 私は、法科大学院の設置、裁判員制度など小泉さんの司法改革の多くは、間違った改革と思っていますが、他方で、政治を国民が関心をもてるようにした功績は否定できないと思います。

 人気ブログ 

2005年8月19日 (金)

ホリエモン出馬?

 ホリエモンが自民党の候補者として、選挙に出馬するらしい。どうやら、亀井さんの選挙区からになる模様だ。

 ホリエモンは、利益追求型の経済人であり、公益を考えなければならない政治家にはふさわしくない。財界活動で、汗をかいている経済人を、候補者とするのであれば理解できるのであるが。

 この話をきいて、小泉さんには幻滅した。

2005年8月 9日 (火)

衆議院解散

 昨日、郵政関連法案が与党からの造反者が多数出たことにより否決されてしまったため、小泉さんが衆議院を解散した。議院内閣制とはいえ、大統領的な小泉さんであるため、側から見ている限り、立法府を恫喝しているようで、あまりよい印象をうけていなかった。

 しかし、法案否決をうけて記者会見した小泉さんは、ものすごい迫力で郵政関連法案の必要性を説いていた。確かに、郵政のために、33万人の公務員が必要だろうか?と思っているところもあるため、ついつい、うなずいてしまうところもあった。

 但し、外交的に大きな問題が少なからず生じているところであるから、あまり政治的な空白は好ましくないと思う(なお、参議院の議員構成が変化しないと衆議院を解散してもあまり意味がないのではないかとも思うのだが、皆さんはどのように思いますか?)。

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

書籍紹介(労働・労災)

無料ブログはココログ