励みになります。クリックお願いします。<(_ _)>

  • にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

<(_ _)>

  • 弁護士ドットコム|無料法律相談・弁護士/法律事務所検索ポータル

書籍紹介(企業法務・金融)

書籍紹介(不動産・建築)

« 【金融・企業法務】 金融法務事情第2124号 | トップページ | 【消費者法】 製造物責任法の欠陥が認定された事例 »

2019年11月 4日 (月)

【行政】 地方議会の運営と違法確認・国家賠償責任

 判例タイムズNo1464号で紹介された東京地裁平成29年8月10日判決です。

 判例タイムズって、判例時報等と異なり、掲載される時期がかなり遅れることがあるのですが、なぜでしょうかね。

 

Kimg1521
(東京都現代美術館)
 ①特別区の議会の会派無所属議員が区議会幹事長会及び区議会各会派代表者会に出席し、発言する権利を有することの確認を求める訴え 並びに 区議会幹事長会運営規程及び区議会各派代表者会運営規程に違法があることの確認を求める訴えが、裁判所法3条1項にいう「法律上の争訟」に当たらないとされた事例
 ②特別区の議会の会派無所属議員が区議会幹事長会及び区議会各派代表者会に出席し、発言する権利の不存在並びに区議会幹事長会における議長の発言について違法な公権力の行使にあたらないとして国家賠償請求が棄却された事例
 ②についての判断は、最高裁平成31年2月14日判決の手法に似ている様に感じます。

« 【金融・企業法務】 金融法務事情第2124号 | トップページ | 【消費者法】 製造物責任法の欠陥が認定された事例 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

書籍紹介(労働・労災)

無料ブログはココログ