励みになります。クリックお願いします。<(_ _)>

  • にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

<(_ _)>

  • 弁護士ドットコム|無料法律相談・弁護士/法律事務所検索ポータル

書籍紹介(企業法務・金融)

書籍紹介(不動産・建築)

« ★むち打ち・TFCC損傷 賠償金増額の最新テクニック 全3巻 ★ 好評発売中!!! | トップページ | 財務諸表を読み解き、顧客・取引先を理解する基礎力の習得 »

2019年10月31日 (木)

10月23日、四国生産性本部・ 財務諸表の読み方・活かし方セミナー(南俊基公認会計士・税理士)(高松レクザムホール)に、参加しました。 

 10月23日、四国生産性本部・ 財務諸表の読み方・活かし方セミナー(南俊基公認会計士・税理士)(高松レクザムホール)に、参加しました。

 基本的な講座ですが、知識のリフレッシュのために、参加しました。

 講座の内容は以下のとおりです。田舎弁護士のようにマチ弁業が多い地方の弁護士は、余り深く勉強しない分野ですね。 

第1部:決算書を読み解く

1.決算書のしくみ
(1)決算書の役割の整理
(2)貸借対照表からわかること
(3)損益計算書からわかること
(4)キャッシュフロー計算書からわかること

2.決算書の読み方と使い方~エクセルを使ったデモンストレーションで理解する~
(1)3つの決算書からわかること
(2)貸借対照表の使い方~ 資金の流れをベースに貸借対照表を使うと何がわかるか
(3)損益計算書からわかること~5つの利益の組み合わせから損益計算書を使うと何がわかるか
(4)キャッシュフロー計算書からわかること ~ポイントはキャッシュの源泉と使い道
  【エクセルシートで確認】3つの決算書のつながりはどうなっているか

第2部:ビジネスモデルを分析する

3.経営分析の基本的な考え方と手法~A社のケース
(1)過去から現在、将来をみる:時系列分析
(2)同業他社と比較して会社の優劣をみる:同業他社分析

4.会社の儲ける力を分析する
(1)売上総利益率~会社の儲けの源泉を見ていく
(2)売上高営業利益率~会社の本業の儲ける力を見る
(3)売上高コスト比率~会社にとって優良なコスト、不良なコストを見る
(4)総資本事業利益率(ROA)~事業構造を見る最良の指標
(5)主資本当期純利益率(ROE)~株主の儲けを見る
(6)ROA、ROEを上げる方法~分解すると見えてくる会社の事業構造
  【エクセルシートで確認】デュポンモデルから見える企業の儲けの仕組み

5.ケーススタディー:A社、B社、C社の収益性分析の比較
(1)ビジネスプロセスを図にしてみる
(2)収益性分析の指標の確認と3社比較
(3)45度線分析を用いた各社の現状分析
(4)収益性分析と経営戦略の整合性の確認
  【エクセルシートで確認】分析シートから3社のビジネスはどうなっているか

6.ビジネスサイクルをチェックする:回転期間分析
(1)棚卸資産回転期間~在庫の動きを見ながら不振事業をあぶりだす指標
(2)売上債権回転期間~現金回収サイクルをみる指標
(3)仕入債務回転期間~会社の支払いサイトの動きを見る指標

7.危ない会社でないかを調べる:安全性分析
(1)流動比率~金融機関が重視する「支払い能力」をはかる
(2)固定長期適合率~長期的な投資と支払のバランスをチェックする
(3)株主資本比率~返済不要な資金はどれくらいか
(4)インタレストカバレッジレシオ~借金の大小がわかる指標

 

« ★むち打ち・TFCC損傷 賠償金増額の最新テクニック 全3巻 ★ 好評発売中!!! | トップページ | 財務諸表を読み解き、顧客・取引先を理解する基礎力の習得 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

書籍紹介(労働・労災)

無料ブログはココログ