励みになります。クリックお願いします。<(_ _)>

  • にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

<(_ _)>

  • 弁護士ドットコム|無料法律相談・弁護士/法律事務所検索ポータル

書籍紹介(企業法務・金融)

書籍紹介(不動産・建築)

書籍紹介(法律)

« 【金融・企業法務】 抵当権の被担保債権が免責許可の決定の効力を受ける場合における当該抵当権自体の消滅時効 | トップページ | 【法律その他】 弁護士会照会ハンドブック »

2018年8月29日 (水)

早稲田司法試験セミナーの想い出

 3月に子ども(当時高校3年生)のために聖蹟桜ヶ丘にある学生会館を訪ねました。

 東京の大学は合格していなかったけれど、合格した時に備えて学生会館を先に押さえるために聖蹟桜ヶ丘を訪ねたわけです。

 その前に、東京国分寺駅近くで不動産業を営んでいる大学の後輩の店舗を訪ねたところ、残念ながら留守でしたが、お菓子と名刺だけをおいて、国分寺街道を経由して府中に向かいました。

 府中は、田舎弁護士が大学1年生から4年生までの間、学生生活を過ごした想い出の地です。

 晴見町のバス停で降りて、晴見町にあった府中学生会館の跡地を訪ねました。現在は、立派なマンションが建っており、また、周囲も30年前とはかなり変わっております。

 府中学生会館の想い出についてはこのブログでも2,3回取り上げた記憶があります。

 大学1年生から2年生の間は、時間がゆっくり流れており、今から思えば、あれをしておけばよかった等の反省しきりです。

 とはいえ、田舎弁護士自身、友達作りが苦手なために、クラスでほとんど友人を作ることができず、大学1年生の間は、学生会館での友人と大学の教養ゼミでの友人との交流が中心でした。

 サークルも入ったのですが、間違って体育会系のサークルでしたので、2,3か月で退会し、時間を持て余していたことから、大学1年生の夏ころから早稲田にあった早稲田司法試験セミナー(司法試験予備校)に通うことになりました(基礎コース)。そのセミナーには、高校時代の友人も偶然通学していたのですが、初期の段階で見かけることはなくなりました。

 Nさんという社会人の大学の先輩の方と名前は忘れましたが、鹿児島出身の学習院大学の1年生の方とはセミナーで知り合いました。Y君とでも言っておきましょう。

 田舎弁護士は8月に鹿児島旅行に行きました。鹿児島の男性の方は、口数が少ないものの、話しぶりに誠実さを感じましたが、まさに、Y君もそのようなしゃべり方をされていました。

 今回8月に生まれて初めて鹿児島を旅行して、独特の話しぶりにY君をふと思い出しました。

 基礎コースの講師は、小塚先生という立命館大学出身の弁護士の先生で、講義の10分だか20分だかは、相撲か野球のお話をさえていたことを思い出します。小塚一刀流というキャッチフレーズがあったように思います。

 基礎コースは、大学生も多かったように思いますが、仕事をされている社会人も方も少なくありませんでした。

 ただ、大学1年生としては、講義の内容は、基礎コースとされていても非常に難解に感じられ、講義の大半は理解できなかったという記憶があります。

 基礎コースを受講すると、択一模試が1回無料で受けられるのですが、学習院大学で受験した択一模試の成績は60点中20点位しかとれなかったという😢記憶も残っております。

 もっとも、今でも、医療関係とか、会計関係の、講義を聞く際には、似たよな経験をすることも少なくありませんが('_')

 成長していませんね💦

 

 

 

« 【金融・企業法務】 抵当権の被担保債権が免責許可の決定の効力を受ける場合における当該抵当権自体の消滅時効 | トップページ | 【法律その他】 弁護士会照会ハンドブック »

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

書籍紹介(労働・労災)

無料ブログはココログ