励みになります。クリックお願いします。<(_ _)>

  • にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

<(_ _)>

  • 弁護士ドットコム|無料法律相談・弁護士/法律事務所検索ポータル

書籍紹介(企業法務・金融)

書籍紹介(不動産・建築)

【建築・不動産】

2019年11月28日 (木)

【建築・不動産】 賃借人の連帯保証人の責任

 判例時報No2420号で紹介された横浜地裁相模原支部平成31年1月30日判決です。

 市営住宅の建物賃貸借契約において、賃貸人が連帯保証人に未払賃料等を請求したところ、連帯保証人からの一方的な意思表示による連帯保証契約の解除を認め、解除以降の未払賃料等の債務負担を否定し、また、前記以降の支払請求は、権利の濫用として許されないとした事例

 平成16年3月 Xは、Aに賃貸 Yが連帯保証人 

 平成16年7月 A賃料延滞

 平成22年   AがYの面談を拒否

 平成28年5月 YがAに対して明渡請求を要求

 平成29年1月 A所在不明

 平成30年1月 XはAに対して明渡訴訟(公示送達)

 う~ん。さすがに、連帯保証人に全額請求するのは、酷でしょう。。。

2019年10月 1日 (火)

【建築・不動産】 不動産取引における傾斜地・がけ地・擁壁の法律と実務

 「不動産取引における傾斜地・がけ地・擁壁の法律と実務」です。新日本法規の方が持ってこられたので、購入しました。

 

Kimg1883
(高松城)
 第1編は、Q&A です。
 
 ①はじめに、②法令による規制事項、③がけ条例、④物件の調査、⑤売買仲介と重要事項説明、⑥売主の瑕疵担保責任、⑦擁壁工事等に関する請負人の責任、⑧税金、⑨広告表示となっております。
 第2編は、事例解説 です。
 ①傾斜地・がけ地、②擁壁についての解説がされています。
 コンパクトにまとまっている書籍だと思われます。

2019年8月25日 (日)

【建築・不動産】 使用貸借と権利濫用

 判例時報2409号で紹介された東京高裁平成30年5月23日判決です。 

Kimg1795_20190822221401
(赤穂城)
 使用貸借の土地の譲受人による建物収去土地明渡請求を権利濫用と認定した上で、1億円の立退料を支払うことにより権利濫用とはならないとした事例
 使用貸借の目的物が第三者に譲渡され、その譲受人(新所有者)から借主に対し明渡請求がされた場合については、前記の当事者間の諸事情は、原則として問題とならない。使用貸借に対抗力がない以上、貸主がその地位を引き継ぐ理由はないからです。
 しかし、その場合でも、第三者からの明け渡し請求について、これを権利者と認め、その上で立退料の支払いにより権利濫用とならないというのが、本判例です。
 解説によれば、「本来、第三者は、当事者間での事由を引き継がないのであるから、その「権利濫用」認定のインパクトは強いものがあろう」と解説されています。
 立退料で1億円か。。。使用貸借ですよ。信じられません。
 

2019年7月 9日 (火)

【建築・不動産】 私道を歩行中に道路脇に存在した側溝に転落した事故につき、道路に管理の瑕疵があるとして、国家賠償責任が認められた事例 福島地裁平成30年9月11日判決

 判例時報No2405号で紹介された福島地裁平成30年9月11日判決です。

 事案は、当時78才であつたXが、夜間に福島市(Y)が設置・管理する市道(本件道路)を南から北に向けて自転車を押しながら通行していたところ、本件道路西側脇に存在した側溝(本件側溝)に自転車とともに転落し、傷害を負ったこと(本件事故)から、XがYに対し、本件道路が通常有すべき安全性を欠いており、公の営造物に設置又は管理に瑕疵があるとして、国賠法2条1項に基づいて損害賠償請求を求めた事案です。

 

Kimg1007_20190706234201
 裁判所は、本件道路の管理の瑕疵を認定した上で、過失相殺及び寄与度減額をする旨の判断をしました
 
 1億4000万円程請求されて、4500万円程認められています。
 

2019年5月16日 (木)

【建築・不動産】不動産売買契約が経済的取引としての合理性を著しく欠く取引であり、公序良俗に反する暴利行為にあたるとされた事例 東京高裁平成30年3月15日判決

 判例時報No2398号で紹介された東京高裁平成30年3月15日判決です。

 微妙な事案です。

 第1審は、Yは本件各不動産の競売回避のために早期に売却代金を必要としていた事情があり、本件各不動産の売却に際して、時価相当額を下回る価格である6000万円で売買契約が締結されたからといって、暴利行為と評価することはできないと判断しました。

 これに対して、高裁は、本件各不動産の客観的な交換価値は少なくとも1億3130万円以上であり、売買代金6000万円はその半分にもみたないこと、

 本件売買契約によりYは生活の本拠の他賃料収入も得られなくなり、生活の基盤を完全に失うことになること

 Yが現実に受け取った現金は590万円分のみであって、農協借入金返済額2990万5598円を併せてもYの経済的利益は合計3580万5598円に過ぎないことなどからすれば、債務は返済したものの、今後の生活費等は手元に全く残らない状態になっており、経済的取引としての合理性を著しく欠くものであり、通常の合理的な判断能力を有する者であれば、およそ行わないような内容の取引であるから、公序良俗に反する暴利行為といえる。

⇒6000万円であっても、高裁では、Yが受けた経済的利益は約3580万円程度。。。のこりの2500万円はどうなっているのでしょう。

 1億3000万円のものを、3580万円といわれると、暴利のような気がしてきました。

 

Kimg0675
(しまなみ海道)

2019年1月 6日 (日)

【建築・不動産】 判タ 建築訴訟の審理モデル 工事の瑕疵編

 判タNo1454号で掲載された「建築訴訟の審理モデル~工事の瑕疵編~」です。

 Kimg5937
             (中央大学多摩キャンパス)

 9章から構成されています。①要件事実等、②典型的な争点、③早期に確定すべき基本的な事実関係、④早期に提出されるべき基本的な書証、⑤共通認識の形成と審理計画の策定、⑥瑕疵一覧表の活用(当事者が作成する際の留意点)、⑦付調停等による専門的知見の活用、⑧現地調査、⑨参考資料 です。

 現在、建築関連事案は、3件程継続しております。田舎弁護士の場合、なぜか請負人側からの依頼がほとんどです。

2018年12月27日 (木)

【建築・不動産】 管理組合と工作物責任

 判例時報No2384号で紹介された東京高裁平成29年3月15日判決です。

 Kimg5431
 管理組合は、建物共用部分について、民法717条1項の占有者とはいえない

 管理組合は、個々の区分所有者に対して、建物が瑕疵のない状態にあることを保証すべき責任を負わない

 と判断した裁判例です。

 第1審と第2審とで判断が異なりました。

2018年12月11日 (火)

【建築・不動産】 建築訴訟の審理モデル ~追加変更工事編~

 判例タイムズNo1453号で紹介された「建築訴訟の審理のモデル~追加変更工事編~」です。

 Kimg5837
 2部構成となっています。

 1部は、建築訴訟の審理モデルについてで、①建築訴訟の審理の現状、②建築訴訟の審理モデルのねらい、③審理モデルの特色、④審理モデルについての留意点です。

 2部は、追加変更工事に関する事件の審理モデルで、①要件事実等、②典型的な争点、③早期に明らかにすべき基本的な事実関係、④早期に提出すべき基本的な書証、⑤追加変更工事一覧表の活用、⑥付調停等による専門的知見の活用、⑦現地調査、⑧参考書式などです。

Kimg5841_2
 東京地裁第22部の書式 が参考になります。


2018年11月21日 (水)

【建築・不動産】 借地上の建物をめぐる実務と事例

 新日本法規から、平成30年9月に、借地上の建物をめぐる実務と事例 という書籍が出版されました。

 Kimg5260
                  (隅田川)

 5章で構成されています。①借地上建物の朽廃・滅失、②借地上建物における条件の変更、③借地上建物の増改築、④借地上建物の賃貸・譲渡、⑤建物の買取請求 です。

 田舎弁護士の地域では、不動産の需要が以前より低くなっているために、借地上建物を巡る相談は、債務不履行解除を除き、少なくなっております💦

2018年11月16日 (金)

【建築・不動産】 農地法の実務解説 三訂版

 新日本法規から、平成30年8月に、農地法の実務解説(三訂版) が出版されていましたので、購入しました。

 Kimg2953
                  (一乗谷)

 著者の宮崎直己弁護士は、農地法だけではなく、交通事故事案についても詳しくて、専門書も執筆されています。

 本書は、5編で構成されており、①総論、②耕作目的の農地の権利移動、③農地の転用、④農地の賃貸借、⑤その他(農地中間管理事業法等)となっております。

 田舎弁護士が生活している地域は、農村地帯でもあることから、農地を巡るトラブルは少なくありません。

 農地の賃貸借を解除して、農地を返還してもらいたいというような相談もあります。

 

より以前の記事一覧

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

書籍紹介(労働・労災)

無料ブログはココログ