励みになります。クリックお願いします。<(_ _)>

  • にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

<(_ _)>

  • 弁護士ドットコム|無料法律相談・弁護士/法律事務所検索ポータル

書籍紹介(企業法務・金融)

書籍紹介(不動産・建築)

書籍紹介(法律)

« 【法律その他】 名誉毀損の法律実務 第3版 | トップページ | 【法律その他】 メディア判例百選 »

2019年2月13日 (水)

【法律その他】 名誉毀損の百態と法的責任 

 民事法研究会から、平成26年に出版された「名誉毀損の百態と法的責任」 です。

 著者は、判例時報で有名なあの升田純先生です。

 Kimg6393
                (津和野城)

 4章から構成されています。①名誉毀損の実態、②名誉毀損の法理の枠組み、③被害を受けた場合の対応策、④名誉毀損をめぐる判例と被害の態様です。

 名誉毀損って、法律相談ではしばしばあります。名誉毀損で訴えたい!という相談です。しかしながら、刑事や民事の依頼で実際に事件化したことがあるのは、ごくわずかです。

 受任するにはハードルの高い(立証が困難、或いは、大きな慰謝料が認められないことが少なくない)人格権侵害行為であると個人的には思いますが、裁判例は相当に多いので、実際にはしばしば提訴されているのかもしれません。

 弁護士って、事件に鍛えられるんだなと思います。その意味で、マチ弁が取り扱う範囲の事件は広いので、大変です。。。

« 【法律その他】 名誉毀損の法律実務 第3版 | トップページ | 【法律その他】 メディア判例百選 »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

書籍紹介(労働・労災)

無料ブログはココログ