励みになります。クリックお願いします。<(_ _)>

  • にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

<(_ _)>

  • 弁護士ドットコム|無料法律相談・弁護士/法律事務所検索ポータル

書籍紹介(企業法務・金融)

書籍紹介(不動産・建築)

書籍紹介(法律)

« 公益財団法人日弁連交通事故相談センター愛媛支部審査委員に引き続き任命されました。 | トップページ | リラックスにきているのに、法律相談を持ちかける人たち »

2021年1月11日 (月)

【行政】 複数の公務員が国又は公共団体に対して連帯して国賠法1条2項による求償債務を負う場合

 判例タイムズNo1477号で紹介された最高裁令和2年7月14日判決です。 

Kimg7784
(笠松山)
 国又は公共団体の公権力の行使に当たる複数の公務員が、その職務を行うについて、共同して故意によって違法に他人に加えた損害につき、国又は公共団体がこれを買収した場合においては、当該公務員らは、国又は公共団体に対して、連帯して国賠法1条2項による求償債務を負う。
 求償債務が、分割債務になるのか、不真正連帯債務になるのかが、争われた事例です。
 最高裁は、連帯債務と判断しましたが、射程範囲は、故意に限定されているようです。

« 公益財団法人日弁連交通事故相談センター愛媛支部審査委員に引き続き任命されました。 | トップページ | リラックスにきているのに、法律相談を持ちかける人たち »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

書籍紹介(労働・労災)

無料ブログはココログ