励みになります。クリックお願いします。<(_ _)>

  • にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

<(_ _)>

  • 弁護士ドットコム|無料法律相談・弁護士/法律事務所検索ポータル

書籍紹介(企業法務・金融)

書籍紹介(不動産・建築)

書籍紹介(法律)

« 【行政】 議員の身分!? | トップページ | 【金融・企業法務】 インターネットバンキングの不正利用 »

2018年9月27日 (木)

【刑事】 救護義務違反・報告義務違反!?

 判例時報No2375号・2376号で紹介された東京高裁平成29年4月12日判決です。

 Kimg4886
                (京都駅から)

 救護義務違反・報告義務違反が成立するためには、

 交通事故を起こした運転者が、事故発生を認識した後、再発進して走行する等、それらの義務の履行と相いれない行動をとっただけでは足りず、

 一定の時間的場所的離隔を生じさせて、それらの義務の履行として相いれない状態にまで至ったことを要するとされた事例

 最近、元アイドルの方が、酒を飲んで人をはねとばし、逃走した案件が報道されていますが、道路交通法上の救護義務違反・報告義務違反も問題になります。

 怪我の状態はよくわかりませんが、危険運転の可能性も指摘されているようですが、危険運転での起訴ということになれば、実刑の可能性も高まります。

 また、事務所との契約も解消される可能性がありますが、そうなると、かなりの違約金の請求も考えられます。

 外部から見ると順調にいっていたと思いますので、とても残念です。

 私たちも、この事案を反面教師として、日頃から生活に注意をしなければなりません。

 田舎弁護士もお酒beerが入ると電話をする癖があるので、飲酒の会があるときはできるだけ携帯電話機は持ち歩かないようしています。coldsweats02

 過去、御迷惑をおかけしたところには、お詫び申し上げます。think

« 【行政】 議員の身分!? | トップページ | 【金融・企業法務】 インターネットバンキングの不正利用 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

書籍紹介(労働・労災)

無料ブログはココログ