励みになります。クリックお願いします。<(_ _)>

  • にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

<(_ _)>

  • 弁護士ドットコム|無料法律相談・弁護士/法律事務所検索ポータル

書籍紹介(企業法務・金融)

書籍紹介(不動産・建築)

書籍紹介(法律)

« 【金融・企業法務】  保証免責と消滅時効 | トップページ | 【金融・企業法務】 監査役等と取締役会 業務執行から独立した監査役等の重要な役割 »

2018年9月12日 (水)

【金融・企業法務】 会社法の会計規定と会計帳簿の仕組み

 月刊監査役No686号で掲載されている「会計・監査の基礎知識講座」第2回です。解説は山添清昭公認会計士です。

 Kimg4949
                (京都・金地院)

 解説は以下のとおりの順序で説明されています。

 まずは、1.会社法における会計の規定についての解説です。一般に公正妥当と認められる企業会計の基準、また、企業会計原則に一般原則について解説されています。一般原則については、①真実性の原則、②正規の簿記の原則、③資本取引・損益取引区分の原則、④明瞭性の原則、⑤継続性の原則、⑥保守主義の原則、⑦単一性の原則です。そして、会社計算規則についての規定項目についての説明です。

 つぎに、2.会計帳簿については、会計取引の情報の流れ、仕訳伝票における留意点、そして、会計帳簿を利用する際のポイントです。

Kimg4936
               (ウェスティン都ホテル)

 法律家は、会計の知見に触れることは少ないので、基本的なお話でも参考になります。


« 【金融・企業法務】  保証免責と消滅時効 | トップページ | 【金融・企業法務】 監査役等と取締役会 業務執行から独立した監査役等の重要な役割 »

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

書籍紹介(労働・労災)

無料ブログはココログ