励みになります。クリックお願いします。<(_ _)>

  • にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

<(_ _)>

  • 弁護士ドットコム|無料法律相談・弁護士/法律事務所検索ポータル

書籍紹介(企業法務・金融)

書籍紹介(不動産・建築)

« 財務諸表を読み解き、顧客・取引先を理解する基礎力の習得 | トップページ | 【金融・企業法務】 金融法務事情第2124号 »

2019年11月 2日 (土)

【法律その他】 地区合同運動会における事故

 判例時報No2417号で紹介された東京高裁平成30年7月19日判決です。 

Kimg1685_20191026195201
(姫路城)
 東京高裁は、地区合同運動会における自転車リングリレー協議中に競技者同士が衝突して一方が負傷した事案につき、スポーツの性質や事故の生じた具体的な状況からみて競技者には衝突を回避すべき義務があり、かつ、本件協議に内在する危険として違法性が阻却されるのは、ごく軽度の危険か衝突に限られると判断されました。
 
 老若男女が参加する地区合同運動会で、競技性のさほど高くないと考えられる協議中の事故だったようです。
 さいたま市が被告になっていたようですが、事故以降は、リングリレー競技は廃止されたんでしょうかね。。。。
 
 第1審は、原告が負けているようですが、高裁では、原告一部勝訴で、10万円が認められています。209万円を原告は請求されているのですが、認められた金額が10万円ということになれば、微妙ですね。

« 財務諸表を読み解き、顧客・取引先を理解する基礎力の習得 | トップページ | 【金融・企業法務】 金融法務事情第2124号 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

書籍紹介(労働・労災)

無料ブログはココログ