励みになります。クリックお願いします。<(_ _)>

  • にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

<(_ _)>

  • 弁護士ドットコム|無料法律相談・弁護士/法律事務所検索ポータル

書籍紹介(企業法務・金融)

書籍紹介(不動産・建築)

書籍紹介(法律)

« 【刑事】 実践!弁護側立証 | トップページ | 新年あけましておめでとうございます! »

2018年12月31日 (月)

平成30年も終わろうとしております。

 平成30年も今日で終わりで、明日からは新しい歳が始まります。

 Kimg5219
           (日比谷公園から望む日弁連会館)

 今年も、弁護士を取り巻く環境は厳しいものがありました。司法試験の合格者は1500人程度に抑えられていますが、弁護士の数は既に飽和状態に達していることから、司法改革以前の退会者が年間50人程度だったのが現在は400人程度でしかも若い方の登録が相当数を占めているようです。

 マチ弁的な事務所に就職された都会の若い弁護士さんから話をうかがうと、人それぞれですが、総じて経済的な不安は抱いているような感じでした。

 田舎弁護士の地域では若手弁護士が現時点で収入に苦労しているようには見えませんでしたが、ここ数年、若手弁護士が大都会へ登録替えをしたことが続きました。

 地方においては大幅な人口減少に加えて弁護士の数が急増したこと、また、地方においても派手な広告をしている都会の法律事務所へ依頼する方が増えていること、さらに、地裁民事事件の数も減少していること等が不安材料としてあります。

 田舎弁護士の事務所でも所謂過払いバブルのころが売り上げとしては最盛期であり、過払い事案の減少と比例して年々減少傾向にありましたが、ここ数年は横ばいの状態が続き安定?しております。大きな要因としては、顧問先企業様と被害者の方側からの交通事故事案が増えたことによります。

 来年も、顧問先企業様へのリーガルサービスの強化を図ること、交通事故の被害者の方に対する誠実な対応を、心掛けていきたいと思います。

 当事務所では、交通事故、債務整理、離婚・遺産分割等の家事事件、刑事事件以外にも、幅広く業務を取り扱っております。

 地元自治体や地元銀行、学校法人の顧問をしていることからそれに関連する業務、建築瑕疵訴訟、医療過誤訴訟、内部通報制度の社外窓口、上場会社・非上場会社の社外役員等も対応しております。

 とはいえ、地方のマチ弁ですので、大都会のように特定の分野のみに特化しているわけではありません。ただし、専門訴訟であっても、対応できそうな案件については、とことん調査研究して対応させていただいております。

 来年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

« 【刑事】 実践!弁護側立証 | トップページ | 新年あけましておめでとうございます! »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

書籍紹介(労働・労災)

無料ブログはココログ