励みになります。クリックお願いします。<(_ _)>

  • にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

<(_ _)>

  • 弁護士ドットコム|無料法律相談・弁護士/法律事務所検索ポータル

書籍紹介(企業法務・金融)

書籍紹介(不動産・建築)

書籍紹介(法律)

« 四国生産性本部・企業会計研究会第6例会・「連結決算と連結会計の基礎」 安福健也公認会計士 | トップページ | 【金融・企業法務】 金融法務事情No2157号 »

2021年2月21日 (日)

【消費者法】 ガス管買取請求について損害賠償の予定と認定し、専門委員に評価的説明をさせた事例

 判例タイムズNo1479号で紹介された東京高裁令和2年9月16日判決です。 

Kimg8616
(笠松山)
 解説が参考になるので、引用します。
 「建物を建築する際に、LPガス供給業者において、建物購入者がLPガスを使用することを前提として、建物の床下等にガス管等の設備を配管し、建物購入者は、建築業者から建物を購入後、LPガス供給業者との間でガス供給契約を締結するとともに、ガス管等の設備無償で使用することとするが、償却期間である15年未満でガス供給契約を解約した場合には、ガス管等の消費設備を残存価格で買い取る旨の契約を締結することが多い。
 そして、この契約の内容が、文言どおり、売買契約と解するか、清算合意か損害賠償額の予定であるか争われることが多い。
 LPガス業界では、長年、無償配管の慣行があり、一旦契約すると他の業者に乗り換えることがあまりなかったが、近年、都市ガス化のほか、業者間の競争も激しくなったという市場の変化により紛争化することが多くなったようである。」
 「売買契約と構成すると、建売住宅の場合には、建物に附合したかどうか、建物の一部と思って建物を購入したなど錯誤主張が問題となるのが通常である。
 本件裁判例では、契約書が存在するが、消費者である契約者が文言を吟味して契約したとは考えられず(他業者と契約するとの選択の余地もない)、契約書の文言よりも実質を重視して契約解釈をすべきであるとして、損害賠償の予定と認定している。
 この点、無償配管の慣行を踏まえて、設置したガス設備の償却期間が経過する前にガス購入者がガス供給契約を中止した場合に、未償却残高をガス購入者に負担させる清算合意であるとする裁判例もある。
 本件裁判例では、合意した設備代金額が相当であるかも裁判における審理の対象とするため、損害賠償の予定と認定した。
 なお、いずれの合意も存在しないとする裁判例もある。」
 「損害賠償の予定とすると消費者契約法9条1号により、『当該事業者に生ずべき平均的な損害の額』を超えるものは無効とされるので、その平均的損害額について審理すべきことになる。」
 「第4回弁論準備手続期日において、専門委員に主にガス管等について工事図上の長さ等から一般的な価格がどれくらいか、作業代がいくらかの一般的類型的な説明をさせて、その説明内容が調書に記載された。このような専門委員の説明は評価的説明として許容されるものと考えられ(林圭介『専門委員の関与の在り方』判タ1351号6頁)」るとされています。
 
 
  

« 四国生産性本部・企業会計研究会第6例会・「連結決算と連結会計の基礎」 安福健也公認会計士 | トップページ | 【金融・企業法務】 金融法務事情No2157号 »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

書籍紹介(労働・労災)

無料ブログはココログ