励みになります。クリックお願いします。<(_ _)>

  • にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

<(_ _)>

  • 弁護士ドットコム|無料法律相談・弁護士/法律事務所検索ポータル

書籍紹介(企業法務・金融)

書籍紹介(不動産・建築)

書籍紹介(法律)

«  新人弁護士の就職事情 (^O^) | トップページ | 【労働・労災】 偽装請負  第2 Ⅰ 労務管理上の独立性 Ⅰ »

2019年2月 1日 (金)

【労働・労災】 偽装請負  第1 総論

 第1 総論

 いわゆる「偽装請負」とは、形式上は請負・委託として契約を締結しているものの、発注者側からの指揮命令等を受けて受託者の労働者が作業を行う形態となっており、その実態として労働者派遣となっているものをいい、主に発注者の事業場などに受託者の労働者が常駐している場合に多く発生しております。この「偽装請負」は労働者派遣法に違反することになります。

Kimg6206
                  (山口)

 労働者保護のために、労働者派遣と業務請負(委託)の区分基準により、請負契約の再チェックが必要です。適正ではないと判断される場合には、適正な請負への事業内等の変更又は適正な労働者派遣への切り替え等の措置が必要になります。

 次回は、派遣と請負の区別基準のポイントをみていきたいと思います。

 

«  新人弁護士の就職事情 (^O^) | トップページ | 【労働・労災】 偽装請負  第2 Ⅰ 労務管理上の独立性 Ⅰ »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

書籍紹介(労働・労災)

無料ブログはココログ